ファッション

トップスだけ買い足しても新しい着こなしはつくれない【パンツと靴を揃える】

小柄の小松です。今回は新しいコーディネートをつくるうえで忘れてほしくない考え方について。

季節が変わるごとに、あらゆるブランドが素敵な洋服をたくさん展開します。いままで見たこともない魅力的な服に目を奪われることは多いです。

けれど新しく買う服がシャツ・ニットなどトップスばかりに偏っていると、新しいコーディネートを思いつくのが段々難しくなってきます。

服装が似たり寄ったりでスランプになる。そんなときに1番大事にしてほしいのは”下半身”だといえます。

トップスだけ買い足しても新しい着こなしはつくれない【パンツと靴を揃える】

繰り返しになりますがトップスだけ新しいものに変えても服装に変化をつけることは難しくなってきます。

人の視線は顔に集まりやすいですから、上半身、つまり顔まわりの服が印象を変えやすいのは間違いない。

けれどコーディネートは上半身だけで決まるものではありません。

コーディネートは全身で決まる

洋服のおもしろいところは、コーディネートは全身のバランスで決まるということ。

上半身にいつもと違うカッコいい服を着たとしても、パンツと靴が同じままだと変わり映えしないということが起きやすいんです。

極端な例ですが、たとえばあなたが持っている下半身のアイテムが黒のスキニージーンズ・黒のキャンバススニーカーだけだったとします。

この2つは最も簡単にコーディネートを整えてくれる素敵なアイテムです。下半身を黒で固定させれば、失敗する確率は低くなります。

ですが下半身がずっと同じだとシルエットに変化は出ません。コートやシャツ・セーターばかりが増えても「結局トップスを入れ替えただけだなぁ」という違和感が出てくることになります。

最初のうちはそれでも問題ないのですが、マンネリ化してきたときは”下半身の変化”を意識してみるのがオススメです。

上半身が同じシャツだとしても、ジーンズからスラックスに変わると違う服装になります。

極めて当たり前の話ですが、細身だった下半身がゆったりしたシルエットに変わることで、まったく別のコーディネートになってくれます。

特に白黒グレーなどで無地のパンツ・靴を増やすほど、バリエーションもつくりやすい。

パンツや靴というのは地味な存在です。洋服屋さんにいくと、どうしてもトップスに目がいってしまうものです。

けれどそこをグッと堪えて、パンツや靴選びに目を向けてみてほしいです。

シルエットが同じであっても、スニーカーが革靴になるだけで大人っぽさを変えることができます。

コーディネートは全身で決まる。だからこそ、ある程度トップスが増えてきたらパンツや靴などのボトムスに気を配ってみてほしいのです。

下半身のシルエットは”おしゃれの差別化”になる

そうはいってもやっぱりトップスを買いたいという人は多いと思います。いまよりもカッコイイ服を着て、もっとオシャレになりたいという気持ちが強ければ尚更です。

けれど実は人よりオシャレになる1番の近道は、下半身のシルエットを整えることです。

多くの人は下半身のシルエットを後回しにする傾向があります。

素材やデザインが良くても、パンツの丈がダボダボだったり、靴との相性を考えないで組合せるパターンが意外と多いのです。

https://mensfashion.cc/

たとえば細身のスキニーパンツはユニクロなどで簡単に買えますが、スキニーを履いていてもオシャレに見えないという人は一定数います。

それはパンツの裾にクッションが溜まっていて、シルエットが綺麗に見えないからです。

https://wear.jp/sp/rabbitmonkey/13263874/

逆にスキニーでオシャレに見える人たちは、パンツの丈をきちんと調整していたりします。個人的には女性のほうが上手い人が多いように感じます。

同じパンツでもオシャレな人はコツを知っていて、着こなしで差別化をしていることが多い。彼・彼女らはモノの良さだけに頼っていないのです。

僕自身、むかしは服の良さだけに頼る傾向がいまより強かったです。でも綺麗に見せる工夫がなければオシャレの差別化はできません。

あなたが特にオシャレだと思う人の服装を見てみてください。パンツのシルエットや靴の選び方が他の人よりズバ抜けて優れているというパターンは多いはずです。

これはスキニーだけじゃなく、スラックスでもワイドパンツでも同じ。どんなコーディネートも”服”と”着こなし”をセットで考える必要がある。

その差が大きく開きやすいのが”下半身のシルエットを整えること”といえるのです。

基礎は時間がかかる

今回はパンツや靴など下半身について触れていますが、これらを整えるのは結構時間がかかります。

スキニーといってもバキバキに細ければいいとは限りませんし、ワイドパンツだからといっても太ければ何でも大丈夫とはいえないからです。

たとえば脚の太い男性が細すぎるスキニーをはくと、足元に違和感が出てきます。

「スキニーは細さが大事!」とはいっても、体型に合わせた形でなければ逆効果になることもあります。

逆にゆったりしたパンツも色や素材によって見え方が変わってきます。

見た目がシンプルなものほど使い勝手はいいですが、ごまかしが効かないので細さや太さは目立ちやすい。極めるのに時間がかかることも多いです。

けれど自分の体型を綺麗に見せるシルエットは必ずあります。どんなパンツにもスタイルの悪さを隠すコツがあり、それを1つひとつ解決していくとまた新しいヒントが見えてきます。

もちろんセンスやスタイルのいい男性ならあらゆる着こなしを比較的簡単につくることができます。

とてもうらやましいことですが、だからといって僕らが同じペースでやる必要はありません。自分のペースでゆっくりでやればいいんです。

パンツや靴などで基盤があるからこそ、いろんな着こなしに挑戦できる。

その感覚を頭の片隅に入れていると、自分のペースで洋服の着こなしを楽しむことができるでしょう。

 

【随時更新】スタイルの悪い低身長男子でもオシャレになれるファッションポイント一覧オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか? 雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド...