ファッション

新しい洋服を買うより、面倒でも持ってる服を手入れするほうが大事

小柄の小松です。今回は手持ちの洋服をケアすることの大事さについて。

綺麗でカッコいい洋服ほど痛みやすく、定期的にお手入れが必要なもの。けれどついつい後回しになって、気づいたら思わぬところに汚れが溜まっていた、なんてことはないでしょうか。

僕自身とてもズボラな性格なので、面倒なお手入れは避けたいと思っていたのですが、ここは深掘りしていく必要があるなと最近感じております。

新しい洋服を買うより、面倒でも持ってる服を手入れするほうが大事

繰り返しになりますが、手持ちの洋服のお手入れは避けては通れないことだと感じます。

せっかく最高の洋服を手に入れたのに、気づいたら目に見えないところまで汚れが溜まってしまうこともありえます。

洋服が多すぎると汚れ・ダメージに気づかない

ネットで検索したり洋服屋を見たりしていると、次から次へと魅力的な服が目に入ってきます。

けれどクローゼットの服が増えれば増えるほど1つひとつのアイテムに目が行き届かず、それぞれの魅力を活かすことは難しくなるのではないでしょうか?

たとえば僕が昔から持っているこの革靴。

買ってからもうすぐ3年ほど経ちますが、年月が経つにつれて段々ケアする回数が減っていきました。

最初は革靴用のクリームを塗ったりしてましたが、洋服を200着以上持っていた時期は手入れを後回しにすることが増えました。

恥ずかしい話ですが、靴ベラを使う頻度も少なくなっていったので、カカトに跡が付いたりもしています。

シューキーパーというのも買いましたが、そもそもシューキーパーの買い方もわかっていなかった。

おそらくこれはサイズが合っていないし、そもそもカカトの崩れが直るのかも知識がない。

靴の形や革の柔らかさとの相性だったり、最適なモノがどれなのかしっかり調べる必要があることがわかりました。

新しい着こなしを考えることに必死になった結果、持っているアイテムの魅力を時間をかけてすり減らしていたんです。

キレイにするほど使いたくなる

書くまでもないことだと思いますが、洋服・小物はキレイにしておけば本来の魅力をキープでき、愛着も増してきます。

そして手入れをすることが増えると、そのアイテムの特徴をジックリ見る機会が必然的に増えます。

「あらためて見ると、やっぱりこのアイテムを買ってよかった」

そして使う頻度が段々増えてきたのです。

いまの自分のケア方法が間違っていたとしても、そう思えば段々ケアをする頻度も精度も上がっていくと思うのです。

お手入れにこそ、こだわりを持ちたい

手入れをするための道具を探してみると、いろんな種類があることに気づきます。

自分のアイテムにはどれが一番相性がいいのか。それを考えることで、ケア用品でもこだわりが出てくるようになります。

まだ理想には辿りつけていませんが、たとえば革靴用のクリームにもいろんなものがあるようです。

レビューサイトに”使いやすい”と書かれていても、クリームが薄いと少し物足りなさを感じたりもします。

ホコリを取るためのブラシもそうです。

毛の柔らかさ・持ちやすさ・道具そのものの色など、メーカーによって細かい違いがある。

もともと面倒くさがりなので、有名どころを使っていればいいやと感じていたんですが、試してみるととても奥が深い。

こだわって集めると新しい洋服が買える金額になってしまいますが、こういったところにもファッションに詳しくなるキッカケが詰まってる。

手入れそのものにこだわりを持つことで、モノ選びの基準がさらに上がっていくんだなと感じます。

自分への戒めでもありますが、新しい洋服に目がいくほど手持ちのアイテムをおざなりにしがち。

あなたが昔買ったお気に入りの洋服や小物。その魅力を最大限活かすことを考えたら、お手入れは避けては通れないことだといえるでしょう。

 

【随時更新】スタイルの悪い低身長男子でもオシャレになれるファッションポイント一覧オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか? 雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド...