ファッション

【レビュー】ユニクロ×セオリーのストレッチシャツジャケットは「キメすぎにならない黒シャツ」

小柄の小松です。今回は気軽に着れる黒シャツについて。

白シャツは基本的な洋服なんて言われてますが、逆に黒シャツは単体で着るとちょっとキメすぎな印象が出やすいアイテム。

なので黒シャツはそもそも選び方に気をつけるのがベター。

今回はその理想ともいえるシャツをユニクロで見つけたのでレビューしたいと思います。

ユニクロ×セオリーのストレッチシャツジャケットは「キメすぎにならない黒シャツ」

こちらが今回紹介するユニクロ×セオリーのストレッチシャツジャケット

色はブラックのみ。身長162cmの小松はLサイズを購入しました。

キメすぎにならないデザインの黒シャツ

まずはこのシャツのデザインについて。

いわゆるYシャツではなく、全体的にスポーツ要素の強い1着です。

パーカー・スウェットパンツなど、スポーツ系の洋服はラフな印象のあるアイテム。

その要素を黒シャツに取り入れることで、単体で着てもキメすぎにならないよう工夫されているのです。

まず分かりやすいのはボタン部分です。

普通のシャツはボタンの反対側に穴がついていて、そこにボタンを通して着るもの。

けれどこのシャツはパチンと留めるスナップボタン式。

これは”コーチジャケット”と呼ばれる洋服のつくりです。

コーチジャケットはスポーツの印象が強い洋服。イベント会場でスタッフさん達が着てることも多いです。

つまりビジネスシャツなどとは全く違うつくりです。そうすることで黒シャツの大人っぽさを和らげてくれているんですね。

ボタンだけでなく、基本的にこのシャツはコーチジャケットの特徴を散りばめたもの。

裾には左右どちらにもコードが付いてます。

ここを引っ張れば洋服の横幅を絞れる。つまりシルエットを太くも細くもアレンジできます。

公式ではレディース服として展開してるシャツなので、もともとの横幅は広め。

着こなしによってはそのままでもOKですが、男性が着る場合は、最初からある程度コードを絞ってあげるのがいいでしょう。

ポケットは大きめで、普通のシャツより低い位置に付いています。

こういった仕様は”ユニクロU”でも多いですが、普通より低い位置に付いてると、少しラフな印象をプラスできる。

これも黒シャツの印象を和らげることに繋がってます。

それと細かいですが、裏側は中央に縫い目が入ってます。

普通のシャツだと1本か2本の”絞り”が入ってますが、その代わりのようなデザイン。

あくまで縫製の1つですが、後ろから見てもこれがデザインとして映えるように感じます。

袖先も同じようにスナップボタン式。

けれど影になってるところには”絞り”が入っていたり”カフスボタン”も付いてます。

デザインの基本はコーチジャケット。けれど少しビジネスシャツの雰囲気を残すことで、適度に大人っぽく見える工夫をしてるといえるでしょう。

3シーズン使える生地の厚さ

デザインだけでなく、生地も普通のシャツとは違います。

ビジネスシャツは”ブロード”という光沢のあるコットンが主流。

けれどこのシャツはポリエステルを中心に使っていて、動きやすさを重視した素材。

つまり素材もコーチジャケットの要素を取り入れてることになります。

さらにレーヨンという光沢のある素材を混ぜているので、少し大人っぼく見えます。

春夏のセオリーコラボはサラッとした生地が多く、今回も薄手かと思ってましたが、このシャツは予想より厚手。

ブラックという色の効果もあって、秋冬に着ても全く違和感のない生地です。

真夏に着るのはちょっと暑いですが、これなら春秋冬の3シーズン使うことができるでしょう。

裾脇にはポケットが付いてます。

正面からは見えない位置に付いてるので、黒シャツのスッキリした印象は変わらず。

ボタンを閉じれば1枚で着れるシャツ。ボタンを開ければ羽織りとしても使えます。

ポケットの裏側にも空間があるので、ここにもモノを入れることは可能。

ただシャツの綺麗な形が崩れてしまうので、ここは使わないほうがベターかと思います。

サイズ選びは「腰位置がバレない着丈」がベター

「横幅が広い」と書きましたが、それに対して着丈は比較的短め。

公式画像では身長173cmの女性モデルさんがMサイズを着てますが、162cmの僕がLサイズを着ても問題なし。

着丈が短すぎると腰位置がバレて体型が悪く見えやすいので、それもあってLサイズにしました。

シャツ襟は少しコンパクトですが、そこまで小さいというわけじゃありません。

なので男性が着ても大きな違和感はなし。

僕は首が太めですが、Lサイズなら第1ボタンまで留められます。

ただ上まで閉じると顔が大きく見えやすい。なので実際はボタンを1,2個開けて着るのをメインにします。

普通の黒シャツよりキメすぎにはなりませんが、合わせる洋服はどこかにラフな要素があったほうがいい。

そこで黒いパンツを選ぶときは、ジーンズやスウェットパンツなどを合わせるのがいいと思います。

どうしてもスラックスを使いたい人は、足元を白スニーカーにするなど。

個人的には同じスポーツ要素のあるスウェットパンツを合わせるのがオススメです。

・キメすぎにならないデザインの黒シャツ
・3シーズン使える生地の厚さ
・「腰位置がバレない着丈」がベター

ぜひ購入を検討してみてください。ユニクロ×セオリー ストレッチシャツジャケット

 

スタイルの悪いメンズがオシャレな服装をするためのポイント一覧オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか? 雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド...