ファッション

ユニクロUのウールブレンドジャージーパンツはまるで高級スラックス

小柄の小松です。今回は2020年秋冬ユニクロUの傑作スラックスについて。

オシャレな人達の間で普段着としてすっかり定着したスラックス。

ユニクロUでも定番となってるワイドフィットテーパードパンツというのがありますが、今回紹介するのはそれを上回る高級感のあるスラックス。

その魅力を1つひとつ説明していきたいと思います。

ユニクロUのウールブレンドジャージーパンツはまるで高級スラックス

こちらが今回紹介するユニクロUのウールブレンドジャージーパンツ

身長162cmの小松はダークグレーの73サイズを購入しました。

ワイドフィットテーパードと全く違う素材

2020年ユニクロUにはスラックスが2型ありますが、そのうち値段が高いのが今回のジャージーパンツ。

けれどこのパンツは値段の倍以上の価値があると感じます。その決め手になってるのは素材の風合いがバツグンに良いこと。

毛羽立ちのおかげで秋冬らしい暖かさがあるスラックスですが、実際に見るとかなり高級な雰囲気が漂ってる1本。

使われる素材はウール・ポリエステル・ナイロンの3種類。

これは同じ素材のジャケットとセットで着ることを想定したものですが、見た目の重さに反してかなり動きやすく、着心地もかなり良い。

ウールで高級な印象を出しつつ、化学繊維を混ぜることで生地にハリや伸縮性をプラスしてくれているんです。

裏返してみるとこんな感じ。

なんとも不思議な形ですが、着心地と歩きやすさを考慮したつくりになっています。

近くで見るとわかりますが、股下と膝前がポリエステルの別布が貼り付けてあります。

これのおかげで素足で穿いたときにウールがチクチクするのを防いでくれるんですね。

毛羽立ちのあるウール100%だとどうしても肌に触れたときにストレスを感じやすいもの。

裏地を工夫することで着心地をアップさせ、けれどオモテからは高級な雰囲気がきちんと出ている。日常着としての使いやすさを追求するユニクロらしいアプローチといえるでしょう。

ユニクロUのワイドフィットテーパードパンツと比較すると、より素材の違いがわかるかと思います。

もちろんワイドフィットが粗悪品ということではありません。こちらもかなり作りが丁寧で、ユニクロらしい工夫が詰まった1着です。

けれどワイドフィットは肉厚なポリエステルを使って高級感を出してるパンツ。ポリエステル=安っぽいとは限りませんが、それでも風合いはウールスラックスには敵わないという印象。

試しに店舗で試着してみてください。素材に限っていえば、これまでのユニクロUの中でも指折りの完成度であることがわかるかと思います。

シルエットはストレート寄り

素材が1番の魅力ですが、もう1つワイドフィットテーパードとは違う特徴があります。

それはシルエットが少しストレートパンツ寄りということです。

ワイドフィットは名前の通り裾に向かって細くなったテーパード型。

ゆったりした腰回りから、裾にかけて逆三角形を描いたような形が特徴です。

一方のジャージーパンツは腰回りが比較的細め。

写真だとわかりにくいですが、ふくらはぎから裾にかけてはテーパードしておらず、直線的なストレート型になっています。

海外コレクションなどを見ると、スラックスはテーパードよりフレアorストレート型が増えている印象があります。

これは裾まわりにボリュームのあるパンツが徐々に主流になるということなんですが、いきなり女性的なフレアパンツを展開しても男性だと抵抗を感じる人も多いはず。

そこでユニクロUはストレート型のスラックスを出すことで、男性でもトレンドを取り入れやすいパンツを提案しているのでしょう。

今季は他にジーンズやコーデュロイパンツなども展開してますが、そちらもテーパードではなくストレート型。

ワイドフィットは「これまでのトレンド」に合わせたスラックス。ジャージーパンツは「これからのトレンド」に向けて作られたスラックスといえるでしょう。

ちなみに短足な僕は裾上げしましたが、裾はダブル仕上げにしています。

既製品通りシングルでも良かったんですが、足元にちょっとした装飾があるほうが靴との繋ぎめがキレイになるので、お直し屋で3.5cm幅で仕上げてもらいました。

ユニクロではこのパンツをダブルにすることができないようなので、やりたい方は外部のお直し屋に行ってみてください。

丈の長さはまだ試行錯誤中ですが、アンクル丈ではなく「靴に少しかぶさる長さ」が良いかと思います。

アンクル丈ではなく中途半端な丈にしたほうが、トレンドに寄った着こなしをつくることができるでしょう。

スラックスのロールアップは落ちるしシワがつくので、ダブルにお直しが正解?小柄の小松です。今回はスラックスをアンクルパンツとして使うときの注意点と解決策について。 ジーンズの着こなしとしてファッション雑誌...

 

サイズ感はジャケットと違ってもいい

サイズ選びのポイントですが、同素材のジャージーテーラードジャケットとは違うサイズにしたほうがいいかもしれません。

僕はジャケットをXSサイズにしましたが、脚が太いのでパンツは70ではなく1つ上の73サイズが適してました。

ジャケットはボタンを閉じる・開けるの2パターンで使えますが、パンツは脚がパツパツだとどうしようもない。

幸いSMLではなくウエストで分かれた細かいサイズ展開になってます。

なのでたとえば76が難しければ79を選んでもいいですし、体型によっては82でも良い場合もありえます。

基本的には同素材のジャージージャケットとセットで着るのがおすすめ。

これはジャケットの記事でも書きましたが、かなり独特の風合いがあるので、服装によってはパンツだけが浮いてしまう可能性が高いからです。

単体で使いたい場合は、他の服との色合わせやスラックスに負けない素材を選ぶことが重要になってくると思います。

・高級感があって動きやすい素材
・シルエットはストレート寄り
・サイズ選びは少し大きめ推奨

ワイドフィットテーパードパンツもかなり使いやすくて便利ですが、高級感とトレンドのことを考えるとこちらに軍配があがります。

ジャージージャケットもそうでしたが、このパンツも2020年秋冬ユニクロUの最高傑作といえるでしょう。ユニクロU ウールブレンドジャージーパンツ

 

2020年秋冬ユニクロUのジャージーテーラードジャケットが最高傑作な3つの理由小柄の小松です。今回は2020年秋冬ユニクロUの傑作アウターについて。 海外コレクションの影響もあり、最近はいろんなブランドがジャ...
【随時更新】スタイルの悪い低身長男子でもオシャレになれるファッションポイント一覧オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか? 雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド...