ファッション

洋服の袖を短くするお直しの方法と料金【袖先・肩幅どちらから詰める?】

小柄の小松です。今回は洋服の袖を短くするお直しについて。

ジャストサイズがSかMかというのはブランドや服ごとに違ってくるものですが、どうしても自分の体型に合わない部分は出てきます。その1つが”袖丈”です。

袖丈を短くするのはお直し屋さんに持っていけば可能ですが、実は袖のお直しといってもいろんなパターンがあります。

洋服の袖を短くするお直しの方法と料金【袖先・肩幅どちらから詰める?】

繰り返しになりますが、自分の体型に100%合う洋服というのはなかなか見つけられません。

そこで”お直し”を活用することで、自分の体型に合わせた洋服にアレンジできるわけですが、お直しは洋服によってできる方法がバラバラです。

今回は袖のお直しがテーマですが、”肩”と”袖”の2ヶ所に注目していきます。

ラグランスリーブは袖先から詰める

まず袖先から短くする場合について説明していきます。

これはユニクロのスウェットですが、このスウェットの袖丈を短くする場合は方法が1パターンしかありません。

肩が”ラグランスリーブ”という仕様になっているからです。

ラグランスリーブとは肩に縫い目がないタイプのこと。

縫い目がないことで腕が動かしやすくなるので、こういったスウェットやコートなどによく見られるデザインです。

この場合は袖先から丈を短くすることになります。

当たり前の話に聞こえるかもしれませんが、実は袖のお直しは”肩から”短くすることもできます。それは次の項目で触れます。

ちなみにこういったシンプルな形のものだと、お直し料金は2000円代です。

料金が高くなるのは袖まわりの素材が切り替わっているときです。

たとえばナイロン素材のMA-1ブルゾンだと、袖先と腕部分の素材が全く違うものになっていたりします。

こういった”異素材の袖丈詰め”は4000円代になる場合が多いので、お直し代が洋服本体の価格を超えるなんてこともあり得ます。

長く使う予定の服ならお金をかける価値は十分ありますが、そうでないものはちょっと考えたほうがいいかもしれませんね。

肩に縫い目がある場合は4パターン

ラグランスリーブの場合は袖先から短くするだけでしたが、肩に縫い目がある服はいろんなパターンがあります。

肩から詰めるか、袖先から詰めるか。その結果4パターンのお直しができることになるんです。

まずはラグランスリーブのときと同じ方法。袖先から詰めるパターンです。

丈が短くなりますが、袖先の”周の長さ”は少し広くなることになります。

そして肩からお直しをする場合は3パターンの方法が考えられます。

まずは”肩の外側”から詰めるパターン。肩の位置を変えずに袖だけを短くする方法です。

もとの形より袖口が狭くなるので、パーカーなど最初から身幅がゆったりした洋服に適しています。

もう1つは”肩の内側”から詰めるパターン。要は肩幅を狭くするお直しです。

これだと袖の長さ自体は変わりませんが、肩の縫い目を内側に寄せることで、結果的に袖丈が短くなることになります。

ちなみに肩を両サイドから詰めるというパターンもあります。

肩のラインが落ちすぎていて、袖も長いという場合に有効な方法です。

左がもともとのパーカー、右はこの方法で袖丈を短くした状態です。

肩幅を狭くしつつ袖先も短くなっているので、全体的にバランスの取れた形に変わっています。

つまり袖丈を2cm短くしたいという場合、袖先から2cm詰めたり、肩の内側・外側を1cmずつ詰めるなど、いろんなアプローチが考えられるんですね。

上記のパーカーはもともと肩のラインが落ちたシルエットでした。

袖先だけ詰めると肩とのバランスが崩れる可能性があったので、肩からお直しすることで違和感が最小限になるようにしました。

肩幅がジャストのものなら袖先から。肩幅が落ちてるものなら肩から、という考えでお直しするのがいいでしょう。ちなみにパーカーを肩から詰める場合も2000円代でした。

既製品の洋服を買う以上、どうしても自分の体型と合わない部分は出てきます。

“袖のお直し”といってもいろんなアプローチがあるので、どうすればキレイな形になるかイメージしてからお直し屋さんに持っていくのがいいでしょう。

 

【随時更新】スタイルの悪い低身長男子でもオシャレになれるファッションポイント一覧オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか? 雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド...