ファッション

2021年春夏ユニクロUのオープンカラーシャツをレビュー【洗濯後のシワは?】

小柄の小松です。今回は自由に形を変えられるオープンカラーシャツについて。

「安っぽくないオープンカラーシャツが欲しい」
「オーバーサイズはあまり好きじゃない」
「シャツの数は最小限に抑えたい」

こういった悩みを抱える人にピッタリなシャツを紹介。2020年春夏の通常ラインとの比較もします。

2021年春夏ユニクロUのオープンカラーシャツをレビュー【洗濯後のシワは?】

こちらが今回紹介するユニクロUのオープンカラーシャツ

身長162cmの小松はワインのXSサイズを購入しました。

普通のシャツにもなる襟の形

数年前からすっかり定番化したオープンカラーシャツ(開襟シャツ)ですが、その特徴は”襟が寝ている”こと。

普通のシャツは襟が高くなっていますが、オープンカラーシャツは胸元が開いていて、開放感のあるアイテム。

なのでYシャツなどと比べるとラフな雰囲気があるシャツといえるんですね。

ただ今回のオープンカラーシャツは襟の形を変えることができる仕様。

襟にボタンホールがついていますが、実は第1ボタンが裏側に隠れていて留めることができます。

つまりボタンを留めれば普通のシャツとして使えるということです。

http://www.y-shirts.jp/collar/open.html

それだけなら多くのオープンカラーシャツもできるんですが、ユニクロUは少し形が違います。

一般的なオープンカラーシャツは第1ボタンを”ループ”を使って留めるもの。

けれどユニクロUはループではなくボタンホールにしています。

こうすることでシャツがなるべくスッキリ見えるよう工夫しているんですね。

実際にボタンを留めるとこんな感じ。

色はカラフルですが、形は普通の半袖シャツに見えます。つまり2通りの使い方ができるということ。

ボタンを留めるとポケットの位置が低く見えますが、こういったポケットを低く見せるのはユニクロUでは定番のアプローチです。

ちょっと分かりにくいですが、2020年の通常ラインのものと比べると襟が少し大きめ。

おそらくボタンを閉じたときにドレスシャツに近くなるよう工夫しているのだと思います。

しかもユニクロUのほうが首元の”Vライン”が少し浅い。

Vラインが深いと肌の露出が増えてラフに見えるもの。逆に首元が高いほうがスーツ要素が強く大人っぽく見える。

つまり首まわりに関しては、限りなくドレスシャツに近くなるようデザインを工夫しているということです。

シルエットは適度なオーバーサイズ

一方、全体の印象としては少しだけルーズなシルエットに見えます。

まず肩幅が広く、袖丈も少し長めなのが大きな理由。

袖を半端丈にすることで、適度にゆったりしたサイズに見えるよう調整しています。

細かい話ですが、袖先とその近くの縫い目の感覚も広め。

ここを少し目立つようにして、ラフな印象をプラスしています。

実際に着てみると袖はあまり横に広がらず、どちらかというと直線的な形になります。

袖丈は長いけど袖幅は狭い。感覚としては5部袖のTシャツに近いです。

裾にはスリットが入っているので、少し体型がガッシリしてても腰回りがキツくなる心配はありません。

シャツの裏にも”絞り”がないので、身幅は適度にゆったりしています。

オーバーサイズの名残は感じられますが、あくまで細身な印象をキープできるようなサイズ感といえるでしょう。

綺麗な風合いはアイロン掛けでキープ

このシャツに使われてる素材は綿100%ですが、面白いのはその風合い。

まるでリネンが入っているようなサラサラのした質感があり、生地自体も軽い。

まさに春夏に適した素材となっています。

ちょっとだけ透けるようになってますが、肌着がガッツリ透けるというレベルではないです。

2021年はこういった”透け感のある服”が増えていますが、そのトレンドをきちんと踏まえた素材になっているんですね。

2021年春夏の洋服トレンドが「明るい色・花柄・シースルー素材」な理由①明るい色を1点プラスする/②フラワー柄は選び方に注意/③軽くてサラッとした"透け感"を取り入れよう。「世の中の暗いムードをファッションで和らげる」というテーマが感じられます。...

ただしこのシャツの欠点はアイロン掛けをしないとシワシワになってしまうこと。

暗い色なので遠目からは分かりにくいですが、ポケット部分はどうしてもシワが目立ってしまう。

2020年の通常ラインはシワが出にくい加工がされてましたが、今回のユニクロUは素材の風合いを優先したと思われます。

アイロン掛けは面倒ですが、このシャツは是非アイロンをかけてあげてほしい。

画像だと分からないですが、よく見ると薄いストライプが入ってるような生地。

公式の説明では「タテ糸とヨコ糸の色の組合せを工夫した」と書かれてますが、実際にみるとその独特の風合いはかなり魅力的。

シワシワのままだとその風合いは潰れてしまうので、面倒でもアイロン掛けをしたほうが素材の良さを楽しめるかと思います。

洗濯前後の伸び縮みを比較しました。

1番大きな変化は着丈が縮んだことですが、他はそこまで変化しません。

適度にゆったり見えるのが最適なシルエットだと思うので、極端なサイズUPなどはしないほうがいいかと思います。

・普通のシャツとしても使える襟の形
・シルエットは適度なオーバーサイズ
・綺麗な風合いはアイロン掛けでキープ

あくまで提案ですので悪しからず。

ぜひこの購入を検討してみてください。ユニクロU オープンカラーシャツ

 

スタイルの悪いメンズがオシャレな服装をするためのポイント一覧オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか? 雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド...