ファッション

ユニクロUのライトウェイトデニムカバーオールをレビュー【2021年春夏】

小柄の小松です。今回は重ね着しやすいライトアウターについて。

「春先にサラッと羽織れる服が欲しい」
「重ね着のバリエーションを増やしたい」
「できれば秋冬にも使いたい」

そんな理想にピッタリな「メンズが着れるレディース服」を紹介します。

この服、控えめにいっても名作だと思います。

ユニクロUのライトウェイトデニムカバーオールをレビュー【2021年春夏】

こちらが今回紹介するユニクロUのライトウェイトデニムカバーオール

身長162cmの小松はブルーのMサイズを購入しました。

シャツやモックネックに合わせやすい形

商品名にカバーオールとありますが、これは簡単にいうと”作業着”のこと。

もともとは上下が繋がった”つなぎ服”を指すようですが、最近はアウターとして単体で着れるデザインのものも多め。

アウトドアやワーク(作業着)系の服を使うブランドが展開してることが多い洋服です。

https://zozo.jp/sp/shop/snowpeak/goods/38571744/?did=65197065

そんなカバーオールですが、襟の付いてるタイプの印象が強いかと思います。

ポケットや袖口の縫い目も目立つ色だし、素材もデニムを使ったものが多い。

なのでジャケットやコートと比べると、ラフで子どもっぽい傾向があります。

それに対して今回のカバーオールは比較的スッキリしていて大人っぽさの漂うデザイン。

まず大きな違いは”襟”です。

スタンドカラーシャツのようにコンパクトな襟になっているので、顔まわりはかなりスッキリした雰囲気が出ています。

ところでこの襟の形、どこかで見たことがある人も多いはず。

実はこれ、学生服のデザインに近いのです。

https://store.shopping.yahoo.co.jp/granlumie-boutique/0350-7690159.html

いわゆる学ランといわれる制服は、首まわりが”詰襟”という仕様になってます。

首まわりからシャツがチラ見えするようなデザイン。

カバーオールに学生服(スクール)の要素を加えることで、少しカッチリした印象をプラスしているんですね。

とはいえ基本的なデザインはカバーオールなので、普段着として着れるバランスに仕上がっています。

目立つポケットが付いていますが、一般的なカバーオールと違ってポケットは1つだけ。

縫い糸も白ではなく黄色でジーンズのような配色。地味にならず、ほどよい主張におさまってます。

ポケットの”高さ”にもユニクロUらしさが詰まってます。

胸と腰まわりの中間に付けることで、少しルーズな印象が出るように。

ポケットの位置を低くして洋服の印象をラフにするのはユニクロUの得意技。

カバーオールらしさも残しつつ、適度に大人っぽい雰囲気が詰まった絶妙なバランスが感じられます。

ところでこの詰襟、重ね着するときに絶大な効果を発揮します。

インナーがチラ見えする開き具合なので、シャツやTシャツなどを合わせて首元にアクセントを加えることができる。

Tシャツならクルーネック・モックネック。シャツなら普通の襟シャツ・スタンドカラーシャツなど。

詰襟だとインナーの面積を最小限におさえられるので、首まわりに高さのある洋服を品良く見せてくれます。

つまりユニクロUで扱ってる多くのトップスと組み合わせやすい。まさに「重ね着の名手」といえるアウターなんですね。

男性でも着れるサイズ感

ところでこの服はレディースの商品ですが、男性が着ても問題ありません。

女性用の服は着丈・袖丈が短かったり身幅が合わないことが多いですが、比較的ほどよいサイズ。

ボタンを開けて着ると裾まわりが少しフワっと広がってしまうので、基本的にはボタンをとめて着るのがベターかと思います。

男性の服と違ってボタンが左側に付いてますが、その違和感もボタンをとめることで解決できます。

肩幅は少し落としたドロップショルダー寄り。

ポケットと同じく肩の縫い目もちょっとしたアクセントになってくれます。

袖先にもボタンが付いてます。

袖先は少し細身ですが、男性が袖を通しても問題ない幅。

長さ調整のために少し折り返して着ることもできます。

後ろにも襟元から黄色いステッチが一直線に伸びています。

実際に着たら自分では見えない部分ですが、シンプルながら背面まで抜かりのないデザインに仕上がってるなと感じます。

首まわりに関しては、男性でもボタンを1番上までとめられる余裕アリ。

とはいえ全部とめると窮屈に見える可能性があるので、体型によっては第1ボタンだけ開けたほうがスッキリ見えるかと思います。

実際に着てみるとこんな感じ。

袖を少しまくってますが、そこまで女性的なシルエットは出ないので男性でも使えます。

普段レディース服を選ぶときはLかXLサイズになるんですが、身長162cmでMサイズ。

これなら身長の高い男性でも理想のサイズを見つけやすいでしょう。

重ね着次第で秋冬にも使える

ライトウェイトと書いてあるとおり、このシャツは春を想定した軽めの素材。

サラッとしてるので春用として最適ですが、シャツやモックネックTなどで防寒すれば秋冬に使ってもOK。

カラー展開は他にブラックとオフホワイトがありますが、秋冬にコートのインナーとして映えやすいのはブルーでしょう。

特にブルーの色味はやや明るめで、上品な光沢があります。

ユニクロで光沢のあるデニムというと”セルビッジジーンズ”がわかりやすいですが、このカバーオールもそれに近い大人っぽさがある。

色落ちが心配なのでまだ洗濯はしてないですが、セルビッジジーンズのように1回の洗濯で光沢が消えるということはなさそうです。

生デニム(ノンウォッシュデニム)を洗濯して縮み・色落ちを比較洗濯したジーンズの縮み・色落ち具合について。①生デニムはツヤのある大人っぽいジーンズ/②洗うと縮んでサイズがきつくなる/③ツヤがなくなり色は明るくなる。「洗濯前後でコーディネートの印象が変わる」という視点で書いてます。...

シャツやTシャツへの”色移り”が心配でしたが、適度にゆったりしたサイズなので洋服同士の摩擦が起こりにくく、いまのところ色移りはしてません。

そういった意味でも少し緩いサイズを選んだほうがベター。

ただし真っ白なシャツとかだと色移りしたときに目立つと思うので、そこだけ気をつけたほうがいいでしょう。

同じ白シャツでも、オフホワイトとかならまだ問題ないかと思います。

大人っぽさがあるとはいえあくまで”デニム”なので、パンツはスラックスにしたほうがバランスが取りやすいでしょう。

個人的にはネイビーのスラックスを使って上下の色を揃えるのがおすすめ。

ハットやコートなど大人っぽいアイテムを合わせるなら、上下デニムという変化球を楽しんでもいいかと思います。

・シャツやモックネックと合わせやすい形
・男性でも着れるサイズ感
・重ね着次第で秋冬にも使える

あくまで提案ですので悪しからず。

ぜひ購入を検討してみてください。ユニクロU ライトウェイトデニムカバーオール

 

スタイルの悪いメンズがオシャレな服装をするためのポイント一覧オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか? 雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド...