ファッション

ユニクロのスーピマコットンフライスTシャツは”サイズUPして重ね着”がおすすめ

小柄の小松です。今回は1000円で買えるユニクロの最高のインナーについて。

肌着・インナーは洋服のダメージを最小限に抑えるだけでなく、うまく取り入れれば洋服の着こなしにアクセントを加えることもできる小さな脇役。

今回は普段着としても重ね着のテクニックとしても使いやすい、ユニクロの名作を紹介していきます。

ユニクロのスーピマコットンフライスTシャツは”サイズUPして重ね着”がおすすめ

こちらが今回紹介するユニクロのスーピマコットンフライスクルーネックT

身長162cmの小松はホワイトのXLサイズを購入しました。

滑らかで動きやすい上質コットン

このTシャツの最大の特徴は、なんといっても希少な”スーピマコットン”が使われていること。

アメリカで裁判される綿素材のなかでも、特に上質な綿のことを指すようです。

スーピマコットンは”超長綿”ともいわれていて、その名前の通り1本の繊維が長いのが特徴。

やわらくて滑らかな素材なので、敏感肌の方でも違和感が出ない着心地の良さが魅力的。

ユニクロではそんなTシャツが2枚で1000円という破格の値段で売られています。

ちなみに商品名の”フライス”というのは生地の編み方のことです。

ゴムのように伸び縮みのするリブ編みなので、滑らかさだけでなく動きやすさもあるTシャツになっているんですね。

いっときはスーピマコットンではなく”コットンフライスT”として3枚組で売られていたこともありますが、去年あたりからスーピマコットンとして復活。

シャツ・セーターからスウェットまで、大切な洋服のダメージを最小限に抑えてくれる。本来なら1000円という安さでは表現できない、優れたインナーといえます。

低身長男子がXLサイズを選んだ理由

肌着としてこれ以上ない着心地のTシャツですが、サイズの選び方を工夫すればオシャレ着として活用することができます。

今回僕はXLサイズという大きめのサイズを購入しましたが、こうすることで白Tを重ね着する”レイヤードスタイル”を楽しむことができるんです。

身長が低いならSサイズを選べばいいと思うかもしれませんが、実はこのクルーネックTは襟が少し窮屈な仕様になっています。

白Tシャツをチラ見せするときは、白の面積をなるべく減らしてあげることがポイント。

そこで首まわりの空きを広くするために大きめサイズを購入しました。

首まわりの開きを大きくすると、こんなふうに白の面積を最小限に抑えることができます。

白はすべての色のなかで1番膨張してみえる主張の強い色。少しでも面積が多いと目立ちすぎてしまう場合が多いです。

なので上のような重ね着スタイルでは、鎖骨が見えるくらいのサイズにするとちょうどいいバランスになってくれます。

そんなに大きなサイズだと身体にフィットしないと感じるかもしれませんが、洗濯で伸び縮みすることを考えると意外とオーバーサイズにはなりません。

まず裾丈が大きく縮むので、パンツインしたときに裾のダボつきが減ります。

ある程度長い丈だとパンツの裾からはみ出すこともないので、余計なストレスを減らすこともできます。

しかも洗濯すると身幅も縮むので、店舗で試着したときよりも身体のラインにフィットしてくれます。

肩幅・袖丈が伸びるのが気になるかもしれませんが、長袖のインナーとして使う場合は袖まわりが少し長いほうが脇に溜まりにくくなります。

今回L、XL、XXLと3つのサイズを洗濯して試しましたが、首まわりの開きと身体へのフィット感が1番合ったのがXLでした。

僕は少しがっしりした体型なのでXLでしたが、人によってはLサイズのほうがいい場合もあるでしょう。

綿素材のTシャツは洗濯してみないとジャストサイズがわからないので難しいですが、1組1000円なので2サイズくらい買っても費用はかかりません。

見せる・隠す、どちらにも対応できる

今回は重ね着目的でこのTシャツを買いましたが、このサイズにしたことで幅広い使い方ができます。

意図的に白を見せるだけでなく、肌着として目立たない使い方もできるようになります。

たとえばこういった普通のスウェット。

スウェットのほうが首まわりが窮屈なので白Tシャツがほとんど見えず、シンプルな肌着として使うことができます。

今度は首まわりが横に開いているボートネックT。

ボートネックの襟は中央が少し窮屈な形なので、襟の低いクルーネックTと合わせれば、脇だけが見えるキレイな形にできます。

Vネックの場合はこんな感じです。

Vネックとクルーネックの重ね着はちょっとバランスが崩れるだけで不恰好になるので、意外と難しい組合せ。

けれど白の面積を抑えることで、Vネックのリラックスした雰囲気を適度に抑えることができます。

着心地のいい肌着というだけでも優秀なのに、うまく使えば着こなしの”決めポイント”にもなってくれるインナー。

“コスパがいい”という言葉では表現しきれない、ユニクロのTシャツの中でも屈指の名作といえるでしょう。ユニクロ スーピマコットンフライスT

 

低身長男子がMB氏の"ドレスとカジュアルのバランス"で失敗しないコツ小柄の小松です。今回はファッションブロガーMBさんの理論について。 メルマガ読者数1万人以上のMBさんのコンテンツ。その骨組みとな...