ファッション

「低身長男子はかわいい服装がオススメ」は根拠なし【かっこよくなりたい】

小柄の小松です。

身長162cmの低身長男子ですが「かわいい」と言われるたびにメチャクチャ複雑な気持ちでいっぱいになります。

以前、こんなツイートをしました。

ネットで低身長に関する記事を読み漁ってると大体次の2つが出てくる。
・かわいいコーデが似合って特ですよ
・インソールですべて解決!
僕らはかわいいと思われたいわけでも、身長を盛りたいわけでもない。

かっこよくなりたいんですよ。

僕自身、過去に言葉にできないほど複雑な想いをしたことがあります。

多くの男性にとって、”かわいい”と言われることはメリットではありません。

「低身長男子はかわいい服装がオススメ」は根拠なし

繰り返しになりますが、低身長男子だからといってかわいい服装が合うとは限りません。

かわいい=子供っぽいに繋がってしまうので、ただでさえ子供っぽく見える低身長男子がカッコいい着こなしにするのはハードルが高いからです。

もちろんかわいい着こなしが似合うという方もいます。

ただ、それが成立するのは10代〜20代前半の学生の時期。

年齢を重ねるほど、かわいい着こなしとのギャップが広がっていくので、早い段階で軌道修正する必要があります。

あと「かわいいがメリット」というネット上の記事は、女性ライターさんが書いていることが多め。

女性視点で書かれていると一見参考になりそうですが、そもそも男性はかわいいよりカッコいいと思われたいものなので、そこにもギャップがあります。

インソール靴は脱いだら意味ない

上のツイートでインソール(中敷)について触れてますが、これも根本的な解決にはなりません。

靴を脱ぐ機会があった瞬間に意味がなくなってしまうからです。

居酒屋とかそういった場面ですね。厚底靴を履いてるときとギャップがありすぎて、逆に人からツッコミがくるでしょう。

ではブーツなどの身長が高く見える靴は履いてはいけないのかというとそうではありません。

着こなしとして意味があれば問題ありません。

ここで使っているブーツには、クッション性を高めるために薄い中敷を入れているので、少し身長が高くなってます。

これは身長を盛りたいからブーツを履いたのではなく、着こなしとして使ったほうがスッキリ見えるから履いています。

インソールで解決するのではなく、その服装に合うかどうか。

盛れる・盛れないではなく、あくまで着こなしを基準にして靴を選んだほうがいいんです。

身長の差は残酷です

低身長男子はかわいい服装がオススメという記事が多いので、身長の高い男性からもそう誤解されることがあります。

そもそも高身長・低身長男子は体型が全く違うので、お互いの悩みを実感することができないんですね。

それが極端にあらわれているのが下記の動画。コーディネート対決という企画で参加させてもらったものです。

✳︎7:00前後に全身コーデが載ってます。

ワイドパンツ・ショート丈アウター・パンツと色の違うスニーカー。

僕の場合は顔が大きすぎるんですが、これらを低身長男子が合わせるのがいかに難しいかがわかるかと思います。

✳︎サイズが合う服がないなかでジックリ考えてくださったので、とっしーさんを否定しているわけではありません

これは極端な例ですが、低身長男子なら一度は近い経験があるはず。

まわりは好きな洋服を試着してテンションが上がっているけど、自分はそもそも合うサイズがなくて楽しむことができない。

身長差というのはファッションでは現実を突きつけてくるものなんですね。

僕はこういったことを他の低身長男性には経験してほしくありません。

低身長男子はシンプルな着こなしを、自分の体型に合わせて突き詰めていく必要があります。

身長が低いからロングコートが似合わないというのは幻想。むしろ着丈の短いアウターのほうが難しいです。

かわいいとか緩い服装とか、そういったネットの情報に惑わされず、王道の細身の着こなしを1つずつ積み重ねてみてほしい。

現実は残酷ですが、時間をかければいまよりかっこよくなることは可能です。かわいいより”カッコいい”を目指しましょう。

✳︎低身長男子の服選び・着こなしについては下記の記事を読んでもらえれば分かりやすくなります。

低身長男子がMB氏の"ドレスとカジュアルのバランス"で失敗しないコツ小柄の小松です。今回はファッションブロガーMBさんの理論について。 メルマガ読者数1万人以上のMBさんのコンテンツ。その骨組みとな...