低身長

チビにこそ必要なユニクロのウルトラストレッチスキニーフィットジーンズ【低身長男子ファッション】

小柄の小松です。今回はオシャレになりたい方が1本目に買ってほしいジーンズについて。

自分の体型にコンプレックスがある方は、細身のパンツ=身長の高い細身のイケメンの特権だと思っていませんか?

ユニクロのジーンズなら体型に多少自信がなくても、オシャレな着こなしに1歩近づけることができます。

がっしり体型でも履きやすいスキニー

紹介するユニクロのウルトラストレッチスキニーフィットジーンズ。通称”黒スキニー”と呼ばれているパンツです。

このパンツのメリットは細身でありながら足の形を拾いすぎないこと。

穿きはじめは足にピッタリとフィットしますが、1,2日経つと少しゆとりが出てきて、パツパツさがなくなってきます。

僕は身長162cmで脚が少し太いんですが、サイズ28を選ぶとフィット感がありながらゆとりのある状態になります。

パツパツさはないのに生地自体は薄手でストレッチ性がある。細さと穿きやすさを両立してくれる素材です。

スキニーパンツは身長の高さや脚が細くないと穿けないというイメージを持つ方もいると思いますが、むしろ低身長男子だからこそスキニーパンツはオススメ。

下半身を細くまとめることで、どんな服を合わせてもまとまりのある服装にすることができます。

いまさらスキニーなんてと思う方もいるかもしれません。

ですがオシャレになる方法がわからない、身長のコンプレックスに負けたくないという方ほど、ユニクロのスキニーは最適なパンツなんです。

洗濯するとサイズがもとに戻る

ストレッチ性の高いこのパンツですが、長く穿いていると全体のサイズが段々緩くなってきます。

ですが洗濯することで元の状態に近づくので、緩くなってきたら洗濯という流れがいいでしょう。

とはいえずっと穿いていると特にウエストが戻りにくくなってきます。そのときはお直し屋さんでサイズを絞るという方法もあります。

裾の長さは1クッションが最適

低身長男子は裾のお直しが必要になってきますが、目安は1クッション出る長さです。

こうすることでスニーカーや革靴など、様々な靴と合わせやすい長さになるからです。

クッションなしのほうが脚が長く見えるんじゃないのと思うかもしれません。

ただ、より脚を長く見せるためには裾をまくる”ロールアップ”という方法が効果的。そのために裾を少し余らせておく必要があります。

ロールアップについてはまた別の記事で書く予定です。

スキニーパンツは黒スニーカーと合わせて低身長男子の土台になる心強いアイテム。コンプレックスを吹き飛ばす力がこのパンツにはあります。

 

ユニクロ/ウルトラストレッチスキニーフィットジーンズ

すでに持っていて、ウエストが緩くなってきた方はこちらの記事を参考にしてみてください。

デニムのウエストお直し。ユニクロのウルトラストレッチスキニージーンズをベルト不要で穿けるようにしてみた。ファッションですっかり定番となった細身のパンツ、スキニーデニム。そのシルエットの良さを最も手軽に体験できるのがユニクロのウルトラストレッ...