ファッション

ダブルジャケットが太って見える理由【ワイドパンツコーデで解決】

小柄の小松です。今回はダブルジャケットの違和感を減らす方法について。

服好きの間ではジャケットを使った着こなしが広がってきていますが、ダブルジャケットの場合「なんだか太って見える」という場合もあります。

これはダブルジャケットが似合わないからとは限らず、組み合わせでバランスを取ればOK。

今回の考え方を知っていると、ダブルジャケットの苦手意識を克服できるかと思います。

ダブルジャケットが太って見える理由【ワイドパンツコーデで解決】

ということでダブルジャケットの着こなし提案です。

下記に使用アイテムを載せていますが、後ろの数字がサイズです。

使用アイテム
MR.OLIVE:ダブルジャケット(S)
GU:コンビネーションビッグスウェット(XS)
GU:ポンチモックネックT(M)
soe:リラックスフィットトラウザー(0)
adidas:スーパースター80s(25cm)
aniary:レザートート
シルバーレイククラブ:革巾着ポーチ
amp japan:オーバーラップリング
amp japan:イヤーカフ
Paul Smith:ブルーレンズサングラス

この着こなしで気をつけたポイントを書いていきます。

ダブルジャケットの”横幅”を誤魔化す

見出しの通りですが、ダブルジャケットを着て太って見えるのは”横幅”が目立つのがおそらく原因です。

ボタンが1列に並んでるシングルジャケットと比べて基本的に身幅があるので、ボタンを開けて着ると横に広がる。

身長・体型に対して洋服が大きくなると、必要以上に太って見えることが多いんですね。

実際にボタンを開けてみると、腰回りがフワッと広がってるのがわかるかと思います。

肩幅が身体のラインに沿っていると、その反動で腰回りの幅が目立ってしまうんですね。

ジャケットによって広がり方に差があるとはいえ、この特徴に合わせた服選びをしないと、どうしても違和感が出てしまう。

このことを踏まえつつ、パンツや中に着るインナーを工夫していく。基本的にこれに尽きます。

腰回りと下半身にボリュームを出す

じゃあどうすればいいかというと、特に腰回り・下半身の2ヶ所の工夫がポイントになってきます。

具体的にはインナーとパンツが広がって見える服を選ぶという方針です。

今回ベースにしてるのはこちらのスウェット×ワイドパンツの組合せ。

スウェットは身幅が少し広めで、腰回りが目立つ切り替え素材になってるタイプ。

スラックスも細身のジーンズと比べてかなり太めのものを使っています。

この上からダブルジャケットを羽織るとこんな感じ。

腰回りと下半身に適度なボリュームがあることで、フワッと広がるジャケットの裾が目立ちにくくなってるのがわかるかと思います。

スニーカーのソールが白いのもポイントです。白は他の色より明るく見える膨張色なので、ジャケットの裾が悪目立ちするのを防いでくれています。

今回は黒い服を使ってますが、他の色の服を使うときも同じアプローチが活用できます。

上だとインナーはジャケットより少し長い白Tシャツ。パンツは色の近いジーンズですが、足元に白ソックス・大きい革靴を合わせることでジャケットの広がりを目立ちにくくしています。

バッグはもう少し大きいほうが良いんですが、上半身のジャケットに対して下半身を大きく見せるためにトートバッグを合わせています。

使ってるアイテム・色は違いますが、基本的には同じことを考えながら組み立てています。

もし持っていたら試しに黒の無地Tシャツとスキニーパンツを合わせてみてください。上の組合せと比べるとジャケットだけが浮いて見えるはずです。

身長に対してやや大きめのジャケットですが、合わせる服選びを工夫すればサイズの違和感を減らすことができるんですね。

ワイドパンツのクッションを活用する

細かい話になりますが、今回もう1つ工夫したことがあります。

それはワイドパンツを腰履きして”クッション”を付けたこと。

こうすることで下半身のボリュームを増やし、ジャケットの広がりをさらに目立たなくさせました。

ベースの着こなしのときは、ワイドパンツがスニーカーにかぶさる程度にしていました。

緩いスウェット×ワイドパンツは子どもっぽく見えやすいもの。

つまりオーバーサイズの服で変化をつけつつ、必要以上にダボっとした印象がでないようにしていました。

けれどそこにダブルジャケットを合わせると、ベースの服装よりスーツの大人っぽさが強くなります。

つまり多少ダボっとしていても、ジャケットのおかげでそこまでダラしなく見えることがない。

なのでジャケットの広がりを誤魔化すためにクッションを活用しても大して問題ないんですね。

小さなことですが、洋服の着こなしは上下のバランス調整を積み重ねると印象が変わってくれます。

普通にジャケットを羽織るだけでもOKですが、こんなふうに”シルエットで崩す”という方法は結構効果的。

「足元にクッションを付けるなんて絶対ムリ」と僕自身も抵抗がありましたが、着こなしによってはスタイルの悪さに関係なく成立するので試してみるのも面白いと思います。

ということで今回のポイントは…

・ダブルジャケットの横幅を誤魔化す
・腰回りと下半身にボリュームを出す
・ワイドパンツのクッションを活用する

ぜひこの考え方を頭の片隅に入れてみてください。

 

【随時更新】スタイルの悪い低身長男子でもオシャレになれるファッションポイント一覧オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか? 雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド...