シンプル

iPhone充電はコレ1本。ケーブル不要で使えるiwalkモバイルバッテリー。

僕は基本的にスマホを使ってブログを書いているんですが、その最中にスマホの充電が切れてしまいそうになり焦ることが多々あります。

そのときはモバイルバッテリーで充電しながら作業することになりますが、普通のモバイルバッテリーだといろいろと使いづらい点が多く、不満を抱えていました。

今回紹介するiwalkのモバイルバッテリーは、iPhoneを使うすべての方にオススメしたい超軽量バッテリー。わかりにくい点もあるので、使い方も含めてレビューしていきたいと思います。

iPhoneをそのまま充電できるシンプルなデザイン

f:id:kogarakomatsu:20190226201235j:image

このバッテリーの特徴は、なんといってもケーブル不要で充電できること。

f:id:kogarakomatsu:20190226202214j:image

iPhoneと同じライトニングコネクターが内蔵されているので、ここにそのまま差すだけで充電ができます。

f:id:kogarakomatsu:20190226202347j:image

普通のバッテリーだと、バッテリーを机に置いてケーブルを指すのでスマホを操作しにくい。しかもケーブルの届く範囲でしか作業ができません。

ケーブル不要のこのバッテリーなら、充電しながらどこでもスマホを使えますし、両手で操作すればバッテリーが邪魔になることもありません。

どこにでも入るコンパクトな大きさ

f:id:kogarakomatsu:20190226204527j:image

商品サイトの説明に「口紅サイズ」とありますが、実際かなり小さめです。

f:id:kogarakomatsu:20190226204250j:image

一般的なものと比べてみても、そのコンパクトさがわかります。この大きさならバッグだけでなく、アウターの小さなポケットに入れたとしても、かさばることはありません。

デメリットは使い方が少し特殊なこと

f:id:kogarakomatsu:20190226204912j:image

とても便利なバッテリーですが少しだけ使いにくい点も。このバッテリー、ただ差し込んだだけでは充電がはじまらないのです。

f:id:kogarakomatsu:20190226204756j:image f:id:kogarakomatsu:20190226205042j:image

右側に小さなボタンがあり、ここを1回押すことで充電できる仕組みになっています。逆にこのボタンを2回押すと、差し込んだままでも充電がストップされます。

ちょっと面倒ですが、慣れればそこまでストレスを感じません。

f:id:kogarakomatsu:20190226205335j:image

もう一つの難点は差し込み部分。ここの保護パーツが少し固いので、開け閉めするときに苦労します。

これが面倒なので、僕は基本的に保護パーツを開けたままにしています。少し恐いですが、いまのところパーツが壊れそうな気配はありません。

iPhoneだけ充電したい人はコレ1本で十分

f:id:kogarakomatsu:20190226210148j:image

このバッテリー本体の充電はライトニングケーブルを使う形式。このように本体・iPhoneを同時に充電することもできます。

バッテリーの容量は3300mAh。iPhoneは最新型でも3000mAh前後なのでフル充電できますが、操作しながらだと充電は実質60〜70%くらい。

充電スピードも早くはないので、自宅に帰るまでの”凌ぎ”として使うイメージです。

価格は1,699円(税込)。ノートPC持ちなら大型バッテリーが必要ですが、iPhoneだけ充電したい方はコレ1本で十分。必要最小限のバッテリーとして、これ以上のものはないでしょう。