ファッション

顔の大きい男性はニット帽を”深く”かぶる【RACALよりユニクロが使いやすい?】

小柄の小松です。今回は顔が大きい男性がニット帽を使うポイントについて。

顔の大きさや表情・骨格など、身長が同じでも似合わないと感じやすい帽子類。

今回はニット帽ですが、選び方のポイントはやっぱり”サイズ”だといえます。

顔の大きい男性はニット帽を”深く”かぶろう【RACALよりユニクロが使いやすい?】

タイトル通りですが、顔が大きい男性はニット帽を深くかぶるのがポイントです。

ニット帽は浅くかぶるほうがいいという意見もありますが、顔が大きいとそれは逆効果です。

顔が大きい男性の帽子は”ゆとり”が必要

まずニット帽は少しゆとりのあるサイズを選ぶのが適してます。

一般的なニット帽は、頭のてっぺんを余らせないサイズを選ぶとスッキリ見える傾向があります。

実際ニット帽で有名なRACALは、先端にあまりができないよう浅いつくりです。

ただ、顔が大きい男性がRACALのようなフィットするものを選んでしまうと、顔の大きさが強調されやすくなるんです。

こちらは以前僕が持っていたRACALのニット帽。

角度的にちょっとわかりにくいですが、全体的に浅いつくりで、頭のてっぺんにかけてキュッと絞られるサイズ。

これだとおでこから下が大きく見えやすくなるんです。

一方こちらは値段が近いMagineというブランドのニット帽。

これもわかりづらいですが、RACALと比べるとゆったりサイズで、窮屈さを少し減らすことができています。

RACALは一般的な男性に合わせたサイズですが、人よりも顔が大きい方にとっては相性が良くないのです。

ただ、Magineにも少し違和感があります。頭の先端のデザインです。

頭のてっぺんの”絞り”は必要なのか?

ニット帽は頭のてっぺんに”絞り”のあるものが多いですが、このタイプはかぶれる人が限られると感じます。

絞りがあると先端がシャープに見えるので、顔の下半分の大きさが強調されやすくなってしまうからです。

Magineのニット帽をアップで見るとわかりますが、絞りがあることで先端が細く目立ちます。

顔が小さくてアゴが細い男性なら絞りがあってもいいと思うんですが、そうでなければ少し違和感が出てくるわけです。

万人向けのユニクロが理想?

いまのところ、一番ゆとりがあって使いやすいと感じるのは写真右のユニクロのリブビーニー

Magineよりもさらに大きめで、頭が大きくてもスッポリとかぶることができるからです。

上がMagine、下がユニクロです。

もともとの顔が大きいので違いがわかりにくいですが、先端の絞りが少ないので実際はだいぶスッキリした形になります。

しかもユニクロは綿100%で伸びが良く、通気性もバツグン。

秋冬らしさを感じさせるのはウールのニット帽ですが、リブが太めのデザインなら違和感は出にくいので、実質1年通して使えます。

ただし、このニット帽には白タグが付いていないので、そのままだと地味というデメリットはあります。

市販のニット帽のタグを外してユニクロに付け替えれば、デザイン・かぶり心地どちらもクリアできるので、近々試す予定です。

元々はMagineのニット帽をオススメするつもりでしたが、ユニクロの完成度があまりにも高かったので急遽記事内容を変えました。

ニット帽に限らず、ユニクロの通常商品は着心地の良さへの追求がズバ抜けています。

万人向けサイズと言われたり、逆に細すぎると言酷評されたりしますが、体型に合った服を見つけられる可能性が高い貴重なブランドだと感じます。

話が逸れましたが、ニット帽はゆとり・先端の絞りの有無に注意して選べば、顔が大きくてもかぶりやすいモノを見つけることができるでしょう。

 

【随時更新】スタイルの悪い低身長男子でもオシャレになれるファッションポイント一覧オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか? 雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド...