ファッション

ユニクロ×イネスのフランネルチェックシャツはメンズが着れるレディース服【2021年秋冬レビュー】

小柄の小松です。今回は低身長男子だからこそ着れるレディースのシャツについて。

「自分は身長が低いから洋服のサイズが合わない」

そう悩んでる人に一度試してほしいのがレディースの洋服。とはいっても洋服の形がメンズとは違うことが多いので、全部が全部着れるわけじゃありません。

そこで今回は男性でも着れるデザインのシャツを紹介します。

ユニクロ×イネスのフランネルチェックシャツはメンズが着れるレディース服【2021年秋冬レビュー】

こちらが今回紹介するユニクロ×イネス フランネルチェックシャツ

身長162cmの小松はブラックのXLサイズを購入しました。

子どもっぽくない上品なチェック

まずはこのシャツのデザインから。とてもシンプルですが、チェック柄のシャツになってます。

黒とブラウン・ベージュの3色を混ぜあわせた色味。

チェックは大きい柄から小さい柄まで色々ですが、大きすぎると目立ちやすく子どもっぽいイメージが出やすいもの。

けれどこのシャツは比較的小ぶりなチェックなので、子どもっぽさはありません。

どちらかというと古風なイメージのあるチェック。

洋服界隈では昔ながらのデザインのことを”クラシック”と呼んだりしますが、まさにクラシックなシャツといえる1着です。

全面チェックというシンプルな形ですが、裾脇には赤いステッチが。

このイネスコラボは春夏・秋冬に分けて毎年やってますが、ほとんどの洋服に”赤”を取り入れています。

古風なチェックシャツに鮮やかな赤を入れることで若さをプラスした洋服。

アクセントとしては小さすぎるレベルですが、イネスコラボを象徴する綺麗なデザインの1つです。

秋冬に軽い印象を出せるオープンカラーシャツ

ところでこのシャツ、首元が普通のYシャツと違うオープンカラーになってます。

“開襟シャツ”と呼ばれたりもしますが、襟が最初からV字に開いてるのが特徴。これは春夏などにリゾート地で着るアロハシャツと同じ形です。

秋冬はタートルネックやマフラーなど、首元に高さのある洋服が多め。そういう洋服は暖かく、重たいイメージが出てきます。

けれどオープンカラーシャツなら秋冬の重たさを軽減してくれる。

春夏に着てる人は多いですが、実は秋冬でも大活躍してくれるシャツなんですね。

とはいえ春夏と同じ生地だとさすがに秋冬のイメージに合わない。

でもこのシャツに使われてるのはモコモコしたフランネル素材。いわゆる”ネルシャツ”と呼ばれてるものです。

これなら春夏らしい形でも、秋冬らしさをきちんとキープしてくれます。

・古風なチェック柄
・秋冬らしいネルシャツ
・涼しさのあるオープンカラー

この3つの要素がうまく合わさることで、適度に軽さのある秋冬シャツに仕上げているんですね。

そしてシャツの裾は横一線に伸びたボックス型。

普通のYシャツは裾が緩やかにカーブしてますが、オープンカラーシャツは真逆ともいえるストレートな形。

なので裾からTシャツをチラ見せしたり、パンツのキーリングを引っ掛けるなどアレンジする”余白”があります。

脇にはスリット(切り込み)が入っています。

スリットがあると腰回りにゆとりができるもの。

なのでお腹まわりの体型が気になる人でも、窮屈になりにくい仕様です。

それと細かいですが、袖先は”絞り”が入ってます。

こうすることで袖まわりをキュッと細く見せ、ダボっとした印象が出ないつくりに。

ボタンを閉じれば袖先をシャープに見せられるし、開けて長い袖丈にすればゆったりした雰囲気を出すこともできます。

ちなみにボタンは4つと少なめ。

普通のオープンカラーは5個付いてますが、1個少ないのでボタン同士の間隔は少しだけ広め。

襟裏にボタンが付いてるオープンカラーもありますが、このシャツにはそれもありません。

なので首元を高くして使いたい人は、ネクタイを合わせる必要があります。

そのときはオンオフ使える”ニットタイ”を合わせるのがベターでしょう。

低身長だからこそできるシルエット

このシャツは主に女性が着ることを想定したアイテム。

「いやいや、女性の服なんて着れないよ」と感じる男性は多いかもしれません。

でもレディースだからこそできる服装というのがあります。

僕は身長162cmと低めですが、そういう男性ほどレディースの服を取り入れやすいのです。

このシャツは裾丈が比較的短め。

ユニクロの洋服はXSから3XLまで幅広いサイズを展開してますが、男性のXSサイズよりも裾丈は短いです。

けれど女性用のXLサイズなので、横幅はある程度広い。

ちょっと分かりにくいですが、こんな感じです。

メンズのシャツだと、これより丈が長すぎてダボっとした印象が出てしまう。

下半身は少し緩いワイドパンツを合わせてますが、シャツの裾丈が短めなので比較的コンパクトにできる。

つまりシャツの裾をパンツに入れ込む”タックイン”をしなくても、スッキリ見せることができるのです。

ただしレディース服なのでシャツのボタンは”逆向き”です。

メンズシャツはボタンが右側に付いてますが、レディースは左側に付いている。

最初は抵抗があるかもしれませんが、何度か着てれば段々慣れてきます。

それと襟のVラインは少しだけ角度がシャープです。やや女性的な印象になります。

ただ男性でも着れる古風なチェック柄なので、そこまでレディースっぽさは出ません。ブラックを選んだのもレディースっぽさを減らすため。

気になる人はクルーネックTを重ね着して、首元を埋めてあげるのがベター。実際僕もそうやって着る予定です。

洗濯前後の伸び縮みも比較しました。

全体的に少しだけ縮むイメージです。

サイズを上げすぎるとVラインが下がりすぎになりますが、男女どちらが着るにしても、少しだけ緩いサイズを選ぶほうがいいでしょう。

・子どもっぽくない上品なチェック柄
・秋冬に軽さを出せるオープンカラー
・タックイン不要でワイドパンツと合う

ぜひ購入を検討してみてください。ユニクロ×イネス フランネルチェックシャツ

 

スタイルの悪いメンズがオシャレな服装をするためのポイント一覧オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか? 雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド...