ファッション

2020年秋冬ユニクロ×JWアンダーソンのローゲージクルーネックセーターをレビュー

小柄の小松です。今回は顔が大きくても着れるモックネックセーターについて。

2020年10月16日(金)に発売されたユニクロとJWアンダーソンのコラボ企画。

ひねりのあるものからシンプルな服までいろいろ展開がありますが、スタイルの良さを必要とせず、JWアンダーソンらしさもあるトップスを今回は紹介します。

特に「首が太くて顔が大きい人」にオススメしたい洋服です。

ユニクロ×JWアンダーソンのローゲージクルーネックセーターは首が苦しくないモックネック

こちらが今回紹介するユニクロ×JWAのローゲージクルーネックセーター

身長162cmの小松はナチュラルのMサイズを購入しました。

1枚で着ても地味にならないフィッシャーマンセーター

まずこの洋服は”フィッシャーマンセーター”と呼ばれる服をアレンジしたもの。

文字通りですが漁師が着ていた服として有名で、防寒と撥水性を考えて編まれていたもののようです。

細かい歴史はもっと詳しいサイトで見ていただくとして、このセーターの大きな特徴は立体的なデザイン。

まず目立つのは襟元が高くなったモックネック型になっていること。縦方向にかなり太い編み目があることで普通のモックネックよりデザイン性が感じられます。

袖先や裾のリブも同じように太め。

首・手首・裾などの先端は目立つポイントなので、それだけでも通常のユニクロにはない雰囲気があります。

さらに面白いのは袖まわり。袖に対して横方向にラインが入っています。

首や袖先のリブと合わさることで、目立つ装飾が全体にバランスよく配置されています。

表面をよく見ると複数の糸が使われています。

今回買ったナチュラルだとベージュ・グレー・イエロー・ネイビーなどが不規則に混じり合っていてかなり立体的。

リブ・糸の色という2つの特徴が合わせることで、1枚で着ても地味にならないのが嬉しいポイント。

僕はこれまでナチュラル・ベージュなどの淡い色のセーターを買うのを避けていました。ノッペリとした印象が強くなり、顔とセーターが分離するような感覚があったからです。

けれど今回のセーターはそのデザイン性の高さのおかげか、そのまま着ても違和感があまり出ませんでした。

このセーターで人気な色はグレー・ブルー。試着してみるとそれらもカッコよくて魅力的でしたが、こういった淡い色を避けていた方はナチュラルを是非試してほしいところ。

アンダーソンコラボは取っ付きにくいイメージがある人も多いと思いますが、実際に着てみれば意外とすんなり受け入れられるデザインだと感じられるはずです。

ところでJWアンダーソン自身はロエベというブランドでクリエイティブディレクターを務めてますが、そのなかで有名なのが”フィッシャーマンデニム”というアイテム。

今回のセーターと同じく漁師が着る服から着想を得たとされるアイテム。大胆に裾がロールアップされてますが、これが業界内で”極太ロールアップ”を浸透させたと言われています。

そういったイメージもあり、洋服好きは”フィッシャーマン”と聞くとアンダーソンを思い浮かべる人も多いよう。

発売初日からオンラインストアでサイズ欠けが多いのは、このセーターが今回のコラボのなかでも特にJWアンダーソンらしさが詰まった1着といえるからなんですね。

ざっくり編まれたローゲージの魅力とは?

複数の糸が使われていると書きましたが、それが目立つのはこのセーターが”ローゲージ”だから。

ローゲージとはザックリ編まれた状態のこと。これと真逆なのがユニクロのエクストラファインメリットというハイゲージセーターです。

ローゲージは糸と糸の間に空間ができやすく、ハイゲージセーターよりもラフな印象が強くなる編み方。

ハイゲージセーターにスラックスを合わせるとキメすぎな印象が出やすいもの。

けれどローゲージなら暗い色のスラックスと合わせてもほどよくラフな印象を残してくれます。

このセーターは目立つ装飾が多いので革靴などを合わせたほうがバランスが取りやすいですが、いろんなブランドが展開してるスラックスと合わせやすいというのは結構ありがたい。

もちろん着こなしによってはジーンズに合わせてもOK。いろんなパンツと合わせられるローゲージセーターは、いまの洋服のトレンドでかなり使いやすいと言えるでしょう。

スタイルが悪くても着れるモックネック

デザインやローゲージなど見た目の完成度だけでなく、このセーターは体型を選ばずに着れるという特徴もあります。

モックネック=首が詰まるというイメージがあるかと思いますが、実はこのセーターの首まわりは比較的ゆったりした作り。

通常のモックネックだと首が埋まってスタイルが悪く見えやすいですが、これなら首が太くて顔が大きい男性でも着やすい。

モックネックに抵抗がある人も安心して着ることができるでしょう。

サイズ表の数字をみる限りは細身だと思ってましたが、実際着てみると少しゆったりしたつくり。

ローゲージセーターは生地が伸びて数字よりも大きめになるものもあります。実際このセーターは身幅や裾幅に余裕があり、袖の付け根も広めなので腕を動かしやすい。

MサイズだとユニクロのエクストラファインメリノセーターのMとLの中間くらいのサイズ。

ただしセーターによって大きさにバラ付きがあったので、店舗で試着して買うのがベターかと思います。

ちなみに使われてる素材はウールとナイロンが半分ずつです。

ユニクロが海外デザイナーがコラボするとセーターが妙にチクチクするということが多いんですが、このセーターに関しては比較的チクチクが少なめ。

特に首まわりがゆったりしてることで、首のチクチクはほとんど感じません。とはいえ1枚で着るのは厳しかったので、クルーネック型の肌着を入れてあげるのがいいでしょう。

・ノッペリ見えない立体的なデザイン
・スラックスとも合わせやすいラフな編み
・スタイルが悪くても着れるモックネック

ひねりのあるデザインなのに体型に左右されにくいというのはかなり魅力的。型破りだけれど着やすいという1着です。

ぜひ購入を検討してみてください。ユニクロ×JWA ローゲージクルーネックセーター

 

【随時更新】スタイルの悪い低身長男子でもオシャレになれるファッションポイント一覧オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか? 雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド...