ファッション

ユニクロのデニムジャケットを断捨離しました【着丈が短いと着こなしが難しい】

小柄の小松です。今回はサイズ選びを間違えたGジャンについて。

ユニクロが毎年定番として展開してるデニムジャケット。僕は2019年春夏に買ったモデルがありましたが、着こなしに手詰まりを感じたので手放すことにしました。

ユニクロのデニムジャケットを断捨離しました【着丈が短いと着こなしが難しい】

ということでこのユニクロのデニムジャケットを断捨離します。

買ったのは67ブルーのMサイズ。両脇にポケットが付いていて形自体は使いやすいモデルでしたが、完全にサイズ選びで失敗していたためです。

Tシャツとの違和感は小物で減らせた

最大のミスは着丈が短いサイズを選んでしまったことでした。

そうすると上記のようにTシャツとの”着丈の差”が広がってしまい、腰まわりに視線がいって体型が悪く見せやすくなるからです。

解決する方法はいくつか見つけることができました。

まず白Tシャツなど明るい服を合わせた場合。間にポーチなどを挟んで目立つ白Tシャツの面積を減らして、さらに帽子をかぶって視線を顔まわりに誘導させる。

要は合わせたTシャツだけが目立たなければいいので、顔回りと胴回りの小物が2種類あれば解決できる方法でした。

もう1つがTシャツとパンツの色を繋げてしまう方法。

最初に書いたようにTシャツとの”着丈の差”が目立たなければいいので、上下を同色にして境目をぼかすことで誤魔化すというアプローチ。

シンプルながらこちらは結構効果的な方法といえました。

腰まわりが太いとタックインは厳しい

まともな解決策は上記の2つだけでした。

ダメ元で試してみたのがTシャツの裾をパンツのなかにしまう”タックイン”を取り入れたパターンです。

ただ、やっぱり腰まわりの体型がバレやすかった。

後ろから見ると腰位置は丸わかりになりますし、タックインをしたことで余計に腰まわり視線が集まりやすい。

短いデニムジャケットにTシャツタックインというのは女性の着こなしでよく見かけましたが、スタイルが悪い男性だとご覧の通り厳しい。

ただしその試行錯誤のなかで実感できたのは、パンツにドローコードを挟むと少しだけ改善できるということ。

ドローコードとは簡単にいうと”ヒモ”のことで、運動用のスウェットパンツに付いてることの多いパーツ。

単純にウエスト調整ができるだけでなく、このようにドローコードを見せればTシャツの着丈を少し長く見せることができます。

デニムジャケットの着こなしでは限界がありましたが、この発想は別の服装で活かすことができました。

これは着丈の長いシャツを使っていて、Tシャツの丈が短く見えるというGジャンと逆のパターン。

ドローコードを垂らしてあげれば着丈の差を誤魔化すことができ、羽織りのオーバーサイズな印象を減らすことができる。

パンツのドローコードを活かす服装は以前もやったことがありましたが、当時よりそのメリットを実感することができたので結果的にはプラスだったといえます。

ユニクロの2020年モデルは形が違う

ということで解決策とダメなパターンがわかったので、ユニクロのデニムジャケットは手放しました。

2019年に一度袖丈を短くするお直しをしたので勿体なさもありましたが、これ以上持っていてもクローゼットを圧迫するので仕方がない。

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/425030?utm_medium=mobile_app&utm_source=PDP

新しいモデルを買い直すという方法もありますが、実は2020年のユニクロデニムジャケットは形が大きく変化しています。

ポケットが低い位置に変更されているため、単体で着ると視線が下がりやすいモデル。

パーカーを重ね着してフードで視線を上に引っ張ればバランスは取れるんですが、デニムジャケットにパーカーという組合せは個人的にあまりやる機会がなさそうだったので断念。

しかも2020年モデルは両脇のポケットが廃止されているので、収納力は落ちています。エアリズムカーディガンでも同じ仕様変更がされています。

シルエットをより綺麗に見せるために工夫してるのだと思いますが、2019年モデルのようにポケットがあったほうが日常的に使いやすいのは事実。

「今年はポケット付きじゃないの??」と店員さんに質問するお客さんを見かけたこともあります。ポケットの有り無しはみんな気にしてる部分なのかもしれませんね。

デニムジャケットは誰もが知ってる定番の服ですが、デニムを使った着こなしは徐々に需要が高まってきてるようです。

ユニクロUやJWアンダーソンコラボでもデニム系の服にチカラを入れてるのが伝わってくるので、次の秋冬でも発売する可能性は高い。

サイズ選びで失敗すると結構痛手なので、もし丈の短いデニムジャケットを買うことを検討してる方は僕のように失敗しないよう注意してみてください。

 

【随時更新】スタイルの悪い低身長男子でもオシャレになれるファッションポイント一覧オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか? 雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド...