ファッション

リュックの素材はナイロン・レザー・ポリエステルどれがトレンド?

小柄の小松です。今回は洋服のトレンドを踏まえたリュックの選び方について。

最近はジャケット・ブーツカットなどが洋服のトレンドとして上がってきていますが、バッグの選びはそれと連動させると着こなしを考えるときにとても便利。

そこで今回はリュックについてですが、リュックは特に”素材”がポイントになってきます。

今回の考え方を知っていると、たくさんあるブランドの中から使いやすいリュックを見つけやすくなるかと思います。

リュックの素材はナイロン・レザー・ポリエステルどれがトレンド?

ということでトレンドを踏まえたリュック選びについて深掘りします。

結論からいうと、トレンドを踏まえたらナイロン素材がベターです。

こう書くと「いや、どう考えてもレザーでしょ?」と感じた人も多いと思います。

僕自身も最初そう思ってたんですが、洋服全体のトレンドを考えるとナイロンリュックが1番使いやすいということが見えてきました。

ポリエステルより高級感がある

ナイロンが良い理由について深掘りしていきますが、まず1番安くて手に入りやすいポリエステルと比較していきます。

今回比較するのは無印良品、KAIKO、FADEN TOKYOのリュック。

形が違うものもありますが、あくまで素材についてだけ比べていきます。

まず1番馴染み深い無印良品のリュックから。

洋服好きだと知ってる方が多いと思います。業界でも愛用してる人が多いと言われるリュック 。数千円で買えるので初心者も手が出しやすいリュックです。

使われてる素材はポリエステル。安っぽいわけではないですが、光沢・ツヤなどは強くありません。

リュックは基本的にスーツスタイルで使うバッグと真逆の子どもっぽいアイテムです。

特に無印リュックは素材に光沢がないので、着こなしをラフに調整する要因になってくれます。

続いてFADEN TOKYOのリュックです。

2019年頃に立ち上がったバッグ専門メーカー。かなり収納力が高いので、荷物が多いときに重宝してるリュックです。

このリュックの素材はナイロン。

ポリエステルと比べると生地にハリがあって少しだけ光沢があります。なのでデザインだけ見ると無印より少しスーツの大人っぽさがあることになります。

ただナイロンといっても風合いはいろいろ。もっとツルッとしたナイロンだとさらに高級な印象が強くなり、より大人っぽいリュックに見えてくれます。

これについてはポリエステルでも同じことが言えますが、よりわかりやすいのがナイロンです。

最後はKAIKOのリュック。

実はこれが今回のなかで1番大人っぽく見えるリュックです。

形は無印に近いですが素材はナイロン。

FADEN TOKYOのナイロンと比べると、生地のツヤが全然違うのがわかると思います。

こういった誰が見ても高級感のあるナイロンだと、リュックの子どもっぽさがかなり減る。

つまり普通のリュックより大人っぽいバッグとして使うことができるんですね。

これはオマケですが、実はこのKAIKOリュックは底面・上の持ち手がレザーに切り替わってます。

正確にいうと本革じゃなく合皮なんですが、このレザーの切替があることでリュックに高級感をプラスしている。

KAIKO以外にこういった素材のリュックがあるかは不明ですが、普通のポリエステルよりはツルッとしてナイロン素材のほうが大人っぽく見えてくれるんですね。

スタイルを良く見せやすい

ツルッとしたナイロンは大人っぽくて高級感が出ると書きましたが、もう1つのメリットはスタイルを良く見せやすいこと。

KAIKOのようなナイロンリュックは風合いが目立つ素材なので、背負うと目線が上半身に誘導されやすい。

基本的に洋服の着こなしは顔まわりに視線が集まったほうがスタイルをよく見せやすい傾向があります。

なのでナイロンリュックで目線を上に誘導するだけで、身長を高く見せる効果があるんですね。

それとマニアックな話ですが、手持ちしたときにはオーバーサイズの服に負けない存在感を出すことができます。

ここで使ってるトレンチコートは大きめでボタンなども多く主張が強いですが、ハリのあるナイロンリュックならその主張に負けない。

こういった服装でもナイロンリュックは効果的。

風合いが独特なジャケットとスラックス。発色の強いインナー。さらに白ソックスやレザースニーカーなど。どれも素材や色の主張が強いアイテムですよね?

これだけ個性の強いアイテムに無印リュックを合わせると浮いてしまいやすいんですが、ナイロンという目立つ素材であれば違和感なく溶け込んでくれます。

背負うと視線誘導でスタイルを良く見せ、手持ちすれば主張の強い服にも合わせやすい。

高級な印象のあるナイロンリュックは、実は着こなしバランスを取るときも便利なことが多いんですね。

なぜレザーではなくナイロンなのか?

https://zozo.jp/sp/shop/aniary/goods/36047802/?did=61794934

高級感と視線誘導について書きましたが「それならレザーのほうがいいのでは?」と感じる人も多いはず。

たしかにレザーはわかりやすく高級な印象を出しやすいですし、目立つ素材だから上半身への視線誘導もしやすい。革靴と同じ要素があるからナイロンよりも大人っぽさが強くなります。

けれどレザーリュックを選ぶと困ったことが起きてしまいます。

レザーのアウターに合わせるとバランスが悪く見えやすいということです。

https://everyday-life365.com/riders

わかりやすいのがライダースです。

ライダースは基本的にレザーが使われていますが、レザーの面積が多いのでかなり単体だとキメすぎな印象が出ます。

そこにレザーリュックを合わせると上半身にレザーが増えてしまい、さらにキメすぎな印象が強くなってしまうんですね。外人さんなら成立するかもしれませんが。

「レザー×レザーなら統一感が出やすい」と書いてる記事もありますが、試しにやってみてください。少なくとも黒同士で合わせるとかなり難しいはずです。

https://wear.jp/sp/category/jacket-outerwear/riders-jacket/?tag_ids=422&user_type=2

リュックを手持ちすればレザーの距離が離れるのでバランスは取りやすくなりますが、それはあくまで手持ちしたときの話。

デザインが違うとはいえ、手持ちするだけなら最初からレザーのトートバッグを持っていれば済みますよね?

ジャケット・スラックスを使ったスタイルから派生して、今後はライダース・レザースキニーなどがトレンドに上がってくるといわれています。

ライダースを着たことがある人はわかると思いますが、顔まわりにレザーが多いとその主張に顔が負けてしまいます。そこにレザーリュックを合わさったら着こなしのハードルはさらに高くなってしまう。

https://www.fashion-press.net/collections/gallery/62142/1076430

けれどナイロンリュックならレザージャケットと合わせても違和感が出にくい。

服の素材が適度に切り変わっていればレザーの主張は柔らかくなります。リュックはそもそもラフなアイテムなので、ほどよい大人っぽさが出るナイロンが最適といえるんですね。

もちろんライダースを絶対着ないという人は問題ないですが、いざ街中でライダースが増えると「自分も着てみたい」ってなると思います。数年前の僕がそうでした。

なので新しいリュックを買おうと考えてる方は、高額なレザーリュックではなくナイロン素材のものを買うのがいいでしょう。値段も比較的安くなるので一石二鳥です。

ということで今回のポイントは…

・結論:ナイロン素材が使いやすい
・ポイントは高級感と視線誘導
・レザーアウターに合わせやすい

ぜひこの考え方を頭の片隅に入れてみてください。

 

【随時更新】スタイルの悪い低身長男子でもオシャレになれるファッションポイント一覧オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか? 雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド...