シンプル

1本ですべて充電できる。外出先で使いやすいオウルテックの巻き取り式ケーブル。

ガジェットの充電器具はなるべくコンパクトにまとめたい。

スマホやノートPCだけでなく、イヤホンも含めて何かと充電する機会が多い時代。必要最小限のアイテムで充電できる環境にしたいと思う方は多いのではないでしょうか。

以前、自宅用のオススメ品のCAFELEの充電ケーブルを紹介しました。

今回は外出用に適したケーブル、オウルテックの巻き取り式ケーブルについて。CAFELEとの違いも含めて、その使いやすさをレビューしていきたいと思います。

1:1対応の切り替え式ケーブル

f:id:kogarakomatsu:20190313205132j:image

こちらがオウルテックの巻き取り式ケーブル。モノトーンで統一されていて、スッキリとした形をしています。

f:id:kogarakomatsu:20190313205345j:image
f:id:kogarakomatsu:20190313205342j:image

充電したいガジェットによって使い分ける切り替え式。

ケーブルと直接繋がっているのがmicroUSB端子、端についているのがiPhone用のlightning端子です。

自宅用のケーブルは1本で同時に複数のガジェットを充電できるのが便利ですが、外出先ではすべてのバッテリーが切れてしまうことはあまりないので、1:1対応のもので十分といえます。

外出用に適したミニマルなデザイン

f:id:kogarakomatsu:20190313210330j:image

以前紹介したCAFELEのケーブルと比べてみました。中央の巻き取り部分は、オウルテックのほうがコンパクト。

f:id:kogarakomatsu:20190313210533j:image

横から見てもオウルテックのほうがボディは薄め。カフェのテーブルなどでもペースを取らずに充電することができますね。

USB-Cにも対応させたい方はコレ

f:id:kogarakomatsu:20190313210944j:image

このケーブルが対応しているのはmicroUSBとlightning端子の2つですが、パソコンの充電も考えるとUSB-Cにも対応させたいところ。

そこで別メーカーの変換コネクタを購入しました。

f:id:kogarakomatsu:20190313211005j:image

iNTELLIGENCEというメーカーのコネクタ。こちらはlightning→USB-Cに変換するタイプです。

f:id:kogarakomatsu:20190313211630j:image

僕はiPhoneの充電をiwalkのモバイルバッテリーで済ませているので、lightning端子を使う機会がほとんどありません。

なので基本的にこのUSB-Cコネクタを繋げたままケーブルを持ち歩いています。

microUSB→USB-Cというコネクタは多くのメーカーから出ていますが、lightning→USB-Cのタイプは意外と少なめ。ブラックとなるとこれくらいしか見当たりませんでした。

f:id:kogarakomatsu:20190313211926j:image

このコネクタを組合わせることで、3種類の端子に対応したシンプルなケーブルが完成します。

そのぶん端子は長くなりますが、同じ黒でまとめているので意外と野暮ったくはなりません。

自宅用にはCAFELEのケーブル、外出先ではオウルテックのケーブル。たった2本ケーブルがあるだけで充電に困ることはありません。

iNTELLIGENCEのコネクタは他のメーカーに同タイプがほぼないのでよく欠品していますが、オウルテックとセットで買うのがオススメです。