ファッション

【ユニクロU】オーバーサイズフーデッドブルゾンはサイズ選びがカギ【2022年春夏レビュー】

小柄の小松です。今回は長いシーズン活躍する手軽なアウターについて。

春にジャケット・コートはハードルが高くてキメすぎになるから苦手。そこで「パッと羽織れてダラシなく見えないアウターが欲しい」という方もいるはず。

そんな悩みを解決できて、日常生活でも便利なアウターをユニクロUから紹介。

いろんな人が絶賛してる人気アイテムですが、特に重要だと思うサイズ選びのポイントも書きます。

【ユニクロU】オーバーサイズフーデッドブルゾンはサイズ選びがカギ【2022年春夏レビュー】

こちらが今回紹介するユニクロUのオーバーサイズフーデッドブルゾン

身長162cmの小松はブラックのSサイズを購入しました。

雨の日にも対応できる機能性抜群な1着

まずこのアウター、パッと見の印象は襟元が立ち上がった”スタンドカラー型”です。

ただフーデッドという名前の通り、襟の内側にフードを収納しているのが最大のポイント。

必要に応じてフードを出し入れできる、機能性の高さがウリの1着です。

フードは襟の左側からジップを開けて出し入れする仕組み。

使わないときはジップが外から隠れるつくりになっています。

実際に開けてみるとこんな感じです。

生地は薄手なので、基本的には雨の日にサッとかぶる目的で使うのがベター。

肉厚なスウェットパーカーと比べたら頼りない印象が出るので、ボリュームを出したければフード付きのコートに重ねてあげるのがいいでしょう。

ところでこういう収納式のフード。一見便利そうですが、いざかぶってみると風でフードがパタパタと動いてしまうなんてこともありがち。

フードが独立してるぶん、どうしてもジップやコード付きのパーカーより不安定になってしまうんですよね。

自転車に乗ってるときにフードが揺れるとストレスになったりします。「便利だと思ったけど、結局フードは使ってない」なんてことも多いはず。

けれどこのブルゾン、その問題を解決するためにコードが付いてます。

ここをギュッと絞れば風が強くてもフードは安定しやすい。

左右2つに付いていますが、単純に洋服を地味に見せないアクセントとしても機能してくれる。

こういうデザインと機能性を兼ね備えたつくり。ユニクロUらしいなと感じます。

次にボディ中央の切り替え部分。

こういう布の切り替えは”ヨーク”と呼ばれるらしいですが、通気性を良くするために内側と繋がっています。

写真だと伝わりにくいですが、手を入れると袖脇に繋がってることがわかります。

その幅は結構広めですが、実際に確かめてみるまでどこが繋がってるかわかりませんでした。かなりさりげない作り。

生地自体の涼しさもありますが、あくまで軽い羽織りとしてデザインしてるのがわかります。

付いてるジップはすべてボディと同色。

金具はシルバーのほうが好きという人もいるかもしれませんが、色の切替がないぶん全体的に大人っぽい印象が出ています。

金具は少しだけ大きいので、物によってはここにキーホルダーを通すこともできます。

続いて収納力について。

オモテのポケットは左右に2つ。同じくジップが同色なので目立たないつくりです。

ゆったりした作りなので、スマホなど複数の小物を入れる余裕があります。

裏側にもポケットとして使えそうなスペースあり。

こちらも左右に付いてますが、個人的にはあまり使わないほうがベターだと思います。

もう1つありがたいのは、裾のコードが隠れるようになってること。

スポーツ要素の強い服はコードが外から見える位置に付いてることが多い。

今回の服はあくまで”ブルゾン”なので、そもそもジャケットよりはラフな部類。

そこでコードを隠すことでスッキリさせ、大人びた要素を強めているんですね。

小さなことですが、実際コードの有り無しで洋服のイメージは変わります。

これはどちらが正解というより、どう見せたいかの違いだと思います。同色のジップもそうですが「ブルゾンだけど大人っぽい服」をテーマにしているのでしょう。

イギリスの老舗ブランドのような風合い

このブルゾンの素材はコットン100%。

「シワのある綿素材=ラフで子どもっぽい」と思いがちですが、実物を見たらそうは感じにくいはず。

光沢のあるコットンが使われているからか、不思議と大人っぽい印象が漂っています。

あくまで近い風合いという話ですが、ワックスドコットンを意識しているのかもしれません。

ワックスドコットンとはオイルを染みこませた綿素材のこと。イギリスの老舗ブランド「バブアー」が得意としてる高級感のあるコットンです。

イギリスは「1日の中に四季がある」と言われるほど気候の変化が激しいらしいのですが、今回のブルゾンも気候の変化に対応しやすい1着。

さすがに真冬のアウターとして使えるわけじゃないですが、イギリスっぽさを感じさせる風合いになっていると思います。

サイズ選びのカギは”袖丈”にあり

最初はXSサイズを買うつもりでしたが、実物を着てみてSサイズに変更しました。

1番の理由は”袖丈”です。

XSだと袖丈が妙に短くなってしまうので、それを避けるために1サイズUPしました。

ピンと伸ばすと親指の付け根くらいまでの長さでしたが、先端がリブで絞ってあるので動いてると上に引っ張られてしまう。

袖丈は長すぎるとダラシないですが、短くすぎると逆に妙な違和感が出やすい。腕が短い僕でもXSは相当短かったです。

XSサイズはオンライン限定で数も少ないので完売しやすいですが、このブルゾンに関してはある程度身長が低くてもS以上で大丈夫でしょう。

そのぶん着丈は長くなってしまいますが、これは裾のコードを引っ張れば解決できます。適度に絞れば裾を引き上げることができるので。

写真はコードを軽く絞った状態。

基本的に細身のパンツを合わせればOKですが、絞り具合によってはフレアパンツなどを合わせてもバランスが取れると思います。

ちなみに肩まわりは縫い目ない”ラグランスリーブ”です。

身体に合わせてストンと落ちてくれるので着心地は快適。

袖脇もゆとりがあるので、中に厚手の洋服を重ねても引っ掛かる心配がありません。

細かいですが、袖裏の中央には2ヶ所縫い目があります。

ここだけ袖が少し絞られる作りになっている。おそらく袖のカーブを立体的にするための工夫です。

1サイズ上げると着丈は長くなりますが、横幅や袖のボリューム自体はダラシなく見えない。

見た目はどこでも買えそうなほどシンプル。けれど着てみればその綺麗なバランスを実感できると思います。

・雨の日にも対応できる機能性抜群な1着
・バブアーを再現したような風合い
・サイズ選びのカギは”袖丈”

ぜひ購入を検討してみてください。ユニクロU オーバーサイズフーデッドブルゾン

 

スタイルの悪いメンズがオシャレな服装をするためのポイント一覧オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか? 雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド...