ファッション

メンズのストレートジーンズはユニクロのテーパードデニムの裾上げでOK

小柄の小松です。今回はストレートジーンズとして使えるユニクロのデニムパンツについて。

オシャレ好きの間で浸透した裾に向かって細くなるワイドテーパードパンツ。それに対して最近広がってきてるのが、裾まわりが緩いストレートジーンズ。

けれど実際に穿いてみるとダボっとしていて、自分には似合わないと感じる方も多いはず。

そこでダボダボな印象を最小限に減らせるジーンズを紹介。ユニクロで3000円ほど出せば買えます。

メンズのストレートジーンズはユニクロのテーパードデニムの裾上げでOK

こちらが今回紹介するユニクロのレギュラーフィットテーパードジーンズ

「え、テーパードデニムじゃん!」と感じると思いますが、これがストレートジーンズとして使えます。

身長162cmの小松は68ブルーの28サイズを購入しました。

市販のストレートジーンズが似合わない理由

ジーンズといってもいろんなブランドが展開してるので悩むところだと思いますが、ストレートジーンズを選ぶときにネックになるのは”裾上げ”です。

どれだけ綺麗な形だとしても、裾上げをするとパンツのシルエットは変わってしまいますよね?

テーパードパンツなら裾が少し緩くなる程度ですんだりしますが、ストレートジーンズを裾上げするとダボダボな印象が強くなりやすいのです。

https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E433721-000/00?colorDisplayCode=69

最近はユニクロUでもストレートジーンズを展開してますが、カッコよく見えるのはモデルさんがそのままの丈で穿いてるからというのが強い。

けれも日本人は外人と比べると脚が短い傾向があります。そこで裾上げをすると裾幅も広がり、ストレートジーンズが必要以上に緩い形に見えてしまうんですね。

最初からジャスト丈のジーンズを見つければいいという話ですが、そのまま穿ける股下のジーンズってなかなか見つかりません。ウエストや股上が合うサイズを考えるとさらに難しい。

モデル体型の男性なら問題ないと思いますが、ストレートジーンズを選ぶときは股下のお直しが最大のネックになってくるんですね。

やや長いアンクル丈を裾上げするだけ

そこで今回紹介してるテーパードジーンズですが、発想はとてもシンプル。

股下はアンクル丈寄りの長さですが、これをお直しすれば裾幅が少し広がります。

つまりストレートジーンズとして使えるシルエットになってくれるんですね。

https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E422364-000/00?colorDisplayCode=68

このジーンズの公式画像がこちら。

商品名の通り、裾に向かって細くなったテーパードジーンズになってますよね?

そしてこのジーンズを裾上げして穿くとこんな感じ。

腰から裾にかけて少し細くなってますが、裾幅が広いのでテーパードというよりストレートシルエットになりました。

普通のストレートジーンズをお直しすると裾まわりの生地の量が多く、必要以上にシワが目立ってしまいます。けれど元がテーパード型であればシワを最小限に抑えることができる。

スタイルの悪さを逆手に取った方法なので抵抗がある方もいると思いますが、誰に言うわけでもないですし見た目が整って見えれば問題ないはず。

ストレートジーンズが似合わないと決めつけず、自分に合うサイズに調整してそれっぽく見せる。それがベターではないかと思います。

パツパツにならない生地の厚み×サイズ

最後にこのジーンズの基本的な特徴も確認していきます。

まず生地そのものですが、ほどよい厚みのあるしっかりした素材。

セルビッジジーンズのような光沢はないですが、色の濃いブルーを選べば大人っぽさは十分キープできます。

ユニクロではEZYジーンズ・ウルトラストレッチジーンズなどいろんなシリーズが売っていますが、それらと比べると”デニムらしさ”があるモデル。

ステッチ(縫い糸)は目立ちにくい控えめな色ですが、ほどよく主張してくれるので地味になりすぎることもありません。

こういった風合いのジーンズが数千円で買えてしまう。あらためてユニクロのクオリティの高さを感じさせてくれます。

そしてサイズ選びのポイントですが、小さめサイズを選んでもパツパツになりません。

僕は身長162cmでがっしり体型寄りですが、今回選んだのは店頭で買える1番小さい28サイズ。

ユニクロの他のジーンズは腰まわりがタイト寄りですが、ウエスト・ヒップ・股上が緩めなので体型を広いにくい。特に他のジーンズより股上が2,3センチ深いのがありがたいところ。

これは生地にしっかりした厚みがあることもポイントです。

基本的に生地に厚みがあるほど脚の形は広いにくいもの。そう考えると、スタイルの悪さが目立ちにくい理想的な形のジーンズといえるでしょう。

・ストレートジーンズ選びは裾上げがネック
・テーパードジーンズを裾上げするだけでOK
・スタイルが悪く見えない生地とサイズ

あまり注目されてないアイテムだと思いますが、さりげなくトレンドを取り入れることができる名脇役。

オンラインストアではサイズ欠けも起きてますが、店頭にはまだまだ在庫があるはずなので是非チェックしてみてください。ユニクロ レギュラーフィットテーパードジーンズ

 

【随時更新】スタイルの悪い低身長男子でもオシャレになれるファッションポイント一覧オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか? 雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド...