ファッション

ユニクロUTが薄いのでポケットをヘインズBeefyTシャツに付け変えました

小柄の小松です。今回は生地の薄いポケットTシャツを使いやすくするリメイクについて。

いろんなコラボでデザインが充実しているユニクロのUTシリーズですが、生地が薄いので肌着がエアリズムだと乳首が浮き出るのが難点。

そこで思いついたのが厚手生地のヘインズBeefyTシャツにポケットを移植するという裏技。

これをやる際の注意点を書いていきます。

ユニクロUTが薄いのでポケットをヘインズBeefyTシャツに付け変えました

今回お直ししたのはこちら。2018年にユニクロから発売されたドラえもん UT

これのSサイズをお直ししました。

“ドラえもん展”などでも活躍している村上隆さんがデザインしているTシャツ。

ただのドラえもんではなく、かわいらしさのなかに細かいデザイン性のある素敵なTシャツだったので当時購入しました。

ただユニクロのUTシリーズは生地が薄いので、エアリズムなどの肌着だと乳首が浮き出やすい。かといってタンクトップは厚手なので真夏に着るのはなるべく避けたい。

あと僕の身長は162cmですが、ユニクロのTシャツだとS・Mどちらのサイズも微妙にサイズが合わないので、それも気になってました。

そこで生地が厚くてサイズもちょうどいい、ヘインズBeefyTシャツのMサイズにポケットを移植することを考えました。

こちらが完成したTシャツ。使いやすくて綺麗なボディに、華やかなポケットを縫い付けることができました。

それではこれをやる際の具体的な注意点をまとめていきます。

無地のBeefyTシャツを用意する

まず用意するのはポケットが付いていないヘインズBeefyTシャツ1枚組

最初はすでに持ってたポケットTシャツで頼もうとしましたが、それだとポケットを外したときに縫い跡が残るらしいので、必ず無地のTシャツにしましょう。

凹凸のない状態でキレイに貼り付けたかったので、洗濯してない買ったままの状態で持っていきました。

ポケットの位置はお直し屋で調整

リメイクはお直し屋さんに頼むことになりますが、

ポケットの位置はお店に持っていってその場で調整することになります。

ヘインズBeefyにはポケット付きのものもありますが、UTシリーズのポケットはそれより少し小さいので、バランスを見て縫い付ける位置を変える必要があります。

あとBeefyはUTより襟が少し厚めなので、近すぎず遠すぎない高さを探しました。

左脇に近いと着たときにポケットが見えにくくなってしまうので、なるべく中央寄りにするのもポイントです。

全体のバランスを見て決めたのがこの位置。これは自分の体型によって違うと思うので、世界に1枚しかないオリジナルTシャツの完成です。

ポケットがちょっと上すぎるように見えますが、ヘインズBeefyは洗濯すると着丈が3,4cm縮むので、ここから使い込むことでベストなバランスに育っていきます。

実際にBeefyを着た状態でポケットを仮当てして、店員さんと相談しながら理想の位置を探してみてください。

ワッペンは貼り付けできない

ドラえもんUTには袖にワッペンが付いていましたが、残念ながらこれは移植できませんでした。

生地にしっかりと接着してるので、ワッペンだけを切り離すことができなかったからです。

理想をいえばポケットとワッペン両方を付け替えたかったですが、あくまで主役はポケットなのでこれで十分ですね。

ちなみにポケットを外したUTは縫い跡が残ってるのでもう使えません。いままでありがとう!

お直しの料金ですが、UTからポケットを剥がすのに500円、Beefyへの縫い付け作業に1000円。税込で合計1620円でした。

お直し屋さんによって料金は違いますが、これを目安にリメイクを検討してみてください。

いろんなコラボアイテムが出ているユニクロのUTシリーズ。

使いやすいボディに移植することで、デザインと機能性の両方を楽しむことができるでしょう。ヘインズBeefyTシャツ1枚組

 

肌着は透けず乳首も浮き出ない、いつでも買えるHanes(ヘインズ)のBEEFYポケットTシャツTシャツはどんなブランドでも展開されているメンズファッションの定番中の定番といっていいアイテム。 しかしデザイン・シルエット・生地...
【随時更新】スタイルの悪い低身長男子でもオシャレになれるファッションポイント一覧オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか? 雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド...