ファッション

ナノユニバースのワイドスキッパーシャツなら顔が大きく見えない理由

小柄の小松です。今回は顔が大きくてもラクに着れるシャツについて。

シャツは襟の形によって大人っぽさや見え方が変わってくるアイテムですが、襟の高いシャツは顔が大きいと似合わないと感じることが結構多め。

けれど今回のシャツは顔が大きくても問題なく着れてとても便利。

これならシャツへの苦手意識を克服できるかと思います。

ナノユニバースのワイドスキッパーシャツなら顔が大きく見えない理由

こちらが今回紹介するナノユニバースの大人のワイドシャツ バンドカラー

カラー展開はブラックのみ。身長162cmの小松はSサイズを購入しました。

いつもはZOZOTOWNのリンクを貼ってますが、このシャツに限っては公式サイトやナノユニバースの店舗で買ったほうがベター。その理由も書きます。

首元が詰まらないスキッパーシャツ

このシャツは商品名にバンドカラーと書かれてますが、より分かりやすくいうと襟がスキッパー型になってるシャツ。

この形になってると首まわりにゆとりができて、顔が大きく見えるのを防いでくれるのです。

スキッパーシャツはこんなふうに首元がV字に開いた形のこと。

レディースの服に多い形ですが、レディースほど胸元が開いているわけではなく、男性が着れる幅に抑えた絶妙な角度。

似たような形に”スタンドカラーシャツ”というのがあります。

スタンドカラーで顔を大きく見せないためには、襟に折り目をつけてあげるのがポイント。

とはいえ毎回自分で襟を折るのはメンドクサイですし、コートのインナーとして使ったときは襟を折ると不格好な形になったりもします。

けれどスキッパーシャツは最初から襟が開いたデザイン。

毎回襟を折る必要がないですし、コートのインナーとして使ってもそのままスッキリした形におさまってくれるんですね。

実はこういったシンプルな男性用スキッパーシャツを扱ってるブランドはかなり少なめ。

以前はユナイテッドトウキョウなども作ってましたが、2020年だとナノユニバースが春夏からいろんなバリエーションで展開しています。

もちろんスタイルのいい男性なら普通のスタンドカラーシャツでも問題ありません。

けれど顔が大きい男性にとって、シャツの首まわりはかなり重要なポイント。

スタイルの悪さを気にせず気軽に羽織れるスキッパーシャツ。

それだけでもこのシャツはかなりレアな服だといっていいでしょう。

キメすぎにならない白のステッチ

そしてこのシャツのおもしろいところは黒シャツなのにキメすぎな印象がない点。

縫い糸が白で統一されてることで、黒シャツに柔らかい印象をプラスしてくれているんですね。

白ステッチは表裏どちらから見ても目立つようになってます。

黒シャツはどうしても”夜のお仕事”のような雰囲気が出やすいアイテム。

けれど白という真逆の色が散りばめてあるだけで普段着として使いやすいデザインになっているんですね。

中央はボタンを閉じると左側だけが見えて、ボタンを開けると両サイドから白いステッチが見えます。

胸ポケットが付いてなくて左右対処なデザインに見えるので、羽織りとして着てもバランスが取りやすい形です。

ちなみに素材はスーピマコットンという繊維の細長い糸が使われてるようです。

スーピマ綿は高級素材として知られていて、ユニクロのTシャツでも見かけますが、このシャツの場合はむしろ適度なシワが活きています。

光沢はあるけどシワが出る素材にすることで、これも黒シャツの雰囲気を和らげてくれているんですね。

普通のシャツだとシワはダラしなく見えることも多いですが、これは黒シャツだからこそ成立するバランス。

シワがあるシャツに抵抗がある方もいると思いますが、このクタッとした雰囲気は着てると結構クセになります。

白いステッチ×適度なシワで普段着で着れるようにした黒シャツ

これもなかなかない仕様ではないかと思います。

着丈が短いのにオーバーサイズ

ところでこのシャツ、実は最近定着したオーバーサイズを意識した形になっています。

これは単に着丈が長いということではありません。

肩幅を落としたり身幅を広くしたりして、適度にゆるい印象が出るシルエットに工夫されているんです。

肩幅をかなり落としたドロップショルダーですが、袖丈自体は短めに抑えてあります。

僕の場合は腕が短いので親指が半分隠れるくらいの長さですが、人によっては9部丈くらいにおさまる方もいると思います。

実際羽織ってみると身幅は結構広めです。

けれど黒は他の色より細く見える収縮色なので、実際は適度なオーバーサイズといったところ。

着丈は一般的なシャツよりむしろ短め。

裾とボタンの感覚が狭くなっていることもあり、着丈だけ見るとかなりコンパクトな印象が出るつくりになっています。

ちなみに洗濯前後の伸び縮みも比較しました。

けれど身幅がほんの少し縮んだ程度。なので買った当初と同じ感覚で着ることができてます。

最近の洋服はこういった着丈以外でオーバーサイズを表現してるものが多め。

まさにトレンドに合わせた適度なオーバーサイズシャツといっていいでしょう。

ZOZOで買ってはいけない理由

デザインもシルエットも絶妙な服ですが、実は1点だけ惜しい点があります。

このシャツに使われてるプラスチックボタンは高級そうな雰囲気があるんですが、ボタンの縫製がかなり甘い。

そのため数回開け閉めしただけでボタンが取れてしまったのです。

「雑に着てたんじゃないの?」と思われそうですが、数回の着用でシャツボタンが取れたのは初めてです。

縫製を見るとわかりますが、素人目で見てもかなり緩く付けられてることがわかりました。

試しに一度自分でボタンを縫い付けてみましたが、素人がやったほうが取れにくくなるようなレベル。

外出する前に気付けたのでラッキーでしたが、予備のボタンは1つしかないので、出先でボタンが取れたらかなりショックだったと思います。

店員さんに相談したところ、この黒シャツシリーズだけボタンが取れやすくなってるらしいです。おそらく工場の問題。

事情を説明したら無料で修理してくれました。工場には送らず提携してる近くのお直し屋さんで直してくれたようで、頼んでから2日程度で受け取れました。

偶然ナノユニバースの店舗で買ったので対応してもらえましたが、もしZOZOなど他社サイトで買ってたら対応してもらえいないor時間が掛かったと思います。

公式or店舗で買うのがオススメと書いたのはこういった理由です。

・首元が詰まらないスキッパーシャツ
・キメすぎにならない白のステッチ
・着丈が短いオーバーサイズ
・購入は公式サイトor店舗がいい

ボタンだけかなり勿体ないですが、シャツ自体はかなりクオリティの高い1着。

店員さんに話せば問題なく対処してくれると思います。ナノユニバース 大人のワイドシャツ バンドカラー

 

【随時更新】スタイルの悪い低身長男子でもオシャレになれるファッションポイント一覧オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか? 雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド...