ファッション

バブアーのステンカラーコートは低身長男子も着れるサイズ【ノンオイルが使いやすい】

小柄の小松です。今回は低身長男子でも着れるバランスの取れたステンカラーコートについて。

ステンカラーコートはユニクロでも手に入れることができる定番コートの1つですが、ユニクロのものはシンプルゆえに着こなしに工夫が必要なところもあります。

今回紹介するのは単体でバランスの取れるデザインのコート。余計なことを考えず、簡単にコーディネートを完成させることができるアイテムです。

バブアーのステンカラーコートは低身長男子も着れるサイズ【ノンオイルが使いやすい】

こちらが今回紹介するBarbour(バブアー)のコート”ニューバーレー CN”

身長162cmの小松はネイビーの36サイズを購入しました。

すべてのデザインに機能的な意味がある

このコートはもともと乗馬用に作られたモデルで、それを現代に合わせて使いやすくしたものらしいです。

いろんな装飾が隅々までありますが、これらのデザイン1つひとつには機能的な意味があります。

上から順に見ていきます。まずコートの襟脇に付いているパーツ。こちらは”チン・ウォーマー”と呼ばれるもののようです。

チン=襟、ウォーマー=暖めるという意味で、襟まわりを絞って防寒性を高める機能的な意味があります。

コートを普通に使うときはこのパーツを脇に垂らしておくことになります。

ステンカラーコートはすっきりしたデザインのものが多いですが、これが小さな装飾となってデザインの密度を高めてくれます。

袖は肩に縫い目がないラグランスリーブという仕様。

馬の激しい動きに対応できるよう、ゆったりしたつくりにしてあると考えられますね。

袖脇にはベンチレーションと呼ばれる穴が3つずつ付いています。

通気性が良くなるので暖房がガンガン効いてる場所でも蒸れにくく快適。色は目立たない”いぶし銀”です。

ひときわ目立つのは中央の大きなゴールドジップ。こちらはダブルジップという仕様です。

コートはボタンだけでも前を閉じることができますが、ダブルジップだと開き具合を細かく調節でき、開閉はボタンよりもスムーズ。

これも乗馬に当てはめると理にかなったデザインになっています。

ポケットはスーツのジャケットと同じ縦向きのフラップポケット。大きめのフタが付いてるので雨でも中身が濡れにくいです。

ビジネス用のステンカラーコートはサイドポケット仕様が多いので、こちらのほうが主張が強いデザインになっています。

裾は後ろにスリットが入っていますが、これは通称”ベンツ”と呼ばれるもの。これのおかげで馬にまたがるときに裾がもたつきにくくなります。

ベンツはビジネス用のコートでも付いてるものがありますが、もともとは乗馬服から根付いた形のようです。

ボタンが複数あるので、体型に合わせて広がり具合を調整することもできます。電車やバスに座るときや自転車に乗るときにも便利ですね。

バブアーはアウトドア由来のブランドとして100年以上の歴史があるイギリスのブランド。

すべてのデザインにきちんと意味があるからこそ、説得力のあるカッコいい服に仕上がっているんだと感じます。

コットン・ナイロンで撥水性のある素材

バブアーというと、オイルを染み込ませたオイルドジャケットを連想する方も多いと思いますが、僕が今回買ったのはノンオイルのコート。

コットンとナイロンが織り混ざったサラッとした質感のものです。

天然素材のコットンで自然な風合いを出しつつ、ナイロンが入っていることでパリッとした表情もあります。

水を弾く撥水性が高く、雨の日に着ていった日もすぐに乾いてくれました。

また、バブアーは襟だけコーデュロイ素材に切り替わってるものが多いですが、このコートに切り替えはありません。

なので非常にスッキリした見え方で、クセのないシンプルなアウターとして重宝します。

このコートは表記上ネイビーですが、実物はグリーンがかって見えます。

ただそこまで色彩が強いわけではないので、ネイビー・ブラウンの服との相性はとてもいいです。

素材的には春向けのコートになりますが、インナーダウンなどと合わせて使えば秋冬でも活躍してくれるでしょう。

オンオフ使えて低身長男子も着れる

今回選んだサイズは1番小さい36ですが、身長162cmの小松でも問題なく着れる大きさでした。

36サイズだと着丈95cm、身幅54cm、ゆき丈83cm。

ビジネス用として使えるように通常より丈を長くした仕様になってるみたいですが、ビジネスマンのステンカラーコートは膝上丈になってるものが多め。

なので低身長男子が着ると、膝小僧がちょうど隠れるくらいの長さにおさまってくれます。

着こなしはリュックと合わせるのが1番簡単です。

袖がラグランスリーブになっているコートは肩まわりがダラシなく見えやすい。それをリュックのショルダーで隠してあげればバランスを取ることができます。

肩に縫い目を入れれば単体でも綺麗なシルエットにできるので、お直しをする予定です。別のアウターでうまくいったので、こちらも問題ないかと思います。

機能的なデザイン、使いやすく上品な素材、身長や体型を選ばないサイズ。

僕が購入した直後にすべてのサイズが完売してしまいましたが、おそらく春夏になったら同じタイプが展開されると思います。

定価5万円ほどの少し高めのコート。写真でみると何気ない普通のコートに見えるかもしれませんが、実際に着るとそれだけの価値を感じさせる説得力があります。

100年以上続くブランドの歴史が詰まった、現代でも使える最高のコートといえるでしょう。

低身長男子がMB氏の"ドレスとカジュアルのバランス"で失敗しないコツ小柄の小松です。今回はファッションブロガーMBさんの理論について。 メルマガ読者数1万人以上のMBさんのコンテンツ。その骨組みとな...