ファッション

ユニクロUのレギュラーフィットワークパンツをレビュー【2021年春夏】

小柄の小松です。今回はユニクロUのチノパンについて。

「オンオフ使えるチノパンが欲しい」
「なるべく細身がベター」
「スラックスとは別のパンツを使ってみたい」

こういったものを探してる人向けのパンツを紹介します。

ユニクロUのレギュラーフィットワークパンツをレビュー【2021年春夏】

こちらが今回紹介するユニクロUのレギュラーフィットワークパンツ

身長162cmの小松はブラックのサイズ70(XS相当)を購入しました。

チノパンだけど上品な素材

チノパンと聞くと作業着のイメージが強いかと思いますが、このパンツは普通のチノより大人っぽい素材が使われています。

黒なので分かりにくいですが、かなりハリのある生地で上品さ・耐久性を兼ね備えた風合い。

チノパンはジーンズよりは大人っぽく、スラックスよりはラフという微妙な位置づけのパンツ。

けれどユニクロUのワークパンツは素材だけ見ると限りなくスラックスに近いといえるでしょう。

また、デザインを見ても細かい工夫が感じられます。

たとえばウエスト中央はボタンホールが付いておらず、スッキリとした形。これはユニクロUのスラックス型パンツと同じ仕様です。

つまりこの部分に関してはスラックスの大人びた要素を意識したデザインになっているんですね。

そしてベルト無しの状態でシャツ・Tシャツを裾にタックインしても、腰まわりを綺麗に見せることができます。

一方バックポケットはよりラフな仕様。

ボディの上から叩きつけた”パッチポケット”になっています。

これはユニクロUが毎年チェスターコートと同じようなつくり。

パッチポケットはスーツのポケットと比べて目立つので、よりラフな普段着の印象が強くなるデザイン。

ユニクロUはこういったワークやアウトドアなどの要素を散りばめて、洋服のイメージを調整することが多いです。

ベルトを通すループ部分もかなり太めですね。

普通のスラックスのベルトループより高さもあるので、大きいベルトでも難なく通すことができます。

サイドポケットは一般的なチノパンと同じ形。

ポケットの角度が斜めなので、スラックスとジーンズの中間といったところ。

このポケットの角度のおかげで、シャツ・Tシャツをタックインしたときに縫い目がちょっとしたアクセントになってくれる。

単純に手が入れやすいというメリットもありますね。

✴︎参考 ユニクロU公式画像

ポケットもそうでしたが、パンツ裏も普通のチノパンと同じく裏地が白くなってます。

基本に忠実なデザインですが、汚れやすいので個人的にはあまり好きではないですね…。

素材を大人っぽくしてるとはいえ、総合的に見ると今回のワークパンツはあくまで”チノパン”。

細かいデザインの足し引きが感じられるアイテムといえるでしょう。

細すぎず太すぎないシルエット

続いてパンツのサイズ感ですが、細すぎず太すぎないストレートシルエット。

ユニクロの通常ラインのチノパンと比べるとゆったりしてるので、脚が多少太くてもパンツに引っかかる心配はないと思います。

股上もやや深め。ブカブカにならない程度のゆったりさがあります。

実はパンツの股上が浅いと腰回りがパツパツになりやすいもの。場合によってはウエスト・ヒップよりも股上のほうが重要だったりします。

パンツ自体がストレート型なことも合わさって、体型がバレにくいサイズ感だといえるでしょう。

パンツの中央には”センタークリース”というラインが入っています。

綿とポリエステルを使うことでセンタークリースが取れにくくしてるようです。

1番小さいサイズ70を選びましたが、短足な僕だとそのまま履いたら長め。

なので裾を2回まくり”ロープアップ”して穿くことにしました。

パンツの生地が薄いとロールアップしたときに裾が横に広がってしまいますが、このパンツは生地が厚いので比較的キレイなロールアップにできます。

お直しで裾丈を短くするというのもアリですが、ロールアップしたほうが足元の装飾が増えるので、着こなしに適度なアクセントを加えてくれるでしょう。

スラックスとは”別物”だと考えよう

今回のユニクロUにはレギュラーフィットパンツというスラックス型のものもありますが、ワークパンツとは”別物”と考えたほうがベターです。

パッと見は同じ黒いパンツですが、よく見ると生地の硬さも色合いも違う。

チノパンとスラックスはそもそものルーツが違うので、合わせる洋服選びも変えたほうがいいです。

「黒いパンツは1本持ってるからOK」とは限らない。そこに洋服の難しさ・おもしろさがあると思います。

僕はあまりチノパンを穿くことがなかったんですが、相性がいいのは”シャツ”ではないかと感じます。

ビジカジ(ビジネスカジュアル)なんて言葉がありますが、チノパンはジャケット・シャツに合わせる提案が多い。

作業着のイメージが強いチノパンを、大人びたスーツ要素のあるアイテムで柔らげるというイメージです。

上の着こなしはオンなのかオフなのか微妙な組合せになってしまいましたが、スーツ要素のあるアイテムに合わせるという基準は持ってていいと思います。

チノパンは実際に穿いてみると意外と難しい。繰り返しになりますが、スラックスとは”別物”と考えてみてください。

・チノパンだけど上品な素材
・細すぎず太すぎないシルエット
・シャツとの組合せをベースにする

あくまで提案ですので悪しからず。

ぜひ購入を検討してみてください。ユニクロU レギュラーフィットワークパンツ

 

スタイルの悪いメンズがオシャレな服装をするためのポイント一覧オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか? 雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド...