ファッション

【随時更新】スタイルの悪い低身長男子でもオシャレになれるファッションポイント一覧

オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか?

雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド!」とたくさんの服が紹介されていてキリがなさそうに見えます。

そんな複雑そうなメンズファッションですが、ある程度までは「定番の型」を知っていれば対応することができるのです。

このページでは、身長162cmでスタイルも悪い僕でも実践することができた法則をまとめていきます。

・身長が低い
・顔が大きい
・首が太い
・腕が短い
・脚が短い
・足が小さい
・腰回りが太い
・ふくらはぎがパンパン
・髪の毛がすぐ伸びる
・目と眉の幅が狭い

これが僕の体型の特徴ですが、これだけの欠点があると洋服・小物選びにかなり苦戦することが多く、メンズファッションにおいては「落ちこぼれ」といっていいレベル。

けれど1つひとつのポイントを意識していけば、オシャレな服装をつくることはできる。

主に低身長男子を想定した記事ですが、これらの法則は身長に関係なく、自分のスタイルが悪いと感じるすべての男性に応用できるものが多めです。

多くのアパレル店員・ブロガー・Youtuberが説明してくれない、彼らが無意識にやっているテクニック。それら細かいところまで含めて説明していきます。

✳︎このページは随時更新中です。必要だと判断した記事を追加する場合があります。

1.オシャレになりたい人に知ってほしいこと

▼ファッションは引きこもりすら解消できる

あなたがなりたいのはオシャレな人?カッコイイ人?

ファッションは顔がすべてじゃない

▼低身長・スタイルの悪さは着こなしで誤魔化せる

買う洋服の基本は”必要な日用品”

ファッションは無理のない範囲で楽しむもの

2.オシャレの土台

チェックシャツ・プリントTシャツがオシャレというのは偏見

量産型ファッションをひたすら繰り返す

オシャレの近道はマネすること

3.まず学ぶべき最重要理論一覧

▼MB氏の書籍で「ドレスとカジュアルのバランス」という理論を知る

▼デザインの密度

▼先端のシルエット

▼色・素材の面積

最初に買うべきアイテムは黒スニーカー

▼黒スキニーを履けば一気にオシャレになれる

4.シルエット

①基本

▼低身長男子は2つのシルエットを意識しよう

▼無地の細身のパンツを選べば服装に迷わない

▼ロールアップでスキニーパンツを綺麗に見せる

②下半身のシルエット

脚の太い男性のジーンズの選び方

▼パンツと靴は同色or近い色が基本

パンツは黒スキニー・インディゴデニムを中心にする

▼パンツと靴の組合せを2パターンだけ覚える

靴下は黒・グレーを無印良品で買うだけでも十分

③上半身のシルエット

▼トップスのサイズ選びの原則

▼上半身の基本はTシャツ+アウター

▼低身長男子はロングコートが似合わないのか?

▼重ね着(レイヤード)のメリットと注意点

▼アウターとインナーは着丈の差がポイント

▼基本のトップス春

▼基本のトップス夏

▼基本のトップス秋

▼基本のトップス冬

④シルエット応用編

▼ユニクロのスキニー・ジーンズの裾幅をお直ししてみよう

▼黒スキニーとインディゴデニムを使い分けるポイント

黒スキニー・黒靴でも脚長効果が出ないパターンがある

5.色の合わせ方

初心者の色使い

▼モノトーン+1色が基本

▼使いやすい6色のカラーに絞る

▼まずは無地しか使わなくていい

▼下半身は暗い色からはじめる

基本配色テクニック

▼色の統一感

白を小出しにする

▼同色を散らす

▼インディゴデニムは地味にならない

▼ネイビーとブラウンを組合わせる

▼カーキには白を合わせる

応用編

▼パーソナルカラーは調べないほうがいい

▼上半身を同色でまとめる「アンサンブル」

▼上下を同色でまとめる「ワントーンコーデ」

▼白スニーカーで外す

▼下に向かって明るくする

▼たまに変な組合せを試してみる

6.お金を掛けるモノとその選び方

▼お金をかけるポイントは靴・小物・バッグ

▼黒靴の違いを知るとファッションに詳しくなる

▼バッグは黒で統一してカタチで遊ぶ

▼意味のある小物を集める

▼小物の必要・不要を見分ける方法

▼メガネをかけるだけでオシャレに見える

7.体型隠しが本当によくわかる記事

▼脚長効果は色・シルエット両方が必要

▼腰回りをゆったりさせたほうがキレイ

▼袖まくりしていい服とダメな服

▼小顔効果の”縦と横”

▼首が埋まるトップス対策

ストール・マフラーで顔を大きく見せないコツ

▼帽子は一番難しい

▼1サイズ上げて着たほうがいい服

▼ヘアワックスを使わなくていいカット紹介

▼髪が伸びてきたら帽子の出番

8.負担をかけずにオシャレを楽しむ考え方

▼ファッションはあくまでツール

▼数よりも質を大事にする

▼ユニクロの良さは他のブランドを見るとわかる

▼お直しは高くてもしたほうがいい

▼トレンドをすべて追いかける必要はない

▼1年のはじめに”今年の着こなし”を決める

▼定番と変化を分ける

▼あえて脆い服を買うメリット

季節別コーディネート

▼季節別コーディネート| 春コーデ攻略編

▼季節別コーディネート| 夏コーデ攻略編

▼季節別コーディネート| 秋コーデ攻略編

▼季節別コーディネート| 冬コーデ攻略編

アイテム別攻略

▼Tシャツ

▼シャツ

▼パーカー

▼ニット・セーター

▼ショート丈アウター

▼ロングコート

▼ジーンズ

▼ジョガーパンツ

▼短パン・ショートパンツ

▼スラックス

▼黒スニーカー

▼黒スニーカー(ソールが白)

▼白スニーカー

▼革靴

▼ブーツ

▼サンダル

▼靴下・ソックス

▼バッグ

▼ストール・マフラー

▼帽子

▼眼鏡・サングラス

▼時計

▼小物その他