ファッション

メンズの秋インナーの重ね着バリエーション【裾だけチラ見せもOK】

小柄の小松です。今回は「秋インナーで変化をつける着こなし」についてです。

洋服の着こなしはいくつかの服を重ね着するとオシャレに見せやすい傾向がありますが、そのときのポイントは重ね着で使うインナーの選び方。

今回の考え方を知っていると、同じ服でもインナーで印象が変わるというのがわかるかとと思います。

メンズの秋インナーの重ね着バリエーション【裾だけチラ見せもOK】

ということで秋のインナーを使った着こなしを提案します。

下記に使用アイテムを載せていますが、後ろの数字がサイズです。

使用アイテム
ユニクロ:前あきクルーネックT(M)
assaisoner.:切替スウェットシャツ(S)
soe:レーヨンスラックス(0)
PADRONE:ベビーカーフローカットシューズ(40)
assaisoner.:グラスコード
Paul Smith:ブルーレンズサングラス

この着こなしで気をつけたポイントを書いていきます。

Tシャツ・シャツの重ね着の違いとは?

重ね着で使いやすいインナーにはいくつか種類がありますが、代表的なのはTシャツ型とシャツ型。

インナーの形が変われば、同じ色でも違った印象を変えることができます。

たとえば上の2つのインナー。

どちらも白いインナーですが、重ね着したときに少し違った見え方をしてくれます。

普通のTシャツ型だと、こんな感じに裾が直線的でシンプルな形。

一方こちらはシャツ型インナー。

このインナーは普通のYシャツ型と違うボタンのないタイプですが、裾がカーブしてるのは同じです。

こういったシャツ型のインナーだと、直線的なTシャツより少し変化をつけることができるんですね。

実際にそれぞれ重ね着するとこんな感じ。

右のTシャツ型は洋服に沿った平行なラインになっていますが、左のシャツ型は少し丸い印象が出ます。

Tシャツ型はアクセサリーを足すことで装飾を強めてますが、シャツ型は真ん中に隙間ができることもあって単体で立体的な重ね着をつくりやすいんですね。

Tシャツ型であってもそこまでバランスが悪くなるわけじゃないですが、シャツ型よりシンプルな形になる傾向があります。

洋服のトレンドは段々変化のある着こなしに変わってきていますが、普通のTシャツの重ね着だと、場合によっては物足りない雰囲気になることもある。

もちろん好みはあると思いますが、単体で変化のある着こなしをしたいときはシャツ型インナーのほうが便利な点も結構多いです。

シャツの重ね着のデメリット

ただしシャツ型インナーにも弱点があります。

裾がカーブしてると目立つので、視線か下がって身長が低く見えやすくなってしまうことです。

今回の場合はそもそもメインの服が下にデザインが集中してるタイプですが、そうでなくても腰まわりに視線が集まるだけだとスタイルが悪く見えやすい。

こういったときは、視線を上に誘導できる小物をプラスしてバランスを取るのが理想的です。

たとえば今回だとメガネ・メガネホルダーの2つ。

どちらも顔まわりにつける小物ですが、こういったアイテムがあれば腰まわりだけに視線が集中するのを防ぎやすくなります。

たかが小物ですが、顔まわりに目立つアイテムがあるとインナーとの釣り合いが取れます。

帽子などを使うのもOKですが、帽子はモノによって子どもっぽくなったりキメすぎになることもある。かぶると全体のバランスの取り方が変わってしまうんですね。

なるべく簡単に視線を上げたいときはメガネ系の小物がベターといえるでしょう。

ということで今回のポイントは…

・同じ色でもインナーの形で印象が変わる
・シャツ型は普通のTシャツより立体的に見える
・視線を上げる小物を顔まわりにつけるとベター

ぜひこの考え方を頭の片隅に入れてみてください。

 

【随時更新】スタイルの悪い低身長男子でもオシャレになれるファッションポイント一覧オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか? 雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド...