ファッション

バケットハットが難しいならTシャツ+クルーネックベストで着こなしてみる

小柄の小松です。今回は夏のバケットハットの使い方について。

ユニクロやGUでも扱うようになったバケットハットですが、他の帽子より着こなしが難しいと感じる方も多いのではないでしょうか?

僕自身も苦戦していますが、むしろハットを使うことで、これまで違和感があった服装のバランスを整えることができたので紹介したいと思います。

バケットハットが難しいならTシャツ+クルーネックベストで着こなしてみる

ということでバケットハットを使った夏の着こなしを提案します。

下記に使用アイテムを載せていますが、後ろの数字がサイズです。

使用アイテム
agnes b.:バケットハット
JINS:ファインフィットシートチタン
ヘインズ:BeefyTシャツ(M)
ユニクロ:コットンノースリーブT(XL)
ユニクロU:ワイドフィットテーパードパンツ(70)
ヘンリー&ヘンリー:エナメルタッセルサンダル(39)
agnes b.:ナイロントートバッグ
メゾンスペシャル:ディアスキンパスケース
Paul Smith:オーバーチェックキーリング
テンデンス:ラウンドガリバー
amp japan:オーバーラップフラットリング(17号)

この着こなしで気をつけたポイントを書いていきます。

ベスト+半袖Tシャツだけだと子どもっぽくなる

まず今回はクルーネックベストの着こなしですが、レディースのノースリーブTを代用しています。

ノースリーブTは基本的にインナー使いを想定した服ですが、ハリのある生地で色味が落ちついているのでベスト感覚で使用しました。

やろうと思えばできますが、あくまで一般的なクルーネックベストを使ってる想定で見てもらえればと思います。

ところでベスト+半袖Tシャツの組合せは、低身長だったり童顔だったりするとハードルが高くなるもの。

どうしても子どもっぽい学生のような印象が出てしまうからです。

ベスト・Tシャツの色彩の差を少なくすれば、子どもっぽさを減らすことはできます。

ただし地味な印象が強くなってしまうので、季節によってはもう少し明るさを足したいというときもありますよね?

そこで今回提案するのがバケットハットを加えるアプローチです。

ハットでコーデのバランスを取る

バケットハットを足すメリットは大きく分けて2つです。

まずハット自体に少し大人びた要素があるので、ベスト+半袖Tシャツの子どもっぽさを打ち消してくれるということ。

今回の着こなしは白黒グレーのモノトーンでまとめた服装なので、黒いハットなら色数が増えることはありません。

そしてハットは帽子のなかでも特に目立つアイテム。Tシャツとベストの切替部分を目立ちにくくしてくれます。

ハットの有り無しを比べると、だいぶ印象が変わって見えるはず。

ハット自体に白いロゴが入ってることもあり、白Tシャツの切替とうまく連動してくれています。

バケットハットは使いどころに悩むアイテムですが、これまで成立しなかった着こなしに合わせればうまくハマってくれる場合もある。

あえて子どもっぽい服装をして、それをハットでまとめる。こういったアプローチを試してみるのもおすすめです。

ベストの違和感を”ポーチの肩がけ”で消す

またクルーネックベストの着こなしでは”中央がノッペリして見える”ことも多い。

そこで今回はポーチを肩がけしてベストの中央に装飾を足しました。

ポーチの有り無しを比べると、ノッペリした印象が減っているのがわかるかと思います。

ただし小物が増えると子どもっぽさが増しやすいので、大人っぽさが出るレザー素材のポーチを選ぶことでバランスをとっています。

ハットと同じ黒ベースの小物なので、それぞれ単体で悪目立ちせず統一感を出すことも狙いました。

ハットを使わなくても特に違和感がないという人は問題ないですが、どうしても上手くまとまらない人は今回のアプローチがかなり効果的。

ニット帽などを使っても白Tシャツの切替を目立ちにくくできると思いますが、なるべく大人っぽく見せたいならバケットハットのほうが便利といえるでしょう。

ということで今回のポイントは…

・ベスト+Tシャツだけだと子どもっぽい
・バケットハットで視線誘導する
・ベストの中央を小物で埋める

ぜひこの考え方を頭の片隅に入れてみてください。

 

【随時更新】スタイルの悪い低身長男子でもオシャレになれるファッションポイント一覧オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか? 雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド...