ファッション

ボートネックT(バスクシャツ)のインナーは見せる・見せないどちらが正解?

小柄の小松です。今回はボートネックTの”肌着が見える問題”について。

クルーネックやVネックとは違った雰囲気のあるボートネックTですが、肌着が見えるのが気になるという方も多いと思います。

ただ、実はボートネックTの肌着が見えても全く問題ありません。重要なのは肌着の”合わせ方”なんです。

ボートネックT(バスクシャツ)のインナーは見せる・見せないどちらが正解?

繰り返しになりますが、ボートネックTから肌着がチラ見えしても着こなしによっては問題ありません。

肌着を見せないために、レディースの襟が開いたインナーを着るという記事も見かけますが、実は肌着は見えたほうが都合がいいことも多め。

まずはボートネックの特徴と、人によって相性があることを知るのが重要になってきます。

ボートネックが似合わない理由は”髪型”

ボートネックの特徴は襟が横に広がっていること。

クルーネックやVネックと違う印象があり、着てる男性が少ないのでいつもより変化を出すことができます。

ただこのボートネック、着る人によっては工夫が必要です。

特に髪の短い男性がそのまま着ると、違和感が出やすくなってしまうんです。

こちらがそのまま着た状態。肌着は黒のタンクトップです。

首まわりがさびしく、少しダラシない印象があるかと思います。

https://www.doclasse.com/shop/g/g19035/

女性の場合はそういった印象が出にくいです。

もともと首まわりが開いてる服が多いこともそうですが、女性は髪の長い方が多め。襟のスッキリさを髪のボリュームでバランスを取ることができるんですね。

なので髪が長ければバランスが取りやすいですが、ほとんどの男性は短髪。これがボートネックの似合わない1番の原因といえるんです。

ただ短髪の男性=ボートネックは無理というわけでもありません。

そこでボートネックの着こなしに自然とボリュームを出せるのが”肌着”ということになります。

ポイントは肌着の”色選び”

ただどんな肌着でもいいとは限りません。

特に重要なのは、着こなしによって”肌着の色”に注意することです。

たとえばこのボートネックTは白いボーダーが入ったデザイン。

そこで肌着も白いTシャツを使えれば、色の統一感を出して全体でバランスを取ることができます。

そう考えると黒でも意外と違和感は少なめ。

髪の毛やパンツの色が黒なので、こちらも色の統一感を出すことに繋がります。

ただしユニクロのエアリズムやヒートテックだと”いかにも肌着”なイメージが出やすいので、綿素材のものを選ぶのがいいでしょう。

ちなみにこの場合はグレーだと少し違和感が出ます。同じ色の服がないので、肌着だけが浮きやすくなるからです。

肌着が見えるのがNGなわけじゃなく、服に合わせて色の統一感を出すのが大事といえるんです。

小物で顔まわりにボリュームを出す

今回の着こなしではメガネを使ってますが、これも結構効果的。

小物を使えば顔まわりに自然とボリュームを出すことに繋がるからです。

さらにこういったメガネホルダーを足すのもありです。

どちらも意味のある小物なので、ボートネックのボリュームの少なさを綺麗に埋めてくれます。

2つ合わせると、肌の露出が多くてもバランスが取りやすい。

メガネホルダーは年配の方が付けるイメージが強いので選び方が難しいですが、選択肢としては候補に入れてみてもいいでしょう。

このメガネホルダーはNL(ニール)というブランドのものですが、少し使いづらい部分もあるので、オススメできるものが見つかり次第紹介する予定です。

ボートネックは普通のTシャツとは違う工夫が必要ですが、クルーネックやVネックにない雰囲気を出せます。

肌着選びだけで印象がかなり変わるので、似合わないと決めつけずいろいろ試してみてください。

 

低身長男子がMB氏の"ドレスとカジュアルのバランス"で失敗しないコツ小柄の小松です。今回はファッションブロガーMBさんの理論について。 メルマガ読者数1万人以上のMBさんのコンテンツ。その骨組みとな...