低身長

チビも着れてアイロン不要。ユナイテッドトウキョウのタイプライターシャツ

小柄の小松です。今回はUNITED TOKYO(ユナイテッドトウキョウ)のスタンドカラーシャツについて。

低身長男子は欲しい服でもサイズが合わないことが多め。特にオシャレなイメージのあるブランドほど、試してみたらSサイズでも着れないなんて悲劇がよく起きます。

ただ今回紹介するUNITED TOKYOのシャツは、身長が低くても着れるよう工夫がされています。

チビでも着れるボタンの間隔

今回紹介するUNITED TOKYOのQUICK DRYタイプライターバンドカラーシャツです。

バンドカラーとはいわゆるスタンドカラーシャツ。普通のYシャツと違い、襟が首に沿って立っているので、スッキリした印象が出せるシャツです。

そしてこのシャツ、実は着丈が割と長めでSサイズだと72cm。身長162cmの小松が普段着てるTシャツが64cmなので、かなり長いことがわかると思います。

なのにダボっとした雰囲気はあまりない。その理由は”ボタンの間隔”です。

1番下のボタンと裾との間隔。これが少し狭くなっているんです。

シャツが長く見える原因は、丈の長さよりも裾に原因があることが多い。

ボタン間隔が狭くなってることで先端が短く見えて、サイズがピッタリ合ってるように錯覚させることができます。

また、裏に1本の”絞り”が入っているのもポイント。

身幅を少しだけ細くすることで、ダボつきやすい着丈の長さをカバーしてくれています。

ちなみに首回りの3つのボタン。ここも間隔が微妙に違います。

ボタンをいくつ開けても首回りがスッキリするよう、間隔を調整してくれているんですね。

ただ、首回りは少しキツめなので、第1ボタンまで閉めてしまうと首が詰まって顔が大きく見えてしまいます。

とはいえスタンドカラーシャツはボタンを開けて着る使うことが多い。なので首回りのキツさを気にする必要はほとんどありません。

アイロン掛け不要のラクな素材

次にシャツの素材について。このシャツはアイロン掛けをしなくてもシワにならず、綺麗な印象を与えることができます。

その秘密は”タイプライター生地”という編み方にあります。

細くて長い糸が高密度で織られていて、シワが光の反射で光沢に繋がる。それが普通のシャツのようなダラシなさを防いでくれます。

ファッションは楽しみたいけど面倒な手入れはイヤ。そんな方に適したラクで快適な素材といえるでしょう。

ユニクロと重ね着できる着丈

また、スタンドカラーシャツはセーター・スウェットなどと重ね着するのに適しています。

襟の形が普通のYシャツと違うので、普段着の印象を与えつつ、スーツの大人びた着こなしに近づけることができるからです。

ここで合わせているのはユニクロのSサイズのスウェット。ちょうどシャツの裾が少しだけ出るので、重ね着しやすい。

重ね着は面倒な着こなしにはなりますが、服装に少しだけ色を足したいというときに使える便利な合わせ方になります。

身長の高いモデルが着てる服は自分にはムリと思いがちですが、このシャツならその心配は不要。

1枚・重ね着どちらでも使える、低身長男子の救世主ともいえるスタンドカラーシャツです。

 

UNITED TOKYO/タイプライターバンドカラーシャツ

合わせているスウェットが気になる方はこちらをご覧ください。

いつも似たような服装になる→ユニクロのスウェットシャツを試してみよう【低身長男子ファッション】小柄の小松です。今回は着こなしに変化をつけてくれるスウェットについて。 男性が使うオシャレアイテムはニット・シャツなど大人びたもの...