ファッション

固くてキツいユニクロのセルビッジジーンズの着こなし【サイズ選びがポイント】

小柄の小松です。今回はユニクロのセルビッジジーンズを着こなすためのポイントについて。

ユニクロでジーンズを探していると、ひときわ目立つデニムを見かけることがあると思います。それが今回のセルビッジジーンズ。

ただ店舗で試着しただけだと、他のユニクロジーンズとの履き心地の違いに違和感を感じ、結局買っていないという方も多いのではないでしょうか。

一見使いにくそうなこのデニム。ですが選び方や着こなしのポイントを押さえてしまえば、これまでとは違った新しい着こなしをつくれる優れモノなのです。

固くてキツいユニクロセルビッジジーンズの着こなし【サイズ選びがポイント】

こちらが今回紹介するユニクロのストレッチセルビッジスリムフィットジーンズ

身長162cmでガッシリ体型気味の小松はサイズ30を購入しました。

このサイズ選びが一番のポイントなんですが、そもそもなぜこのジーンズがおすすめなのかをまず書いていきます。

“ツヤのあるデニム”というハイブリッドアイテム

このジーンズの凄いところはデニムなのに光沢感があること。

まずセルビッジジーンズは旧式の織機を使った手間のかかる加工が必要なジーンズ。

洗いをかけていないノンウォッシュデニム(いわゆる”生デニム”)でもあるので、他のジーンズよりも生地にハリがあり、表面にはツヤが感じられます。

洋服はシャツ・スラックスなどのスーツ要素があると大人っぽい印象が強まる傾向がありますが、普通のジーンズはスーツとは真逆のラフなアイテム。

セルビッジジーンズは本来子どもっぽく見えるジーンズに、スーツのような大人っぽさがあります。

つまりデニムでありながらスラックス要素のある上品なアイテムに分類できるのです。

左がユニクロのセルビッジジーンズ、右は色味の近い無印良品のジーンズです。

一見どちらも似たようなジーンズですが、ユニクロのほうが表面に少しツヤがあります。

どちらも素敵なジーンズ。写真で伝えるのはとても難しいんですが、同じジーンズでも素材で印象が変わるというおもしろさがあります。

この小さな違いがあることで、コーディネートに立体感をプラスし、いつものジーンズよりも上品な印象を与えやすくなるんです。

股上に”ゆとり”をつくるサイズ選び

ツヤのあるデニムという魅力的なアイテムですが、サイズは少し大きめを選ぶのがポイントです。

ユニクロの他のジーンズと比べるとタイトで、光沢があることで逆にパツパツさが目立ちやすくなっているからです。

僕はユニクロだとサイズ28を買うことが多いですが、今回は2サイズ上の30を選びました。

サイズを上げるときに一番重要なのは”股上の深さ”です。

ジーンズは股上が少し深いだけで、ゆったりした印象を出すことができるからです。

サイズを上げるとウエストが広がることになりますが、ウエスト部分は実際に履いたときには外から見えません。

けれど股からモモにかけては外から見えます。股上が深いと太ももにゆとりができるので、それだけでパツパツな印象を避けることができるんです。

本来ジーンズはラフなアイテムなので、ゆったりさせると子どもっぽさが強まりますが、表面にツヤがあるのでそこまでダラシなくなることはありません。

ウエストが緩くなるのでベルトが必要になる場合もありますが、パツパツなデニムを履いているよりはゆとりがあったほうがいい。

いつもより股上が少し深くなるサイズを選ぶことで、ほどよくフィットする使いやすいジーンズに見せることができるんです。

革靴との相性がバツグン

ちなみにこのセルビッジジーンズですが、革靴との相性がとてもいいです。

デニムのラフさを革靴が上手くやわらげ、ツヤという共通点があることで違和感のない組合せになってくれるからです。

そして革靴と合わせる場合は、ジーンズの裾をまくる”ロールアップ”が効果的。

革靴はボリュームがあるアイテムなので、明るい裏地を見せてジーンズにもボリュームを出すことで、パンツと靴の繋がりを自然に見せることができます。

そしてサイドには補強のために付いている通称”赤耳”があり、これが着こなしに小さな装飾をプラスしてくれます。

また、繋がりをキレイに見せるためには靴下選びもポイント。今回はミディアムグレーの靴下を合わせています。

パンツと靴の色が近いとはいえ、ロールアップすると上下が分断されて短足に見えやすい。

そこで中間色のグレーを挟むことで、裾から靴まで自然に繋がるように工夫しています。

一般的には白ソックスを合わせる着こなしが多いですが、白は存在感があり汚れも目立つので、グレーのほうが何かと都合がいいでしょう。

ユニクロジーンズの中でも異質といえるセルビッジジーンズ。

僕自身、店舗で見かけるたびに敬遠してきたんですが、実際に買って履き続けていると、他のインディゴデニムにはない独特の魅力を感じます。

サイズ選びや合わせ方を工夫すれば、他のデニムでは表現できない上品なコーディネートをつくることができるでしょう。ユニクロ セルビッジスリムフィットジーンズ

 

【随時更新】スタイルの悪い低身長男子でもオシャレになれるファッションポイント一覧オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか? 雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド...