ファッション

ユニクロ×JWアンダーソンのイージードローストリングパンツをレビュー

小柄の小松です。今回は街着・部屋着どちらでも使えるイージーパンツについて。

2020年10月16日(金)に発売されたユニクロとJWアンダーソンのコラボですが、これまでのコラボと比べると比較的落ち着いたデザインのものが多め。

今回紹介するアイテムもシンプルなものですが、よく見ると細かい工夫もされてます。

メリットとデメリット、どちらも紹介したいと思います。

ユニクロ×JWアンダーソンのイージードローストリングパンツをレビュー

こちらが今回紹介するユニクロ×JWAのイージードローストリングパンツ

身長162cmの小松はダークグレーのXSサイズを購入しました。

ストライプとドローコードに工夫あり

まずデザインですが、基本的には部屋着として使いやすいイージーパンツ仕様。

ですが、パッと見の印象はスラックス。気軽に穿けるけど大人っぽく見えるというハイブリッドなデザインになるよう工夫されています。

スラックス見えする理由はいくつかありますが、まずはポケットの向きやベルトループの存在。

ベルト無しで穿けるようドローコードという紐が付いてますが、ポケットとベルトループがあることでスラックスの雰囲気が強くなっているんですね。

このドローコードですが、よく見るとおもしろい仕掛けがされています。

コード次第は内側に付いてますが、先端は内側と外側どちらにもしまえるような作りになっているのです。

要はこういうことですね。

ウエスト中央に”通し穴”が付いていて、これに通せば外から見える。逆に隠したいときは穴に通さなければいいという仕組みです。

部屋着として使うときはコードを外に出してたほうが使いやすい。特にこのパンツの場合はコードが太めで、紐が内側にあるとゴロゴロして邪魔になったりするので。

逆に街着として使うときは中にしまったほうがスッキリ見えます。

垂らせばアクセントになるわけですが、レザーでも黒でもないので素材のチープさが目立ちやすい。

着こなしによってはアリな場合もあると思いますが、見せないほうが大人っぽく穿きこなせるでしょう。

それとこのパンツは無地ではなくストライプ柄が入っています。

“チョークストライプ”というかなり細いラインなんですが、色はブラック。

遠目からだと見えませんが、グレーより濃い色を混ぜることで暗くなり、少しだけ立体的に見えるよう工夫しているんですね。

ネイビーを選ぶと白ストライプになってるようですが、個人的にはグレー×黒ストライプのほうが珍しい組合せなのでオススメです。黒ストライプって意外と売ってないので。

スラックスとイージーパンツの要素を混ぜ合わせた1本。比較的シンプルですが、アンダーソンコラボの”ひねり”が感じられるデザインといえるでしょう。

裾幅緩めのストレートパンツ

次にシルエットですが、裾幅が緩いストレートパンツです。

裾はアンクル丈とまではいかないですが、短足の小松でも裾上げ不要で穿けるレベル。

最近徐々に浸透してきてる”ブーツカット”のパンツといえます。

なので街着として使うときは革靴に”かぶせて穿く”のがベターかと思います。

しかも股上が深くてドローコード付きなので、腰位置を変えてちょうどいい丈に調整しやすい。

裾幅はXSサイズでも結構広めなので、ボリュームのある革靴と組合せるのが理想的といえるでしょう。

街着使いではアイロン掛け推奨

デザイン・シルエットはとてもバランスがいいと感じるんですが、ちょっと惜しいのが素材。

綿100%で少し毛羽立ちのある素材なんですが、洗濯すると結構シワが目立ちやすい。

そもそも生地が柔らかいので、ユニクロのウールスラックス、スマートアンクルパンツと比べるとラフな印象が強め。

新品の状態と比べるとかなりダラシなくなるので、そのまま外出すると”部屋着感”が強くなってしまうでしょう。

なので街着として使うときは事前にアイロン掛けするのがベター。

特にふくらはぎから裾にかけてシワが目立ちやすいので、最低でも下半分だけアイロン掛けしたほうがいいかと思います。

「アンダーソンコラボは素材が惜しい」なんてよく言われますが、生地自体は着心地がいいのでそこまで悪いとは思いません。

秋冬モデルですが部屋着としては春はじめに使っても暑苦しくならない。長い期間使えるので持ってて損はないはず。ユニクロUのスウェットパンツと併せて愛用しています。

・ストライプとドローコードに工夫あり
・裾幅緩めのストレートパンツ
・街着使いではアイロン掛け推奨

ぜひ購入を検討してみてください。ユニクロ×JWA イージードローストリングパンツ

 

【随時更新】スタイルの悪い低身長男子でもオシャレになれるファッションポイント一覧オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか? 雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド...