ファッション

MINIMALSの手ぶらエコバッグはMサイズ+ウエストポーチが便利【ミニマリストの持ち物】

小柄の小松です。今回はミニマリストしぶさん監修の手ぶらエコバッグについて。

ジーンズのポケットにも入る身軽なバッグ。サイズはSとMがありますが、どちらにしようか迷っている方も多いはず。

実際に使ってみた感想と、僕がMサイズをオススメする理由を書きます。

丈夫で畳めるエコバッグ

こちらがMINIMALSの手ぶらエコバッグMサイズ。荷物を入れてなくても立てることができます。

素材は普通の紙ではなくタイベックという素材。

紙のような質感と厚さですが強度が高く、いまのところ荷物を入れても穴が開くようなことはありません。

丈夫なのは間違いないですが、削れてしまうこともあります。

どこで傷つけたのか自分でもわからないですが、穴が開くとこまではいってないので、そのまま使えてます。

最大の特徴はこのマグネット。小さく折り畳むことが可能です。

マグネットは厚みがないので中の荷物に引っかかることもありません。

持ち手部分は少し狭め。シワは寄りますが破れるというわけではないです。

身長162cmの小松が持つとこのようなサイズに。

Mサイズとはいえ大きすぎることはなく、むしろファッション的にはちょうどいいサイズだと感じます。

買い物用ならMサイズ

エコバッグはSとMの2サイズありますが、僕はMサイズをオススメします。理由は単純に、買い物バッグとして使いやすい大きさだから。

Mサイズは開いた状態だと36cm×36cm。13インチのノートPCくらいの幅があり容量は大きめです。

畳むと9cm×9cm。iPhoneXと同じくらい小さくできるので、ちょっとした買い物をするときに活躍してくれます。

入れる目安としてはペットボトル2,3本+食パン一袋くらい。容量的にはもっと入りますが、持ち手にダメージがいくのが心配なので。

ウエストポーチに入れると最適

そしてこのエコバッグ、個人的にはウエストポーチなどの小さいバッグに忍ばせておくのがオススメです。

ウエストポーチの身軽さを活かして普段は手ぶら。必要なタイミングがきたらエコバッグを取り出すという使い方です。

リュックやトートバッグほどは入りませんが、ウエストポーチに入りきらない半端な荷物量のときに大活躍してくれます。

買い物の頻度や荷物量は人それぞれ。最小限の単位は生活スタイルによって違ってくるはずなので、自分に合ったサイズで”手ぶらで生きる”を楽しんでみてください。

 

MINIMALS/手ぶらエコバッグ

使っているウエストポーチ(ボディバッグ)についてはこちらをご覧ください。

持ち物を最小限に。メンズミニマリストならKAIKOのボディバッグモノや情報に溢れているこの時代、最小限の荷物で生きるミニマリストに憧れるという方は多いのではないでしょうか? この記事ではそんな方...