ファッション

メンズの秋服は黒い無地トップスに注意【ヒント:重ね着と小物使い】

小柄の小松です。

今回は「秋に買った黒い服を冬まで使うためのコツ」についてです。

黒いトップスはスーツのような大人っぽさを出しやすくて便利ですが、そう思って秋に買った服は、冬になったら使い方に気をつけたほうがベターです。

メンズの秋服は黒い無地トップスに注意【ヒント:重ね着と小物使い】

繰り返しになりますが、秋に黒い無地の服を買うと後から使いづらくなることが結構多いです。

秋だけでは特に気にならない場合も多いですが、問題は冬になったときです。

黒+黒は地味になりやすい

秋は春夏と比べると暗い色を使うことが増えますが、黒いトップスは冬になると困ったことが起きます。

黒いロングコートに合わせたときに、地味になりすぎてしまうからです。

https://mens.tasclap.jp/a2363

たとえばこういった無地の黒セーターを持っているとします。

下半身に明るいベージュを使っているので地味にならずに済んでいます。秋の着こなしとしては黒セーターがすごく使いやすそうに見えますよね?

けれどもし手持ちのコートも黒かった場合、黒の面積が増えすぎてしまい、地味な印象が強くなりやすい。

なのでどこかしらで工夫をする必要が出てくるのです。

まずは黒以外のコートで合わせてみる

そこで黒いトップスをインナーとして使う場合、まずは黒以外のコートで合わせるのが簡単です。

コートの色が明るければ黒とメリハリがつくので、バランスのいい着こなしをつくりやすくなるからです。

たとえばこんなふうに上下を黒でまとめて、コートやスニーカーを明るくする場合。

どこが暗くて明るいか一目瞭然なのでメリハリが出ます。こういった組合せでは黒トップスほど便利な服はありません。

黒パーカーも同じです。

最初の画像はベージュ系のコートでしたが、今度は靴下に明るい色を使っています。

靴下は小さな面積ですが、普段使わない色を使うとそこが目立ってアクセントになってくれます。

まずはコートの色を明るくする。それでも地味になる場合は、足元にも明るい色を足してあげる。これが安全です。

重ね着・小物でアクセントを出す

では黒コート+黒トップスの場合はどうすればいいかというと、まず重ね着をすることです。

特に白Tシャツを合わせるのがオススメ。

その理由は、白がすべての色のなかで最も明るいカラーだからです。

目立つ白を首元・裾からチラ見せすれば、真っさらな黒服を少し明るくしてくれます。

しかしそれだけでは地味になってしまうことがまだ多いです。

重ね着で白を足したとしても、黒コート自体に明るい装飾がなければ重たい印象が残ってしまう。

そこでおすすめなのが、間に明るい小物を足してあけること。

たとえばこういった感じです。

ここでは長めのスカーフを首から垂らしていますが、これがあることで、黒だらけだった服装にアクセントを加えることができます。

ちょっと特殊な小物ですが、秋冬用のマフラーなどを使うのが1番簡単。

マフラーは意外と明るいカラーのものも多いので、何点か持っていると黒い服装を地味に見せずにすみます。

ちなみに黒以外のコートの場合は、白を増やすだけでもだいぶ効果があります。

ここではソックスやニット帽のタグなど白が多めですが、もともと暗い服が多いときはこれくらい白をプラスしたほうがちょうどいいときもある。

白Tシャツの重ね着をベースに帽子・マフラーなども使ってあげれば、より長く黒トップスを着まわすことができるでしょう

ということで今回のポイントは…

・黒い無地トップスは冬になると使いづらくなる
・まずは黒以外のコートに合わせる
・重ね着や小物使いで変化を出す

黒いトップスを秋冬通して長く使いたい方は、ぜひこの考え方を頭の片隅に入れてみてください。

 

【随時更新】スタイルの悪い低身長男子でもオシャレになれるファッションポイント一覧オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか? 雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド...