ファッション

袖が太い服・アウターが似合わないときの解決策【メンズコーデ】

小柄の小松です。今回は袖にボリュームがある洋服の着こなしについて。

最近よく見かけるのが、着丈は短いけど袖まわりが妙に太い”部分的にオーバーサイズ”な洋服。

着丈が長くないので着こなしのハードルは低いですが、それでも工夫は必要です。

今回の考え方を知っていると、洋服の袖を悪目立ちさせないヒントが見えてくると思います。

袖が太い服・アウターが似合わないときの解決策【メンズコーデ】

ということでボリューム袖のアウターを使った着こなし提案です。

下記に使用アイテムを載せてますが、後ろの数字がサイズです。

使用アイテム
soe:レザーフライトジャケット(1)
soe:ウォレットパールチェーン
ユニクロ:ドライストレッチスウェット(L)
ユニクロ:前開きクルーネックT(M)
soe:リラックスフィットトラウザー(0)
Danner:トレイルフィールド(6h)
LOEWE:スラップレザーブレスレット(スモール)
KAIKO:ナイロンリュック
amp japan:イヤーカフ
Paul Smith:コンビメタルハーフリム

この着こなしで気を付けたポイントを書いていきます。

ワイドパンツでボリュームを揃える

まずは合わせるパンツで悪目立ちを防ぐアプローチ。結論からいうとワイドパンツを穿くのが効果的です。

袖が太いということは上半身が目立つということですよね?

そこで下半身にもボリュームのある服・アイテムを使えば、上下どちらかが悪目立ちするのを防ぎやすくなります。

ワイドパンツといっても形はいろいろですが、今回は裾まで太いスラックスを使っています。

裾に向かって細くなるワイドテーパードパンツというのもありますが、今回のアウターは袖に結構ボリュームがあるので、より太いスラックスを選択。

さらに靴もボリュームのある形で、足元に目立つ装飾の入っているタイプ。

パンツと靴どちらも大きめですが、アウターの袖が太いので意外と小さく見えていますよね?

ここで細身のスキニージーンズなどを合わせると袖だけが悪目立ちしてしまい、アウターだけサイズを間違えたような印象が出やすい。

この発想は着丈の長いロングシャツでも応用できる考え方です。

今回の同じスラックスを使い、足元には白が入ったスニーカーを合わせ、下半身に適度なボリュームが出るようにしています。

とはいえ下半身がダボっとしてると子どもっぽく見えやすいもの。

なので大人っぽさをキープしたい場合は、スラックス・レザー素材の靴を合わせるのがいいでしょう。

メンズのロングシャツコーデにワイドパンツが合う理由【低身長もOK】①攻略のポイントは"シルエット/②ブーツカット型で脚長を意識/③脚長以外にも大事なことがある。身長が高い・低い関係なく活かせるポイントを書きました。...

大きいバッグを手持ちする

また、合わせるバッグ選びも気をつけてほしいところ。

下半身にボリュームを出すのが簡単なので、リュックの肩掛けとかより”バッグの手持ち”のほうが効果的。

要はともかく大きいアイテムを下に集めるという考え方になります。

今回はリュックを手持ちしてますが、これはレザージャケット・スラックス・革靴と大人びたアイテムが多いからです。

ここでレザーバッグなどを使うと、レザーの面積が増えてキメすぎな印象が出やすい。

なので程よく大人っぽさが残る「光沢のあるナイロンリュック」を使っています。

リュックの手持ちと聞くと面倒そうですが、トートバッグを持ってなくても適度にボリュームが出せるので意外と便利です。

袖が太いアウター×小さいリュックだと肩掛けがやりづらかったりするので、そういった意味でも手持ちがラク。実際いつもこうして使ってます。

https://www.fashion-press.net/collections/gallery/62142/1076430

合わせるパンツによっては逆にリュックを肩掛けしたほうがいい場合もあります。

上の場合は明るいベージュのパンツが使われていますが、そうすると今度は下半身にボリュームが出過ぎてしまう。

そういうときはリュックを肩掛けして上下のボリュームを調整すればいい。

ケースバイケースな話ですが、こんなふうにバッグを使ってシルエットを整えるというのは知っていて損はないでしょう。

手首まわりの小物も効果的

これはちょっと変化球ですが、アウターの手首に大きいブレスレットを巻くというのも効果的です。

最近は「袖にボリュームがあるけど先端だけ細い」というアウターが結構多い。

そこで中間に大きなブレスレットを巻くと、袖先から肘までの繋がりをスムーズにしてくれるんですね。

ロエベ(LOEWE)のレザーブレスレットをレビュー【春夏秋冬使える】①付け外しが簡単なマグネット式/②サラッとした風合いのレザー素材/③手首とアウターどちらにも付けられる。いろんなアレンジができる名作アクセサリーです。...

元々このアウターはかなり袖が長いので、僕のように手が短いと袖先だけコンパクトに見えやすい。

左袖にブレスレットを付けてるわけですが、これがないとさらに袖のボリュームが悪目立ちするのがイメージできるはず。

そんな都合のいいブレスレットはなかなか見つからないですが、この考え方は他の小物でも応用できたりします。

たとえばこのダウンジャケットも袖のボリュームが目立ちやすいアイテム。

けれど先端に「柄の入った手袋」を使うことで肘まわりのボリュームを抑えています。

洋服の特徴によって変わるのでこれもケースバイケースな話ですが、手首などの”先端”は意外と目立つもの。

なので袖のボリュームに違和感があるときは、袖先も含めてバランス調整してみるのがいいでしょう。

ということで今回のポイントは…

・ワイドパンツでボリュームを揃える
・大きいバッグを手持ちする
・手首まわりの小物も効果的

ぜひこの考え方を頭の片隅に入れてみてください。

 

【随時更新】スタイルの悪い低身長男子でもオシャレになれるファッションポイント一覧オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか? 雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド...