シンプル

薄さと幅どちらをとるか。ANKERのモバイルバッテリー2つのサイズを比較。

モバイルバッテリーの定番メーカーであるANKER。

形からバッテリー容量まで様々なタイプがリリースされていますが、いざどれを選べばいいかとなるとかなり悩むところ。

今回は手持ちの2つのバッテリーを比較して、実際どちらのほうが使いやすいかを検証してみました。

1.Fusion 5000

f:id:kogarakomatsu:20190306204036j:image

まずはコチラ。PowerCore Fusion 5000です。

f:id:kogarakomatsu:20190306204127j:image f:id:kogarakomatsu:20190306204211j:image

5000mAhのモバイルバッテリーとしてだけでなく、家庭用のUSB充電器としても使うことのできる万能バッテリーです。

f:id:kogarakomatsu:20190306204418j:image

長さ14cmのiPhoneXと比較すると、横幅は約半分。

出先・自宅どちらでも使える汎用性の高さが人気で、2,990円という良心的な値段のモデルです。

2.Lite 10000

f:id:kogarakomatsu:20190306204901j:image

もう一つがPowerCore Lite 10000というモデル。こちらはFusion 5000とは違い、用途は完全にモバイルバッテリーです。

f:id:kogarakomatsu:20190306205055j:image

薄さは約1.4cm。保護ケースをはめたiPhoneとほぼ同じ厚さです。

f:id:kogarakomatsu:20190306205237j:image

iPhoneXと並べるとほぼ同じ大きさ。

容量10000mAh以上のモデルは多数ありますが、ボディの薄さではこちらがダントツです。

3.薄さと幅、どちらをとるか

f:id:kogarakomatsu:20190306210756j:image

Fusion5000とLite10000。2つの幅を比べてみると約半分。

f:id:kogarakomatsu:20190306215448j:image

一方、厚みを比べてみると完全に逆転。

好みが分かれるところですが、僕は幅より薄さを重視しているので、Lite10000がオススメ。

厚みがあるとコートやバッグのポケットに入れたときにかさばることが多く、幅はある程度あっても収納に困ることは少なめです。

Fusion5000は小ぶりなので本来ならスマートフォンの充電に適していますが、iPhoneに関しては以前紹介したiwalkのモバイルバッテリーで事足りるので、あまり使うことがありません。

www.komatsu162.com

なのでiPhoneユーザーの方は、ノートPC・その他ガジェットをANKERのLite10000、iPhoneをiwalkで充電するという使い分けがイイかと思います。

「1粒で2度美味しい」を意識しすぎると、中途半端な選び方になってしまうこともあります。Aはスマホ用、BはPC用など、欲張らずに完全に切り離して考えるのもアリです。