ファッション

テーラードジャケットの前ボタンを留めるのはアリ?【インナー次第】

小柄の小松です。今回はテーラードジャケットのボタンの開け閉めについて。

最近はオシャレな人達のなかでジャケット・スラックスを上下揃えた”セットアップ”の着こなしが定着してきています。

けれど普通にジャケットを羽織ってもなんだか変わり映えしないと感じてる方も多いはず。そこで試してみてほしいのが、ジャケットの前ボタンを留める着こなし。

今回の考え方を知っていると、テーラードジャケットの着こなしに幅を持たせることができると思います。

テーラードジャケットの前ボタンを留めるのはアリ?【インナー次第】

ということでジャケットのボタンを留める着こなしの提案です。

下記に使用アイテムを載せていますが、後ろの数字がサイズです。

使用アイテム
ユニクロU:ジャージーテーラードジャケット(XS)
ユニクロU:ウールブレンドジャージーパンツ(73)
ユニクロ:米津玄師 UT(S)
TOSS:コンラッドレザースニーカー(25cm)
agnes b.:ロゴピン
KAIKO:ウエストポーチ付属品
amp japan:オーバーラップリング
アニアリ:レザートートバッグ
シルバーレイククラブ:革巾着ポーチ
Paul Smith:ブルーレンズサングラス

この着こなしで気をつけたポイントを書いていきます。

ボタンを開ける・閉じるの違いとは?

そもそもボタンの開け閉めで印象がどう変わるかを知ってると便利かと思います。

結論からいうと、ボタンを開けるとラフ、ボタンを閉じたほうがスーツ要素が強くなります。

これはジャケットに限った話ではありません。基本的にアウターのボタンを閉じると大人びた要素が増す傾向があるんですね。

たとえばこういったパターン。

ボタンが2列になったダブルジャケットですが、開けて着るとインナーの見える面積が多いので、ラフな印象を強くできます。

このジャケットのボタンを閉じた場合がこちら。

上と比べて色数を減らしている効果もありますが、ボタンを閉じたことでインナーの面積が減り、大人びた印象が強くなります。

もちろん合わせる服によってバランスは変わってきますが、同じ服の場合はボタンの開け閉めでスーツの大人びた要素を調整することができる。

まずはこれが頭の片隅にあると考えやすくなるかと思います。

必要なのは「首元にデザインがある服」

そこでジャケットのボタンを閉じる着こなしのポイントですが、特に大事なのはインナーの選び方。

具体的にいうと、首・襟まわりに何かしらのデザインが入った服を選ぶとバランスが取りやすくなってきます。

今回の場合だとTシャツの胸元にプリントがあります。

このプリントは少し高い位置に付いていますが、こういったインナーを選ぶとジャケットの胸元からちょうどいい場所に装飾を足すことができます。

首まわりは手首・足首と同じように目立つポイントの1つ。

ボタンを閉じると胸元がV字になってかなり強調されるので、無地Tシャツだとかなり物足りない印象が出る。

たかが首元ですが、ここに装飾があるかないかで印象は結構変わってくるんですね。

仕事着に見せない小物をプラスする

また、ボタンを閉じるときにはもう1つ意識したほうがいいポイントがあります。

それはジャケットを仕事着に見えないような小物をプラスすること。

ボタンを閉じるとスーツ要素が強くなると書きましたが、そのぶんどこかで普段着のような印象を足してあげると全体のバランスが取りやすくなるんですね。

たとえばジャケットの襟に付けたロゴピン。こちらはagnes b.の「b」をわかりやすく表現したアイテム。

普通のピン・バッジだと仕事着の印象も出やすいですが、洋服ブランドのピンを付けることでそのイメージを消し、アクセントととして使ってます。

ストラップは腰回りに付けていますが、これも少し工夫したポイントです。

この位置に付ける小物といえばウォレットチェーンがわかりやすいですが、チェーンはジャラジャラとした印象が強く、人によって好みが分かれるアクセサリー。

もちろん好きな人は堂々と付けても問題ないと思いますが、個人的に好き嫌いが分かれる小物はあまり付けたくありません。

けれど金属ではなくストラップを付けてあげれば、ウォレットチェーンのような派手な印象は抑えつつアクセントを加えることができます。

グレージャケットに合わせて白黒のストラップにしたのもポイント。

もともとグレーは白と黒を混ぜ合わせた色なので、腰まわりに付けても浮かず、自然に溶け込みやすいからです。

もう1つはサングラスです。

メガネは顔まわりに視線を誘導して身長を高く見せる効果のある自然なアクセサリー。

ただジャケットに普通のメガネを合わせると仕事着の印象が出ることもあります。ボタンを閉じてるので尚更ビジネスの印象が強く出やすい。

けれどサングラスを付けるとビジネスの印象は出なくなります。

ジャケットにサングラスだと「夜のお仕事」の印象が出やすいですが、こういったグレージャケットは夜のお仕事感が少ないので、サングラスを使ってもそこまで違和感が出ません。

しかもスポーツの要素のあるサングラスは、着こなしに”若さ”をプラスしてくれます。

おじさんぽいジャケット×若さのあるサングラス。真逆のアイテムを組み合わせることで、大胆にバランスを取ったのが今回のアプローチです。

ということで今回のポイントは…

・ボタンを留めるとスーツ要素が強くなる
・プリントTシャツを使うと簡単
・仕事着に見せない小物をプラスする

ぜひこの考え方を頭の片隅に入れてみてください。

 

【随時更新】スタイルの悪い低身長男子でもオシャレになれるファッションポイント一覧オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか? 雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド...