低身長

いつも似たような服装になる→ユニクロのスウェットシャツを試してみよう【低身長男子ファッション】

小柄の小松です。今回は着こなしに変化をつけてくれるスウェットについて。

男性が使うオシャレアイテムはニット・シャツなど大人びたものが多め。

そうするといつもニット・シャツばかりで、せっかく買ったのに使わない服が出てくるなんてこともあるでしょう。

そんな偏りのあるクローゼットを変えてくれるのがスウェットシャツ。1番買いやすいユニクロのものを紹介します。

基本に忠実なシンプルデザイン

これが今回紹介するユニクロのスウェットシャツ。トレーナーともいわれるアイテムですね。

首まわりには強度を上げるための”ガゼット”というV字のパーツがついています。

スウェットによっては付いてないものもあるんですが、このガゼットがあることで、暗い色の服でも地味になりすぎに済みます。

こういった機能的に必要なデザインは、自然と着こなしに装飾をプラスしてくれるもの。

ネックレスやブレスレットなど好みの分かれるアイテムにない良さがありますね。

襟まわりは厚手の生地が使われていて、耐久性が高め。

スウェットはもともとトレーニングウェアなので、ガシガシ使っても劣化が少ないというのは嬉しいですね。

また、肩は縫い目のないラグランスリーブというタイプ。

肩の位置がわかりづらくなることで、全体で見たときにゆったりしたシルエットに見せることができます。

着膨れしにくい裏毛仕様

スウェットはニット・Tシャツなどと比べると厚手の生地ですが、ユニクロのスウェットは着膨れしにくい裏毛仕様。

裏地がタオルのようなパイル編みという形になっているので、実際に着てみると見た目ほど厚みを感じさせません。

なのでシャツやTシャツなどを重ね着しても着膨れしにくく、他の服との合わせやすさはバツグンです。

サイズと洗濯後の変化は?

サイズの目安ですが、身長162cmの小松はSサイズを選びました。

腕まわりは長めですが、袖・裾のリブがしっかりと固定してくれるのでシルエットは崩れにくくなってます。

洗濯してサイズが変わるか確認してみました。左が洗濯前、右が洗濯後です。

写真だとほとんど変わりませんが、着丈が少し伸び、身幅は縮むという不思議な結果に。

Tシャツだと全体的に縮むことが多いんですが、スウェットのような伸縮性のある生地だと伸びる部分もあるようです。

とはいえ袖・裾のリブががっしりと固定してくれるので、サイズの変化はあまり心配することはないかと思います。

ただ、スウェットは単体だとただの部屋着に見えるもの。他のアイテムで大人っぽさを出す必要が出てきます。

すると普段使わないパンツを合わせる機会が増えて、着こなしのバリエーションが増えやすくなる。あえて柄や奇抜なデザインの服を買わなくてもいいんです。

どれだけデザインを変えたとしても、ニットなどジャンルが同じものだと大きな変化は生まれにくい。

あえてラフな服を選んで、自分の新しい引き出しを見つけてみるのも楽しいです。

 

ユニクロ/スウェットシャツ

合わせてるスラックスについてはこちらの記事をご覧ください。

身長162cmのチビがユニクロのEZYアンクルパンツ ウールライクのSサイズを履いた結果【低身長男子のファッション】小柄の小松です。今回の記事はユニクロのEZYアンクルパンツ(ウールライク)について。 自分はチビだから、どんなパンツを履いても丈が...