ファッション

アバハウスのアルビニ交編サーフニットシャツはアイロン不要で重ね着しやすい

小柄の小松です。今回は1年通して使える万能なストライプシャツについて。

Tシャツ・セーターなどと同じく、ファッションを楽しむうえで欠かすことのできない”シャツ”。

けれどシャツは汚れやシワのケアが必要だったり、シンプルすぎると単体で地味になってしまったりと、使いやすいものは中々少ないもの。

今回はそんな悩みを解決してくれるストライプシャツを紹介。なぜ万能なのか、1つずつ特徴を説明していきます。

アバハウスのアルビニ交編サーフニットシャツはアイロン不要で重ね着しやすい

こちらが今回紹介するアバハウス(ABAHOUSE)のアルビニ交編サーフニットシャツ

身長162cmの小松はブルーの46サイズを購入しました。

スーピマコットンを使ったニットシャツ

まず素材についてですが、イタリアの生地メーカーであるアルビニ(ALBINI)社のスーピマコットンが使われています。

スーピマコットンはユニクロのTシャツでも使われている高級素材ですが、こちらはカリフォルニア州のコーコランという地域で栽培されているコットン。

スーピマコットンのなかでも繊維が長く、強度の高いコットンのようです。

実物を見ると、程よい光沢がありながら少し厚みのある生地。

アイロン掛けをしなくても上品さはキープでき、肌着が薄くても乳首が透けたり浮き出ることのない生地になっています。

また、表面は主張の少ないストライプ柄。

ストライプ柄がくっきり入っていると、いかにもビジネスシャツといった感じになり、仕事用のシャツを使い回してる印象も出やすい傾向があります。

けれど薄いストライプになってることでビジネス感は抑えめで、けれどビジネスシャツとして使える雰囲気はキープしてるというバランス。

遠くから見るとストライプ柄はほとんどわからなくなりますが、無地のブルーと比べると陰影ができて立体的な表情がプラスされます。

プリントやストライプ柄が増えてきたここ数年の流行を考えると、無地のシャツよりも使いやすいといえるでしょう。

袖は絞りアリですが、そこまで窮屈になるわけではありません。

背中側は中央部分だけ2本の絞りが入っています。

なので肩まわりはゆったりしてますが、お腹まわりは少しタイトなサイズになるかと思います。

ちなみにボタンはプラスチック製ですが、色がベージュになっていて、安っぽさは感じません。

こういった小さな工夫もあることで、深みのあるシャツに仕上がっているのだと感じます。

重ね着しやすい襟の形

公式サイトによると、襟の形はホリゾンタイルカラーという英国的なディテールと書かれています。

ホリゾンタイルカラーとは襟(カラー)の開きがほぼ180度の水平になっているシャツのことです。

シャツの襟はいろんなタイプがありますが、1番見慣れているのがレギュラーカラーといわれるもの。開き具合によってセミワイド、ワイドカラーなど呼び名が分かれています。

開きが約190度以上のものをカッタウェイと呼ぶらしいですが、ホリゾンタイルカラーもほぼ同じ意味で使って問題ないようです。

ホリゾンタイル・カッタウェイと聞くと、いかにもビジネス用といったイメージがありますが、実際に着てみるとビジネス感はそこまで強くなりません。

ポケットがなくてスッキリしてるというのも理由の1つでしょうか。

そして通常のレギュラーカラーと比べて横の広がりが強いので、セーターやスウェットに合わせたときに襟のボリュームを最小限に抑えてくれます。

レギュラーカラーのシャツは重ね着したときに首が埋まり、顔が大きく見えやすいというデメリットがあります。

このシャツは顔の大きさにコンプレックスがある方にオススメの、重ね着に適したシャツともいえるんですね。

低身長でも着れるボタン配置

今回僕が選んだサイズはMサイズ。身幅や首回りの太さに合わせて1サイズ上にしました。

普通のシャツだと着丈が長く野暮ったい印象が出てしまいますが、このシャツはサイズを上げても問題ないボタン配置。

1番下のボタンと裾の間隔が狭いので、着丈の長さが目立たない仕様になっているからです。

46サイズの着丈は洗濯後だと72cm。

身長162cmの男性にとって長すぎるレベルなんですが、ボタンの配置が違うだけで、長さの割にスッキリした印象をキープすることができます。

これはカジュアルシャツによく見られる特徴で、たとえば無印良品だとこういったボタン間隔のシャツが多いです。

けれど長さはあるので、ビジネス用としてパンツインするときも問題なし。

休日の重ね着スタイルでも裾をしまう・出すという2パターンの使い方ができます。

洗濯後のサイズ変化はこのような感じでした。

裾丈が縮むので、その意味でも幅広く使いたい方はいつもより1サイズ上を選ぶのがいいでしょう。

アイロン掛け不要で上品な素材、計算された襟の形やストライプ、身長を選ばずに着れるボタン配置。

“オンオフ使える”とはまさにこのこと。1年通して幅広く活躍する万能シャツといえるでしょう。アバハウス アルビニ交編サーフニットシャツ

 

【随時更新】スタイルの悪い低身長男子でもオシャレになれるファッションポイント一覧オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか? 雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド...