ファッション

post amenitiesのPerfecTeeはスタイルが悪いと難しいTシャツ

小柄の小松です。今回はデザイン・素材が完璧なTシャツの魅力とそのデメリットについて。

いろんなブランドが展開しているポケットTシャツですが、デザイン・素材・シルエットすべてにこだわると、なかなか良品に出会えない奥深いジャンル。

今回紹介するTシャツのクオリティの高さは写真だけでは伝わらないほどですが、身長・体型によってデメリットもある服なので、詳細をレビューしたいと思います。

ありそうでない”白のピスマーク”

こちらが今回紹介するpost amenitiesのPerfecTee

身長162cmの小松はXSサイズのダークネイビーを購入しました。

まずパッと目を引くのは胸ポケットの横についてる白い布。これは”ピスマーク”と呼ばれているものです。

Tシャツだけでなく、デニムジャケットやスニーカーなどいろんなアイテムについてることがありますが、たいていはブランドのロゴがプリントされているもの。

大好きなブランドのロゴならあっても何の問題もないんですが、ロゴというのは小さくても存在感があるので、着こなしによってはイメージが合わないことも起こります。

大人びた着こなしのなかでラフなイメージの強いブランドロゴが目立つと、どこか違和感が出ることがあるわけです。

このPerfecTeeのピスマークはロゴのない真っ白なタイプ。

ポケット自体は小さめですが、無地のピスマークがあることでボリュームがあるように見えて、着こなしのアクセントととしても機能してくれます。

ちなみにポケットは縫い目が表に出ない”袋縫いポケット”になっています。

角も丸くスッキリとしたデザインなので、ピスマークの存在がより際立つような組合せといえるでしょう。

ウールのように上品なTシャツ

PerfecTeeはポケットまわりだけでなく、ボディの素材選びにもこだわりを感じます。

「度詰め天竺」と紹介されているとおりの身が詰まった生地で、1枚でも着れる厚さになっています。

モッチリとした肉感のなかに上品さが見える素材。まるでウールのニットを着ているような大人っぽさも感じさせます。

ダークネイビーという名前の通り、黒に限りになく近い濃いネイビーなのもポイント。

ネイビーのTシャツは通販サイトに数多くありますが、滑らかな素材で深みのある色を見つけるのはとても難しいもの。

その2つをかなえてくれるPerfecTee。製作者のこだわりがTシャツを通して伝わってきます。

襟と身幅のキツさでスタイルが悪く見える?

デザインや素材の良さはウットリするほど素敵なんですが、襟とサイズに関しては人を選ぶつくりだなと感じます。

まずは襟。こちらはポリウレタンが混合されているリブで強度が高く、着る回数が多くても襟がヘタらないための工夫がされています。

ただ、ウレタン混合にはデメリットもあります。襟が伸びないと首回りが詰まりやすく、顔の大きさを強調してしまうことになるからです。

実際に着てみるとこのような感じ。左がPerfecTee、右がヘインズBeefyTシャツです。

写真だと差はわずかに見えるかもしれませんが、鎖骨が完全に隠れてしまうと、顔の大きさはかなり強調されてしまうんです。

1500円と思えない夏のTシャツ、GUのポンチクルーネックT(5分袖)小柄の小松です。今回は夏にオススメの涼しげな印象のあるGUポケットTシャツについて。 いろんなブランドが展開しているポケットTシャ...

ちなみにGUのポンチクルーネックTシャツも同じタイプの襟です。

ただSサイズだと首回りにゆとりがあるので、そこまで顔が大きく見えるということはありません。襟と全体のバランス次第で変わる違うということですね。

また、上の写真を見ると分かりますが、XSサイズでも裾丈が長く、身幅は少しキツめです。

Attachment_8.png

何度か洗濯しても丈と身幅はほとんど変わらないので、身長が低くてがっしり体型な方はそのまま着るのが難しいでしょう。

僕はいまこのTシャツをお直しに出して丈を短くしてもらってますが、丈が短すぎると身幅のキツさが強調されてしまうので、少し長めでお願いしてあります。

細身の男性であればXSサイズをそのまま着こなすことは可能だと思いますが、体型に自信がない方はお直しも含めて慎重になる必要があるでしょう。

デザイン・色・素材はこれ以上ないほど最高なポケットTシャツ。

他のデメリットをうまく隠すことができれば、1枚でも重ね着でもかなり重宝するアイテムになります。postamenities PerfecTee

 

【随時更新】スタイルの悪い低身長男子でもオシャレになれるファッションポイント一覧オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか? 雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド...