ファッション

洋服を衝動買いする前に冷静になる方法【WEARクローゼットで管理する】

小柄の小松です。今回は洋服の衝動買いを防ぐために事前にやってみてほしい方法について。

「着まわしやすい服を買いたいけど、発売前だから合わせられなくてイメージが湧かない」

こんなふうに考えて慎重になっていても、発売されたらなんだかんだで衝動買いして失敗ということは起こりやすいです。

けれど発売前の洋服であっても、それが使いやすいアイテムかどうかイメージを膨らませる方法があります。

洋服を衝動買いする前に冷静になる方法【WEARクローゼットで管理する】

結論からいうと、欲しいと思った服は買う前にWEARに登録するのがオススメです。

WEARというのはコーディネートを投稿するアプリですが、このなかに手持ちの洋服を把握できるクローゼット機能がついています。

この機能を使って「すでに持っている状態」にしておけば、自分と相性がいいかどうかジックリ考えることができるんです。

WEARは洋服管理のほうが便利

WEARを知っている方はコーディネート投稿のイメージが強いと思います。

ただどちらかというと洋服の管理機能のほうが充実していると僕は感じてます。

トップス・ボトムス・バッグなどカテゴリー毎に分けられるので、スマホをパッと見ただけで自分のクローゼットを把握しやすくなるからです。

実際のクローゼット機能はこんな感じ。

まず全体とカテゴリー毎にいくつ洋服を持っているかが一発でわかるようになっています。

カテゴリーを開くと登録してるアイテムが一括で表示されます。

ここでは欲しいもの・既に買ったものがバラバラに入ってますが、こうするとどんなクローゼットになるかがイメージしやすい。要は妄想ですね^^;

気になる商品があった場合、公式サイトの画像をスクショして名前やカテゴリーを入力すればクローゼットに追加されます。

たとえば欲しいバッグを追加したら、持ってるもの・購入予定のものを1画面で管理できるということになります。

すでに似たアイテムを持っているときは特に効果的。新しいアイテムと入れ替えるか、両方使うか冷静に考えることができるからです。

手入力しなきゃいけないものは面倒ですが、簡単に登録できる場合もあるので下記で紹介します。

ZOZOのお気に入りアイテムは登録しやすい

まずは通販サイトのZOZOTOWNに登録してる方向けの話。ZOZOでお気に入りに追加してるアイテムは登録しやすいです。

「お気に入りフォルダ」という欄に自動で登録されるので、そこからラクにクローゼットに追加できるようになってます。

こんな感じですね。

ここからアイテム画像をクリックすると、商品の詳細に飛びます。

右下の「クローゼットに追加」を選べばそこからクローゼットに登録できます。

あと、ZOZOで購入したアイテムは自動でクローゼットに追加されるようになってるのでそれも便利です。

「買ったけど返品したい」というものはアイテムの編集画面であとから削除すればいいだけなので、管理は簡単。

ZOZOとWEARを連携させる設定が必要ですが、普段からZOZOで買い物してるという方にはかなりオススメです。

ユニクロ商品も一部リンクあり

WEARではアイテムを登録するパターンが2種類あります。

画像からアイテム名まで手動で入力するパターンと、検索でZOZOリンクから引っ張ってくるパターンです。

基本的にはZOZOで取り扱ってるものにリンクが付いているんですが、一部のユニクロ商品もリンク対応してます。

発売前のものは未対応ですが、早いものだと発売して数日で載ってます。

「UNIQLOで購入する」をクリックすれば、アイテムの詳細をすぐ確認できるようになってるんです。

まずこの画面でカテゴリー・カラー・ブランドを指定します。

するとリンク対応してるアイテムの数が出てくるので、クリックして目当ての服を探していきます。

該当するユニクロのアイテムが一覧で出てきました。

順番はバラバラですが、新作だと上に出るので発売したばかりの服は見つけやすいです。

GUや無印良品はリンクがないので、手動で登録することになりますが、普段の買い物がユニクロ+ZOZOという方なら活用できるでしょう。

欲しいと思った服をまずWEARで登録しておけば、服の量とカテゴリーが段々スッキリしてきます。

「似たような服持ってるなぁ」と気付きやすいので、ストッパーがかかりやすくなるからです。

100%衝動買いを防げるわけじゃないですが、落ち着いて考える時間ができるので、失敗の確率はかなり減らせるでしょう。

僕自身もそうですが、洋服はついついアイテム単体の魅力で購入してしまいしがちです。

「これを買ったら最高のクローゼットになるかな?」

こう思える服を見つけるために、是非一度WEARクローゼットを試してみてください。

 

【随時更新】スタイルの悪い低身長男子でもオシャレになれるファッションポイント一覧オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか? 雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド...