シンプル

AirPodsの半額以下で買えるANKERの安いワイヤレスイヤホン。メリット・デメリットは?

スマホでストレスなく音楽や動画を楽しみたい人にとって最適なのはワイヤレスイヤホン。

有線のイヤホンだと通勤時に引っかかったり、コードが絡まったりして非常に不便だからです。

街中でよく見かけるのはApple社が開発したAirPodsですが、いまのところ新しいバージョンを含めてホワイトしか扱いがありません。

「どうしてもブラックが欲しい!」という方もいると思うので、最もAirPodsに近いといえるワイヤレスイヤホンを紹介したいと思います。

オールブラックのカナル型イヤホン

紹介するのはANKER Soundcore Liberty Airというワイヤレスイヤホン。

モバイルバッテリー等で愛用者が多いANKER社のイヤホンです。

本体からケースまで、すべて黒で統一されたシンプルなイヤホン。

アップルのAirPodsは通称”うどん”などと呼ばれていますが、こちらもそれに近い形のデザインです。

AirPodsとの大きな違いは”カナル型”というシリコンのイヤーピース付きタイプであること。

耳にしっかりフィットして音漏れを防いでくれるので、急いでいるときに外れにくく、電車のなかで他人に気を使う必要もありません。

一方のAirPodsはインナー型というイヤーピースなしでダイレクトに耳に付けるタイプ。かっこいいデザインですが、やや使いにくい点が気になります。

またカナル型イヤホンは使いやすいですが、フィルターが付いてるタイプだとイヤーピースを外して掃除しても汚れが残ってしまうので、とても不衛生。

このイヤホンはフィルターがなく出力部分が剥き出しになっているので、耳垢が溜まっても掃除がしやすい。

イヤーピースの汚れだけパッと拭けばいいので、ケアも最低限で済みます。

スマホとの接続が早い

このイヤホンは一度スマホとの設定を済ませれば、ケースから取り出すだけで自動で接続可能です。

ケースから取り出して耳につけ始めるタイミングで音が鳴り、2秒ほどで繋がります。

これまで使っていたイヤホンは繋がるまでもう少し時間が掛かってましたが、スムーズな接続のおかげでストレスは全く感じません。

ちなみに接続時の音は効果音のみ。「接続されました、Connected」などの音声がないので、これもシンプルでイイですね。

操作はタッチパッド式

細かい操作はイヤホン上部をタッチすることで行います。

こちらが操作方法の一覧。タッチパッド式を採用した関係か、音量はスマホ側だけでの操作になっています。

前のイヤホンがボタン式だったので最初は戸惑いましたが、すぐ慣れます。

唯一の欠点は”通話”

このイヤホンを購入してすぐレビューしようと思っていたんですが、購入して数日でとあるデメリットに気づきました。

通話時、こちらの音声が相手に聞こえないことです。

相手の音は聞こえるんですが、こちらの音は激しいノイズが入ってしまって聞こえない。これが気になってレビューをためらっていました。

ただ1ヶ月使用してみたところ、僕の生活サイクルだと通話は仕事の連絡で月に数回程度しかしません。

以前使っていたイヤホンは通話は問題なかったんですが、聞こえるか不安なことがあったので、そもそもワイヤレスイヤホンでの通話自体が好きじゃありません。

なので通話のときはイヤホンを外してます。ここ1ヶ月、それで特に困ることもありませんでした。

どうしてもイヤホンで通話したいという方には適していませんが、音楽・動画再生に特化したワイヤレスイヤホンとしてはかなりオススメ。

価格は7,999円(税込)。2万円のAirPodsと比べると半分以下の値段なので、財布に優しいイヤホンです。ANKER Soundcore Liberty Air