シンプル

就活生からビジネスマンまで、スーツを簡単にオシャレにしてくれるポールスミスのネクタイピン【ミニマリストの持ち物】

ミニマリストの小松です。今回の記事は、スーツスタイルを簡単にオシャレに格上げしてくれるネクタイピンについて。

会社員の方にとって、毎日着るスーツは”制服”とも呼べるアイテム。

休日にファッションを楽しんでいる方は、スーツでもオシャレに見せたいという想いがあるのではないでしょうか。

とはいえ高級スーツを着ても素材の違いは他人に伝わりづらく、かといって派手な柄はビジネスには不向き…。

でも、小さな面積で確実に違いを出すことのできる部分があります。それはスーツ本体ではなく、ネクタイなどの首回りの装飾品です。

細かい加工で確かな存在感のあるデザイン

紹介するのは、海外ブランド ポールスミスの「エングレーヴィング・ブラス・タイバー」

1番の特徴は細かい加工がされているデザインです。

レーザーで表面を削り凹凸を出すことで、シルバー単色でありながら深みのあるデザインになっています。

ブランドロゴは左下に控えめについています。

ストライプやチェックなど、装飾はボディと同色で抑えめなので、スーツと合わせやすいシンプルなデザインです。

無地のネクタイに合わせても程よく主張があり、適度な華やかさをプラスしてくれます。

たとえば就活生の方は、全員が黒いスーツで説明会や面接に行くことになりますが、まわりが似た服装をしたとき、印象に差が付きやすいのがネクタイなどの首回り。

また、知名度のあるブランド小物を身につけていると自信になりますし、ネクタイを固定する実用的な面もあって、緊張をやわらげることにも繋がるでしょう。

シルバーピンなら安い物で十分という方もいると思いますが、確かな存在感のあるこのネクタイピンなら、目立つ首回りをオシャレに着飾ることができます。

固定しやすいクリップ式

このネクタイピンは固定しやすいクリップ式。バネの力で挟み込むタイプです。

ビジネスで使うネクタイピンはクリップ・ピンの2種類が一般的。

ピンタイプは小ぶりですが、歩く・座るなどの動作でズレることを考えると、クリップ式のほうがより使いやすいでしょう。

付属品はシンプルで上品なケース

また、このネクタイピンにはケースもセットでついてきます。

上品なケースですが、カラフルな色使いをしてる部分もあり、シンプルさと華やかさ両方を感じさせます。

名のあるブランドなので、さりげなく家に置いてあるだけでちょっとした自信にも繋がりますし、インテリアとしても映えますね。

ネクタイピン入れとしては少々大きめのサイズですが、別の小物入れとして使うのにも適しているので、保管していくと便利でしょう。

人によっては不要と感じる方もいるネクタイピンですが、この小さなアクセサリー1つで、スーツスタイルを大きく格上げしてくれます。

実用性とデザインを兼ね備えたネクタイピン。

ビジネスマンから就活生まで幅広く、洋服と違ってサイズ選びの心配がないので、女性から男性へのプレゼントとしても適しているでしょう。

ポールスミス/ネクタイピン

合わせてるネクタイが気になる方はコチラの記事をご覧ください。

仕事・休日オンオフ使えるKAIKOのネクタイ【ミニマリストの持ち物】ミニマリストの小松です。今回はオンオフ使えるニットタイの紹介記事になります。 「休日のファッションは楽しめているけど、仕事のスーツ...