ファッション

2020年秋冬ユニクロ×JWアンダーソンのモッズコートをレビュー

小柄の小松です。今回は雨の日に使えるモッズコートについて。

2020年秋冬のユニクロ×JWアンダーソンコラボは比較的落ち着いたデザインの服が多いですが、そのなかにはクセの強いアウターも隠れています。

それが今回紹介するモッズコート。

不思議なバランスのコートですが、作りがとても細かくておもしろいので特徴をレビューしたいと思います。

2020年秋冬ユニクロ×JWアンダーソンのモッズコートをレビュー

こちらが今回紹介するユニクロ×JWAのモッズコート

身長162cmの小松はネイビーのXSサイズを購入しました。

アンダーソンコラボらしさのある独特のデザイン

繰り返しになりますが、今期のアンダーソンコラボは比較的落ち着いたデザインが多め。

もちろん細かく見ていくとどの服もかなり工夫が詰まってるんですが、1番わかりやすくヒネリが効いてるのがこのモッズコート。

ボディは少し明るめのネイビーですが、肩から袖先にかけてブラックに切り替わっています。

切替と聞くと派手なデザインを思い浮かべるかもしれませんが、このコートはダークトーンの色を使っているのでそこまで派手な印象はなし。

普通の無地コートと比べて着こなしのハードルが高いのは事実ですが、これだけでも絶妙なデザインだといえます。

このコートはよくあるモッズコートと同じようにフード付き。

スウェットパーカーと重ねて着るというアプローチも可能ですが、フード自体はそこまで大きくないです。

それゆえユニクロUのような極端にボリュームがあるパーカーだと形が合わず、バランスが崩れる可能性があります。

なので同じユニクロなら、通常ラインやUTのパーカーと合わせるのがベターですね。

フード部分には調節用の紐(ドローコード)も付いています。

フード自体がコンパクトなので、これはコートのアクセントととしての意味合いが強いですね。

ボタンは茶色のベッコウで、JWアンダーソンのマークが入り。

プラスチック性ですが、立体的でかなり凝っているので高級な印象があります。

モッズコートはボタンが目立たない仕様のものが多いですが、あえて目立つようにしてラフな印象を強くしているのでしょう。

腰より少し上にもドローコードが付いています。

このコートは身幅が少し広めですが、パンツの細さに合わせてサイズ調整が可能。

装飾とシルエット調節という2つのメリットがあるのでこれは結構便利です。

モッズコートらしさを感じさせる”フィッシュテール”もきちんと再現されています。

スリットがあることで裾裏が割れた形になり、ドローコードで幅が調整可能。

ボタンを閉じて着るとドローコードが交差して立体的な雰囲気を出せます。

あとで触れますが、このフィッシュテールがあることで着丈の短さがあまり目立たないようになっているのも面白い。

モッズコートらしさのなかにJWアンダーソンらしいアレンジが詰まったデザインといえるでしょう。

春でも着れる雨の日用アウター

このアウターは秋冬コレクションの服ですが、春に使っても問題ない素材になっています。

使われてる素材は綿とポリエステル。

実際に着てみるとかなり軽く、秋冬はインナーで防寒、春はトップス1枚にそのまま羽織ればいいくらいの厚さです。

裏はキルティング仕様になっていますが、ほどよい厚みがありながら適度に軽さがある。

凝ったデザインなのでウールコートと比べるとラフな印象が強くなりますが、夏以外なら雨の日に着れます。

ちなみに左裏には大きめのポケットが付いてます。スマホやモバイルバッテリーなどが問題なく収納できるサイズです。

ユニクロの雨の日用アウターというとブロックテックパーカーが便利ですが、着丈が短いのでトップスを覆いきれないことも多く、生地が薄くて秋冬だと寒いというデメリットもある。

なのでインナー次第で気温に合わせれば、ブロックテックパーカーよりも便利なアウターとして活躍してくれます。

デザイン性が高くて雨風も防げるフード付きアウター。コートとしては値段が安いので心配でしたが、普段着としても活躍できるクオリティの高い1着といえるでしょう。

サイズ選びは”袖丈”がポイント

サイズ選びのポイントですが、必要以上にオーバーサイズにしたりせず、袖丈が合うサイズを選ぶのがベターかと思います。

袖先にはリブが付いていますが、このリブは緩くて袖先を固定できるようなシャープさはありません。単純にデザインの1つとして付いているという印象です。

最近の洋服は袖丈を少し短くしたものが多め。これはコートやパンツのオーバーサイズな印象を減らすためでもあります。

なのでトレンドを考えると、袖丈は少なくとも親指の付け根が隠れる程度に抑えておくのがいいでしょう。

膝上丈なので流行りのコートと比べるとかなり短い。これに抵抗を感じる方も思いかもしれません。

ただ裾のフィッシュテールが伸びてることで、そこまで着丈の短さが目立たないようになってます。

ボタンを閉じて着ればそれぞれのドローコードがアクセントになってくれるので、地味な印象を抑えることにも繋がる。

着丈が短いと工夫が必要ですが、オーバーサイズの服に飽きたという方は、このコートで別の着こなしを楽しむというのもアリではないかと思います。

・アンダーソンコラボらしい袖の切替
・春でも着れる雨の日用アウター
・サイズ選びは”袖丈”がポイント

切替デザインをどう処理するかが分かれ道ですが、アンダーソンコラボらしさが強く感じられる1着。

ハードルが高いと思いますが、新しい着こなしをしてみたいという方は是非購入を検討してみてください。ユニクロ×JWA モッズコート

 

【随時更新】スタイルの悪い低身長男子でもオシャレになれるファッションポイント一覧オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか? 雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド...