ファッション

soeのプルオーバースウェットなら重ね着(Tシャツ・シャツ)の組合せが無限大

小柄の小松です。今回は重ね着のバリエーションが増やせるスウェットについて。

そのままパッと羽織れる洋服はラクですが、いろんな着こなしをしたい場合は”重ね着”というテクニックを活用したいところ。

そこで今回は1枚でも地味にならず、別の洋服を重ね着するときにも便利なスウェットを紹介します。

soeのプルオーバースウェットなら重ね着(Tシャツ・シャツ)の組合せが無限大

こちらが今回紹介するsoeのプルオーバースウェットシャツ

サイズ展開は1・2でしたが、身長162cmの小松はサイズ1の白を購入しました。

なぜ普通のパーカー・スウェットは重ね着が難しいのか?

今回はスウェットの紹介ですが、スウェットと聞くとフードの付いてるもの・付いてないものが思い浮かぶはず。

どっちにもそれぞれ違う魅力がありますが、実は”重ね着”という点でみるとパターンが限られてしまうのです。

まずフード付きのパーカーは首元が少し空いていますよね。

ここからTシャツなどを重ね着でチラ見せすることになります。

首元は良いですが、逆に裾からチラ見せするときは違和感が出やすい。

特にプリントなどが入ったパーカーだと重ね着でゴチャついて見える。お腹のポケットがあるかどうかだけでも変わってきたりします。

かといって無地のパーカーだと単体で着たときに地味になるから困る。

クルーネックスウェットはパーカーと比べたら重ね着パターンは多いです。

ただ、Tシャツだと襟の高いハイネック・モックネックしか使えないので、できればもう少しいろんな洋服との組合せを楽しみたいところ。

言葉で説明するとわかりにくいですが、重ね着を試したことがある人は”やりにくさ”を感じたこともあるはず。

少ない洋服で”着まわし”をしたい人にとって、普通のスウェットはちょっと不便なんですね。

手持ちの洋服が活きる絶妙なデザイン

そこでsoeのスウェットですが、上の悩みを見事に解決してくれるデザイン。

パーカーのような形をしてますが、実はフードが付いていません。

普通のパーカーは子どもっぽく見えるものですが、フードだけを削ることでスッキリした形に見えるようになってます。

けれどクルーネックのスウェットと違って首元が空いてるので、重ね着のバリエーションはかなり多め。

Tシャツならモックネックだけでなく、ちょっと襟の高いクルーネックもOK。シャツはスタンドカラーから普通の襟シャツまでいけます。

胸元には植物を意識したプリントが描かれています。バックプリントは無し。

2021年は花柄(ボタニカル)がトレンド。いろんなブランドが花柄を出していますが、デザインによっては”おばちゃんぽさ”が出てしまう可能性もある。

soeのスウェットは控えめな装飾なのでそのような問題は起きません。

花柄のトレンドが終わっても古臭さを感じさせずに着れるでしょう。

あと普通のパーカーと違ってお腹にポケットが付いてません。

なのでシャツを重ねて裾からチラ見せしてもスッキリ見えます。身幅も緩いので、重ね着したときに裾まわりが窮屈になることもない。

発想自体はシンプルですが、こういうスウェットは意外と見かけないはず。

まさに手持ちの洋服が活かせる絶妙なデザインといえるでしょう。

インナー使いを想定して選ぶ

あらゆる重ね着に対応できる万能スウェットですが、今回はアウターとの重ね着を考えて”白”を選びました。

黒も捨てがたいんですが、白を選べば黒いジャケット・コートと合わせるときにとても便利。

しかも色味は真っ白ではなくオフホワイト寄り。

真っ白な服は発色が強すぎて顔が負けてしまうこともある色。

けれどこのスウェットは柔らかい色味で、さらにフードがないのでパーカーより大人っぽく見えやすい。

そういった意味でも白のほうが”お得”だと思います。

ちなみに肩の縫い目は少し落ちています。いわゆる”ドロップショルダー”ですね。

ドロップショルダーの服は視線が下がるので、そのぶん帽子をかぶって上に視線誘導するという着こなしも可能。

ただ袖丈がかなり長いので、いまのところ僕は袖先をまくって着てます。

カットしすぎるとバランスは悪くなりますが、気になる人はお直し屋で短くしてもらうのも候補に入れてみてください。

・パーカーとスウェットの中間的デザイン
・花柄をさりげなく意識したプリント
・色はインナー使いを想定して選ぶ

春秋冬と活躍するスウェット。

これを買ったら普通のスウェットでは満足できなくなってしまうかもしれません。soe プルオーバースウェットシャツ

 

スタイルの悪いメンズがオシャレな服装をするためのポイント一覧オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか? 雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド...