ファッション

シャツの胸元から肌着が見えるのはダサいのか?【色を合わせて違和感を減らす】

小柄の小松です。今回は肌着を見せる着こなしがNGかどうかについて。

洋服は肌との摩擦が多いとダメージが溜まりやすいので、シャツなどを着るときは肌着も使ってあげるのがベター。”乳首が浮き出る問題”も解決できますし。

ただここで気になるのは肌着が胸元から見えるのはダメなのかということ。要はクルーネックタイプの肌着を合わせてもいいかどうかです。

今回の考え方を知っていると、逆に肌着の形を活かしたコーディネートを組むポイントがわかります。

シャツの胸元から肌着が見えるのはダサいのか?【色を合わせて違和感を減らす】

ということで今回はスタンドカラーシャツと肌着を使った着こなしを提案します。

下記に使用アイテムを載せていますが、後ろの数字がサイズです。

使用アイテム
united tokyo:タイプライターバンドカラーシャツ(1)
ユニクロ:スーピマコットンフライスクルーネックT(XL)
ユニクロ:EZYアンクルパンツウルトラストレッチ(S)
Amb:レザーグラディエーターサンダル(38)
ネオンサイン :バケットバッグ
CASIO:MQ-38
amp japan:オーバーラップフラットリング(17号)
assaisoner.:グラスコード
JINS:ワイドシートメタル

この着こなしで気をつけたポイントを書いていきます。

肌着見せは”色の統一感”がカギ

まず肌着を見せる着こなしは場合によって”アリ”といえます。

ここで重要なのは”色の統一感”。つまり肌着だけが悪目立ちしないように工夫すれば、着こなしの一部として馴染ませることができるんです。

今回の場合、シャツのボタンが白く、サンダルも同じく白いソールが使われています。

こんなふうに白が何ヶ所かに散らばっている場合は、むしろ肌着を見せたほうがバランスよくまとまることがあるんですね。

「それでも肌着見せはおかしくないか?」と思う方もいるはず。

けれど肌着があると素肌の見える面積が減るので、そのおかげでダラしなさを減らしてくれる場合もあります。

たとえば首まわりの襟が横に広がったボートネックTシャツ。

左は肌着がほぼ見えない状態ですが、右と比べると肌の露出が多く、ダラしない印象を感じるかと思います。

手首・足首などもそうですが、肌の見える面積が多すぎると清潔感が失われる可能性があるんですね。

このときも白い肌着を使ってるわけですが、Tシャツのボーダー柄と同じ白を使うことで色の統一感を出し、肌着だけが目立たないようにしています。

ということで肌着が見えてもOKなパターンがある。

また今回はシャツの襟を折りたたみ、肌着との重ね着スタイルとして成立するような形にしました。

シャツ襟を畳んだことでスタンドカラーシャツが違う形に変化しました。

とはいえ肌着の見える面積はなるべく減らしたほうがいいので、なるべく襟が広がってる白Tシャツを合わせています。

特に白は面積が多いと悪目立ちしやすいので、肌着を使って色の統一感を出すときは見え方に注意したほうがいいでしょう。

メガネホルダーで顔まわりを埋める

画像だと見にくいですが今回はメガネホルダーを使っています。

こうすることで肌着だけが目立たないようにしつつ、顔まわりの小物を増やして地味に見えないようにしました。

画像で比べるとほとんど差を感じないかとしれませんが、首まわりは目立つポイントなので実際は有り無しで結構印象が変わってきます。

眼鏡ホルダーのチェーンがゴールドなので、それと合うようなバッグ・靴を選んでいます。

これも小さなことですが、白と同じく色の統一感を意識するとバランスが整った着こなしに見せやすい。

眼鏡ホルダーをオシャレ着として使う人はあまりいないですが、こういった機能的なアイテムで服装をアレンジするのは合理的な話ではないでしょうか?

気温によっては帽子もアリ

また、今回の着こなしにニット帽を足すというのも効果的。

シャツ・肌着・サンダルに白が入っているので、白タグがついたニット帽ならこれも色の統一感を出すことに繋がります。

ニット帽はウール混合だと秋冬の印象が出て暑苦しく見えるので、綿素材のオールシーズン使えるタイプのほうがベターです。

ちなみにこの場合でも眼鏡ホルダーは有効です。

暑い日はかぶらないほうがいいとは思いますが、元の組合せがかなりシンプルなのでより変化をつけたいという方は両方のパターンを試してみてもいいでしょう。

ところでチラ見せする肌着はエアリズムなどの化学繊維系より、綿素材を選ぶほうがベターです。

特にこういったエアリズム系インナーはテカテカとしていて”肌着っぽさ”が強いので、部分的にも見せないほうがいい。

最近は1枚で着れるタイプも売っていますが、こちらの薄いインナータイプをチラ見せするのは避けたほうがいいでしょう。

エアリズムなどの化学繊維系を避ければ、肌着は着こなしの一部として使うことができる。ぜひ今回の考え方を頭の片隅に入れてみてください。

 

【随時更新】スタイルの悪い低身長男子でもオシャレになれるファッションポイント一覧オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか? 雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド...