ファッション

2020年秋冬ユニクロUのワイドフィットテーパードパンツの3つの特徴

小柄の小松です。今回はユニクロUのテーパードスラックスについて。

すっかり定番化したユニクロUのスラックス型パンツですが、実はそのときのトレンドに合わせて微妙に仕様を変えています。

特に2020年秋冬モデルは、カッコよさと使いやすさを両立させたクオリティの高さ。

2019年秋冬モデルと比較しながら特徴を確認していきます。

2020年秋冬ユニクロUのワイドフィットテーパードパンツの3つの特徴

こちらが今回紹介するユニクロUのワイドフィットテーパードパンツ

身長162cmの小松はダークグレーのXSサイズを購入しました。

もともと裾の形はシングルでしたが、着こなしを考えて裾は”ダブル”にしています。

サイズ調整が簡単なゴムウエスト

まずは腰回りのカタチから。

ウエスト全体がゴム仕様になっていてよく伸びるんですが、体型に合わせてしっかりホールドしてる。

そのため細身〜少しがっしり体型の方まで幅広く使えるサイズ感になっています。

2019年モデルで1番小さい70サイズと比較しました。

今回かなり絞ってあるように見えますが、実際に穿いてみると全体としては今年のほうがゆったりしたサイズに感じます。

腰から太ももまわりが広くなってるので、ゴムウエストと合わさってラクな着心地に。

腰位置調整もしやすくなったことで、靴に合わせた裾丈調整も自由度が上がったといえるでしょう。

ちなみに裏にはドローコードといわれる紐が付いています。これは今年の春夏モデルも同じ仕様。

コード自体は太めで、先端にシルバーの金属チップが付いたことで高級な印象が出てます。

ゴムウエストだけで腰位置は十分固定できるんですが、痩せ型の男性はドローコードと合わせればさらにフィット感を強くできるでしょう。

コードは長めなので、外に出してチラ見せすることも可能です。

スラックス型のパンツですが、ドローコードを見せればジョガーパンツのような雰囲気を足せる。

なのでこれを着こなしのアクセントとして活かすこともできるかと思います。

ポケットは一般的なスラックスと同じように前脇と後ろに2つずつ付いています。

2019年モデルと比べると前ポケットは少しだけ間口が広め。右奥が今年のモデルです。

フチの縫い目も太めに変更されているので、腰回りだけ見てもかなり細かくアップデートをしてることがわかります。

スーツ用のスラックスは縫い目などが目立たないようにする傾向がありますが、ユニクロUのこのシリーズはワーク(作業着)の要素などを取り入れて普段着っぽくするのが定番。

今回はゴムウエスト・ドローコードもあるので、より普段着の印象を強くしたデザインになったといえるでしょう。

裾上げが最小限ですむアンクル丈

去年と比べてもう1つ大きいのは、裾丈がかなり短くなったこと。

去年はサイズに関係なく股下85cm。今年はサイズ毎に変わっていてXSサイズだと67cm。

つまり裾上げしなくてもアンクル丈で穿ける男性が増えるサイズに変更されたということになります。

左が今年。右が去年のモデルです。

僕は短足なので去年も今年も裾上げしましたが、去年はさらに”裾幅詰め”もしていました。

20cm近く丈詰めするとどうしても裾幅が緩くなったので、先端を細く見せるために止むを得ず裾幅を詰める必要があったからです。

ただスラックスの裾幅詰めというのはとても難しい。

先端だけ細くできたとしても、ところどころにシワが寄ったりして本来のシルエットを崩すことになるからです。

けれど今年のモデルは裾丈詰めのみ。

もともと全体的にゆとりのあるつくりですが、股下短めで裾に向かって細くなってるので、少し短くしても大きくシルエットが変わることはありません。

裾を”ダブル”にするため10cmほど短くしてますが、それでもなんとか細さをキープできました。

普通に5cm程度短くするなら、もっと細い印象を保つことができるでしょう。

洗濯してすぐ乾く素材にアップデート

去年も今年もダークグレーを買ったのですが、実は素材も少し変わりました。

前回と同じポリエステルで色味はほぼ同じですが、まず洗濯したときに乾きやすい素材に変更されているんですね。

去年のモデルは部屋干しすると乾くまで1日は必要でしたが、今年は半日程度あればほぼ乾くレベル。

もともと家庭用洗濯機で洗えるという時点で便利でしたが、イージーケアな要素はかなり進化したといえます。

また生地のストレッチ性も上がっているので、かなり動きやすくなりました。

去年のモデルはストレッチ性がそこまで高くなく、階段の上り下りをしたときなどに少しストレスを感じることもありました。

今年はそういった不安は全く感じません。

実は穿いてみるとほんの少しだけ生地が薄くなっているんですが、見た目の印象はほとんど変わりません。左が今年のモデル。

公式サイトでいろんな商品のレビューを見ていると「ユニクロは年々生地が薄くなって劣化してきてる」なんて書く方もいます。

僕も最初は素材変更に違和感がありましたが、実際に穿いてみると動きやすさが格段に上がっていたので、むしろアップデートしてくれて良かったとさえ感じました。

もしどうしても気になる方はダークグレーだけ買ってみるのもいいと思います。意外かもしれませんが、このパンツは黒・ネイビーよりグレーのほうが素材の風合いが目立たないので。

・サイズ調整が簡単なゴムウエスト
・裾上げが最小限ですむアンクル丈
・洗濯してもすぐ乾く素材

同じに見えて同じじゃない。毎回アップデートを繰り返すユニクロのこだわりを感じさせれてくれる1本。

ぜひ購入を検討してみてください。ユニクロU ワイドフィットテーパードパンツ

 

【随時更新】スタイルの悪い低身長男子でもオシャレになれるファッションポイント一覧オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか? 雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド...