ファッション

KAIKOのナイロンウエストポーチは高級感×肩掛けのしやすさが魅力

小柄の小松です。今回は最も使いやすいウエストポーチについて。

荷物をコンパクトにしたいときに便利なのがウエストポーチ。斜めに肩掛けして使う人が多いですが、意外と野暮ったく見えやすいものも結構多め。

そこで今回は使いやすく、活用の仕方も無限大なウエストポーチを紹介します。

KAIKOのナイロンウエストポーチは高級感×肩掛けのしやすさが魅力

こちらが今回紹介するKAIKOのナイロンウエストポーチ

色展開はブラックのみです。

野暮ったく見えない理由は”ショルダー”にあり

ウエストポーチはリュックよりも軽いので、肩に掛けたときのストレスを減らしてくれるスグレモノ。

僕自身も上のウエストポーチで身軽に出かけていた時期がありましたが、実はこういったポーチは肩掛けすると困ったことが起きます。

ショルダーが太いものの場合は野暮ったく見えやすいということです。

https://vokka.jp/12924

ショルダーの太さを誤魔化すには、白い洋服・帽子などを使う必要があります。

女性は髪の毛の長い人が多いのでそういった問題は起きにくい。

実際付けてみるとわかりますが、ウエストポーチは使い方を間違えると妙に浮いてしまいやすい。特に男性だといろいろ工夫が必要になったりするんですね。

そこでKAIKOのウエストポーチですが、まずショルダーにはかなり細身のストラップが使われています。

長さ調整も自由自在で、グレーが混じってるのでアクセントになってくれる。

これだけ細ければ肩掛けしても主張を抑えられるので、通常のウエストポーチよりコンパクトに見せることができます。

帽子を使ってますが、それを抜きにしても肩まわりがスッキリして見えるはず。

ウエストポーチは服装にアクセントを加えてくれる小物ですが、ストラップがコンパクトなら悪目立ちせずに馴染みやすい。

https://zozo.jp/sp/?kid=13080

ストラップの部分だけ見ると”サコッシュ”に近いですね。

けれどサコッシュのボディは四角いので、どこか固い印象が出てしまうこともある。

逆にウエストポーチはカーブした形なので柔らかい印象が出せる。

つまりKAIKOのウエストポーチはサコッシュの良いところだけを取り入れたデザインになっているんですね。

しかもストラップは取り外せるので、別のストラップと交換することもできる。

パンツのループに付けるのもOK。普通のウエストポーチより腰回りをスッキリ見せることに繋がります。

“繋ぎ”のパーツが回転するのも便利です。

細かいですがジップパーツは少しだけ隙間が空いてるので、キーリングなどを付けることもできます。

上の着こなしでは黒いキーリングを付けてますが、他のアクセントをプラスしてもおもしろい。

これ単体でも十分完成度は高いですが、いろいろとアレンジする”余白”があるポーチといえるでしょう。

地味に見えない生地×模様

ところで生地についてですが、ウエストポーチでよく使われる”コーデュラナイロン”が使われています。

これは一般的なナイロンの7倍強度があると言われている高機能素材。

GUのポーチでもよく使われるので、言葉だけ聞いても真新しさはあんまりないですが、KAIKOのナイロンはツルッとした光沢の強いものが使われています。

ジップ部分は水が侵入しない止水ジップ。

ここも特殊な加工がしてあるので高級感のある仕上がりに。

よく見るとチェック柄のような四角い模様が入ってますが、これはリップストップという仕様。

直訳すると”裂けるのを防ぐ”という意味。生地自体は薄くて軽いですが、見た目以上につくりが丈夫なので、普通に使ってれば裂ける心配はありません。

チェック柄になってることで無地より立体的に見えるのもポイント。耐久性とデザイン性の両方を高めてくれる一石二鳥なつくりです。

最小限の荷物で出かけたい人向け

魅力の詰まったウエストポーチですが、唯一の弱点はあまり荷物が入らないということ。

ポケットが前後2ヶ所に付いているとはいえ、そもそもポーチ自体がコンパクトなつくり。

なのでスマホ・財布など最低限の荷物を持ち歩く人向けです。

耐久性が高いのでちょっと多めに入れても壊れませんが、ストラップが細いので入れすぎると重みでズリ落ちてきます。

KAIKOの小物は収納力よりカッコ良さを優先する傾向があるので、あくまで見た目重視のウエストポーチという感じ。

ただストラップが外せるので、大きい鞄のなかに入れて”バッグinバッグ”としても使えます。

あとストラップを別の太いものに交換すればズリ落ちる心配はなくなります。

もとから荷物が少ない人は問題ないですが、そうでない人は工夫して使ったほうがいいかもしれません。

・ポーチとサコッシュのいいとこ取り
・地味に見えない生地×模様
・最小限の荷物で出かけたい人向け

ZOZOでは完売してますが、公式サイトではまだ在庫があるようです。

小さな工夫がたくさん詰まったポーチ。いろんな服装と合わせて楽しむことができるでしょう。KAIKO ナイロンウエストポーチ

 

スタイルの悪いメンズがオシャレな服装をするためのポイント一覧オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか? 雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド...