ファッション

ジーンズを洗わないで穿けるデニム用消臭スプレーをレビュー

小柄の小松です。今回はジーンズ、特に生デニム・ノンウォッシュデニムを洗濯しないで穿くための道具について。

表面に糊(ノリ)が付いたままのノンウォッシュデニムは光沢があり、大人っぽさとデニムらしい表情のある最高のジーンズ。

何度も穿いていれば洗濯することになりますが、基本的にジーンズの糊は洗うと消えてしまうので風合いが変わってしまいます。かといってずっと洗濯しないのは不衛生。

そこでジーンズを洗わなくても不衛生にならない道具を紹介。これを使えばジーンズのツヤ・色味を長い期間キープすることができます。

ジーンズを洗わないで穿けるデニム用消臭スプレーをレビュー

こちらが今回紹介するライジングウェーブヴィラ デニムデオドライザー

簡単にいうとジーンズに特化した消臭スプレーです。

✴︎この記事はジーンズの色落ちを避けるという前提で書いてます。ヒゲやアタリが出るのが好きという方は参考にならないかもしれません。

デニムにはミストより霧スプレーが良い理由

スプレーについて書く前に、まずジーンズの基本的な特徴について知っていると便利です。それはジーンズが”水に弱い”ということ。

ここでいう”弱い”とは「水に触れると糊が剥がれやすく、色落ちしやすい」という意味です。

洗濯や雨・汗などで濡れたとき、摩擦によってジーンズの色が別の服に移ったり滲んでしまったりする。

他の服でも同じことが起こる場合があるようですが、ジーンズは特にその傾向が強い。自然な色落ちとは違うので、水は大敵と言われているんですね。

今回洗濯しないで消臭スプレーを使う方法を紹介しているわけですが、消臭だけなら他のスプレーでも問題なさそうに感じます。

けれどジーンズは水に弱いので、ミストタイプだと洗濯や雨のようにジーンズを傷めてしまうことになるわけです。

ライジングウェーブのスプレーはそういったことを考慮して、成分に水が入っておらず、霧状のスプレーになっています。

これを買う前にミストタイプのスプレーを使ったら色が滲んでしまったんですが、こちらは実際使ってみると色が滲むということはありません。

そもそもこのスプレーは世界的に有名なデニムメーカー”カイハラ”と共同開発されたもの。ジーンズの特徴をよく知ってるからこそ、そういった工夫がされているんですね。

水に弱いジーンズに適した霧タイプの消臭スプレー。まさにかゆいところに手が届くケアアイテムといえるでしょう。

香りはキツくない。朝にかければOK

ところでスプレーの香りについてですが、フローラル系の香りがします。表記上は『ロイヤルフローラル(ライトブルーの香り)』

Amazonのレビューには匂いがキツいと書いてありましたが、使っていてそこまでキツさは感じませんでした。

実際に使うときは匂いが残りやすい股まわりにさっと吹きかける程度で良いかと思います。

スプレーは比較的小さめですが、少量で十分な効果を発揮するのですぐなくなるということもありません。

とはいえかけすぎると香りがキツくなりやすいのは事実なので、本当に少量でOK。

時間が経てば香りは少しずつ薄くなっていくので、朝出かける前にサッとかけるだけでいいかと思います。どうしても気になる人は前日の夜とかがベターでしょう。

あくまで「寿命を伸ばす」という目的で

洗濯による糊・色落ちを防ぐためにスプレーを紹介しましたが、これはあくまで「寿命を少し伸ばす」ためのものだと考えてます。

ジーンズを穿いてると摩擦で色落ちしていくのは避けられないですし、スプレーだけで完全に殺菌できるとも思えない。

デニムマニアの方がどれくらい長く穿くのか平均はわかりませんし否定はしませんが、たとえば3年洗ってないジーンズって個人的には穿いてて違和感を覚えてしまいます…。

同じジーンズで使い続けましたが、1年であればこの消臭スプレーで問題なく乗り切れると感じました。頻度によっては2年いけるかも。

さすがに毎日穿いてると自然な色落ちが増えてきますが、週に数日程度ならジーンズの均一な表情を保ったまま雑菌の繁殖も防げるでしょう。

・水に弱いデニムには霧吹きがおすすめ
・香りはキツくないので朝にかければOK
・あくまで「寿命を伸ばす」という目的で

ユニクロなどでも扱ってるノンウォッシュデニム。

なるべく新品の状態をキープしたいという方はぜひ購入を検討してみてください。ライジングウェーブヴィラ デニムデオドライザー

 

【随時更新】スタイルの悪い低身長男子でもオシャレになれるファッションポイント一覧オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか? 雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド...