ファッション

低身長男子がユニクロレディースのチェスターコートを着たら似合わなかった

小柄の小松です。今回は低身長男子が女性用のコートを着たらどうなるかについて。

「低身長男子のメリットは身長の低さを活かしてレディース服を着れること!」そんなふうに紹介されることがあります。

けれど実はコレ、非常に難しいこと。身長162cmの僕自身、レディース服を多用していた時期がありましたが、着ていて違和感が出るものは意外と多いということに気付きました。

低身長男子がユニクロレディースのチェスターコートを着たら似合わなかった

繰り返しになりますが、身長が低いからといって男性が女性の服を着こなせるとは限りません。

男性と女性はそもそも骨格が全く違うので、似たような服でもシルエットが変わっていることが多いからです。

デザインは完璧

その例として今回紹介するのが、ユニクロレディースのウールカシミヤチェスターコート

身長162cmの小松は試しにLサイズを購入しました。

繊維の宝石ともいわれるカシミヤが10%含まれた高級感のあるウールコート。

ユニクロに売っている他のコートと比べると、袖を通したときの着心地の良さは圧倒的。男女ともに取り扱いのある、とてもシンプルな秋冬用アウターです。

どうしてメンズではなく、このレディースのチェスターコートを選んだのか。それは細部に至るまでデザインが完璧だったからです。

まず前から見てわかるのが、ポケットが縦向きに付いていること。これはスーツで使われるのと同じフラップポケットという仕様です。

雨風を防ぐためにフタが付いていて、縫い目が表から見えないポケット。

前面に付いていると自然なデザインが程よい装飾になってくれるので、地味な印象を防いでくれます。

さらにこのコート、スーツと違って袖のボタンや胸ポケットがありません。

この2つがあるとスーツの印象に近づいて、より大人びた印象が出ますが、そうするとキャップやパーカーなどラフな服と合わせたときにチグハグ感が出ることも。

これはメンズ・レディースの違いというより単純にデザインの違いみたいなんですが、いろんな服と合わせても違和感が出ないという点ではメリットがとても大きいんです。

低身長男子のスタイルを良く見せるコート選び【ポケットの形がポイント】小柄の小松です。今回は低身長男子がロングコートを選ぶときのポイントについて。 「低身長男子=ロングコートが似合わない」は思い込みで...

そしてこの記事でも書いていますが、縦方向のポケットだとシルエットでも良い点があります。

ポケットに手を入れてもコートが縦に伸びるので、サイドポケットよりも横の広がりを抑え、低身長男子に合った広がり方になるからです。

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/419982?utm_medium=mobile_app&utm_source=PDP&color=36

ユニクロには男性用のチェスターコートも売っていますが、2019年秋冬モデルはサイドポケット仕様。

これだと表から見たときに地味でノッペリした印象になりやすく、シルエットも横に広がりやすいという不安がありました。

しかも身長162cmの僕が身幅で合わせるとSサイズになりますが、着丈は93cmで少し短め。

膝小僧が少し出る着丈になるので、脚を細く見せるという点では長さが少し足りないのです。

レディースのLは着丈95cmなので、より体型を細く見せるという意味でもレディースコートを選びました。

で、一見するとレディースLサイズで問題なさそうに見えます。

ただここで問題になる点がいくつかありました。すべて男女の体型の違いが原因です。

袖・肩・身幅の違和感

このレディースのチェスターコートの違和感。まずは肩まわりのサイズ感の違いです。

男性用コートと比べると、少しつくりが細身になっているのです。

まずは袖の太さ。特に肩から肘までが少しタイトなつくりになっています。

コートのなかに着るのが薄いニットとかなら問題ないんですが、パーカーやブルゾン・フリースジャケットなどの厚手だと少し窮屈感が出てしまうんですね。

袖幅だけじゃなく、肩や身幅などもタイトになってきます。特に脇まわりの窮屈さが目立ちます。

女性は男性よりも肩まわりが細いので、洋服もそれに合わせたシルエットになっていることが多いんです。

「じゃあ1サイズあげてXLを着ればいいんじゃないの?」そう思う方もいるかもしれません。

けれどサイズを上げたところで肩まわりの違和感は消えません。

肩が合っても身幅が緩かったりと、男性用コートと違うフィット感になるので、よりサイズ合わせが難しくなるんです。

レディースコートは裾に向かって広がる

そしてこのコートの最大の問題点。それは裾に向かってブワッと広がるシルエットになっていることです。

女性は男性よりも身幅が細く、腰回りがゆったりした体型なので、コートもそれに合わせて下に広がっていることが多いのです。

肩まわりはタイトなのに、裾は妙に広く感じる。

男女の体型の違いがあることで、洋服のシルエットも全く違ったものになってしまうという結果になります。

ただ、男性用コートの裾が広がらないというわけではありません。

これはユニクロのブロックテックコートというシリーズですが、裾が少し広がるようにできています。なので裾の広がり自体はおかしいことじゃない。

けれどメンズのコートはたいてい肩幅・身幅にゆとりがあるので、裾が広がってもそこまで大きな違和感になりにくい。

一方のレディースコートはスカートみたいに極端な広がりができるので、男性が着るとどうしてもおかしなシルエットになってしまうんですね。

公式サイトの説明ではストレートシルエットと書かれていますが、それはあくまで女性としての話。

いくらデザインが良くても、男女の体型の違いがあると着るのが難しいということがありえるんです。

着たときの小さな違和感を見逃さない

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/42249800001?utm_medium=mobile_app&utm_source=PDP

今回は主にシルエットについて書きましたが、他にもデザインや素材など、男女で違うポイントはいくつか存在します。

上のコートがわかりやすいかと思いますが、なんとなくボタンやポケットの位置が高いと感じませんか?

これはコートの上を細く、下をフワッと広げて見せるために、洋服のデザインを上に寄せているんです。

男性用のコートでもそういったデザインになっているものはありますが、基本的に女性のコートほどこの傾向は強め。

しかもポケットの位置が高いと手を入れにくいので、使いにくいという点でもデメリットになります。

こういった違和感というのはパッと見ただけではわからないもの。実際に着てみてはじめて「少し変だな?」と感じることが多いです。

しかも僕が店で試着したときは小さな違和感しかなかったですが、こうやって自撮りしてみるとシルエットは明らか。鏡の前で見るだけではわかりにくかったりします。

着こなしによってはうまく見せることもできると思いますが、コートは1万円以上するものが大半なので、小さな違和感があるまま着るのはとてももったいない。

妥協して買うと、来年になったらすぐ手放してしまうなんてこともありえます。

今回もともとポケットとスリットに付いてる固定糸を外してしまったので返品できるか不安ですが、妥協したくないので後日ダメ元で返品をお願いする予定です。

洋服の形は体型が違えば変わってくるもの。低身長男子=レディースが着れるとは簡単に考えず、来年も納得して使えるコート選びをするよう意識してみてください。

 

【随時更新】スタイルの悪い低身長男子でもオシャレになれるファッションポイント一覧オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか? 雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド...