ファッション

ユニクロUのラグランVネックカーディガンをレビュー【2021年春夏】

小柄の小松です。今回はユニクロUのカーディガンについて。

「春夏に便利な羽織りが欲しい」
「地味に見えない素材はないか?」
「手持ちの服と合わせやすいと理想的」

こういった悩みにピッタリな洋服を、ユニクロUの2021年春夏モデルから紹介します。

ユニクロUのラグランVネックカーディガンをレビュー【2021年春夏】

こちらが今回紹介するユニクロUのラグランVネックカーディガン

身長162cmの小松はブラックのLサイズを購入しました。

春夏に最適なサラッとした素材

パッと見は普通のカーディガンですが、この服の最大の特徴は生地の編み方です。

いわゆる”ニットカーディガン”にあたりますが、編み目が太くて立体的に見える仕様。

今回ブラックを購入しましたが、その編み目のおかけで一般的な黒カーディガンより地味にならないようになっています。

ボディ部分をよく見ると、秋冬のスヌードのようなリブ編み。

中央はボディと比べて控えめですが、ここもデコデコとした表情のある編み方です。

とはいえ触り心地はサラッとした質感なので、あくまで春夏仕様。

ハンガーに掛けると分かりやすいですが、インナーが見えない程度に”透け感”がある素材。

ここ数年のユニクロだと、エアリズムカーディガンというツルっとした素材のものが人気ですが、地味に見えないという点ではこのカーディガンのほうが便利です。

デメリットをあげるとしたら、引っかかったら穴が空きやすいこと。

特にハンガーに掛けるときは要注意。先端が尖ったハンガーだと、引っかかった部分から穴が広がる可能性があります。

あとは手洗い推奨になってることでしょうか。

ザックリした編み目の服はどうしてもデリケートなので、手洗いorクリーニングで対応するのがベターです。

イージーケアな服が欲しい人には不向きですが、それを気にせず春夏らしい素材を楽しみたい人にはピッタリな洋服といえるでしょう。

ちなみにボタンは至ってシンプルなプラスチック製。”ヒビ割れ”を再現する加工もされてません。

最近のユニクロはボタンの作りもかなりこだわってますが、その流れから考えると違和感を覚える方もいるかもしれません。

おそらくリブ編みだけが強調できるよう、あえて目立たないつくりのボタンにしたのでしょう。”ケチってる”とかではないはずです。

ボタンを閉じてもスッキリ見えるVライン

商品名の通りVネック型のカーディガンですが、普通のカーディガンより第1ボタンの位置が高くなってます。

これはどういうことかというと、ボタンを閉じたときに綺麗にまとまる形なんですね。

クルーネックの服が浸透してきた反動で、いま洋服のトレンドはVネックに移行してきています。

Vネックの洋服というとTシャツ・セーターなどがわかりやすいですが、カーディガンもボタンを閉じれば近い形におさまる。

https://store.tomorrowland.co.jp/shop/tomorrowland/item/view/shop_product_id/44230

とはいえ普通のカーディガンだとVラインが下に落ちてるので、ラフな印象が強くなります。

カーディガンにシャツ・Tシャツなどのインナーを合わせる場合、インナーの見える面積が広いとノッペリした印象が出やすい。

そこでユニクロUのカーディガンはVラインを浅くし、襟元が高くなるよう調整しています。

こうするとインナーの見える面積が減るので、スッキリとした大人っぽい要素が強くなる。

襟が太めになってるのも普通のカーディガンと違うポイントです。

今回Lサイズを選んでますが、これは公式画像で身長187cmのモデルさんが着ているサイズ。

つまり身長162cmの僕にとってオーバーサイズですが、普通のカーディガンだと襟がもっと低くなり、サイズが合ってない印象が出やすい。

けれどもともとの襟が高いのでサイズUPしても問題なし。なのでサイズ選びに困ることはあまりないはずです。

一見シンプルですが、素材だけでなくVネックのトレンドも反映させた形になっているんですね。

2021年春夏の洋服トレンドデザインを予想【Vネック×セットアップ】①クルーネックの反動でVネックが広がる/②モックネックはVネック型と相性がいい/③広い意味での"セットアップ"が増える。「トレンドの本質を知ること」が最大のポイントです。...

サイズ選びのカギは身幅と袖丈

ところでLサイズを選んだ理由ですが、これは身幅と袖丈を考えた結果です。

まず身幅についてですが、僕は体型がガッシリめなので、Mサイズでボタンを閉じると少し窮屈な印象が出てしまう。

ボタンをあけて着るぶんにはMで問題ないんですが、Vラインをつくってシャツを見せる着こなしがしたかったのでLサイズにしました。

次に袖丈ですが、こちらは袖まわりに”クッション”をつけることを考えました。

普通に着るぶんにはMサイズで問題なかったですが、袖丈がジャストだと普通のカーディガンに見えてしまう。

最近は”袖にボリュームのある洋服”が増えていますが、それを再現するために長い袖丈になるLサイズを選びました。

「袖丈が長いとダラしなくなるのでは?」と感じる方が多いと思いますが、実はこのカーディガンは問題ありません。

なぜなら先端が細いリブ編みになっているので、手首まわりで固定できるから。

つまり多少袖丈が長くても”萌え袖”にはならず、適度なクッションをつけられる。

ダラしなく見えない程度に袖にボリュームを出すことができるんですね。

ただしこのセーターを実際に着ると公式の表記より着丈が長くなります。

生地がザックリした編み目になってることで、服そのものの重みで少し伸びてしまうからです。

そう考えるとサイズUPする場合はブラックが1番おすすめです。

他にオフホワイトとブラウンがありますが、どちらも黒より膨張して見えるので生地の伸びが目立ちやすい。身幅の膨らみもダラしなく感じるはず。

ジャストサイズを選ぶ場合は他の色でもOKですが、サイズUPを考えてる人はブラックを選ぶのが安定でしょう。

しかも黒を選べばシャツの色が明るくてもバランスが取りやすい。総合的に見たらやっぱりブラックが便利ですね。

・春夏に最適なサラッとした素材
・ボタンを閉じてもスッキリ見えるVライン
・サイズ選びのカギは身幅と袖丈

あくまで提案ですので悪しからず。

ぜひ購入を検討してみてください。ユニクロU ラグランVネックカーディガン

 

スタイルの悪いメンズがオシャレな服装をするためのポイント一覧オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか? 雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド...